咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

ノルウェー映画「ラストキング」(2016)・・・

2017-08-10 22:03:50 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 先日、FOXmovieで放送されたノルウェー映画「ラストキング~王家の血を守りし勇者たち~」、意外にも面白く最後まで見てしまった。
 テレビ初放送だったとか。
 13世紀、いまから800年以上も前にあった史実を壮大なスケールで映画化された作品とか。
 
 国王となるべき2歳の王子を反体制派から、守り抜いた2人の戦士の物語。
 雪原の壮絶な追跡。
 雪原から雪山へ、雪山から雪原へ。
 広大な雪原と遥かなる山並み。
 
 見るものを圧倒するスキーのシーン。
 スキーを操り、弓矢を放つ戦士。
 スキーと剣を扱うアクションの数々。

 反体制派によって国王が暗殺。
 国王は死の間際、城外で密かに幼き王子が育てられていると臣下に告げた。
 その王子を次期国王にすること。
 成長するまで守り通すよう厳命を下すが、反体制派がその王子を抹殺すべく動き出す。

 国王がもっとも信頼する臣下、その臣下の弟が反体制派の首謀者だった。
 その弟が臣下の兄を捉えて投獄した。

 一方、国王の命を受けて城外で王子を密かに守っていた戦士・ビルケバイネルの「シェルヴァルド」と「トシュテン」。
 裏切者の戦士と反体制派が、王子抹殺のため次々と襲って来る。

 追うものと追われるもの。
 雪山から大雪原へ。
 王子を守っていた戦士や民兵も次々と倒れ、2人の戦士が王子を連れて雪原を逃亡。
 ソリには若い戦士と妃が乗り込み、王子とは別の道を逃げていた。

 反体制派も討ち取られながら、執拗に王子を追跡。
 最後まで王子を守り通した2人の戦士。
 1人は、追手の大将と相打ちとなって果てるが、妻と幼子の仇を討つことができた。 
 追手のすべてを撃退した後、生き残った3人と王子は城へ向かった。

 その後、幼い王子は13歳で王位につき、以後46年間もノルウェー王として歴史に名を残したとのこと。
 出演陣は全く名前も顔も分からないが、最後まで楽しむことができる作品だった。
 何といっても、スキーを駆って滑走する2人の戦士。
 見ごたえタップリ。
 
 スキーヤーにとっては、必見の作品と思われる。
 ナイス。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時代劇「伝七捕物帳2」・・・ | トップ | 今週の追っかけ馬(8月12... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (チップママ)
2017-08-10 07:09:30
初めまして♪

我が家も来年主人が引退です。
これからの人生どう過ごすか興味が有り訪問いたしました。

✩✩
ありがとうございます (咲とその夫)
2017-08-10 10:48:46
 ご訪問ありがとうございます。
 2人とも定年退職後、8年が経過し9年目に入りました。
 第二の人生、張り切っていましたが、最近では年金生活の悲哀を感じる日々ですね。(笑)

 今は、家内共々”グラウンド・ゴルフ”が一番です。
 適度な運動とストレス解消、健康度アップに貢献するものと思って頑張っています。

 ブログは娘に勧められ、こちらも8年が経過しています。
 週末は競馬の話ばかりですけど、宜しくお願いします。
Unknown (satochin)
2017-08-10 17:01:57
こんばんは!
ダブポチ行脚中です。

チップママさん・・・
飛んできましたね(^○^)
いろいろ輪が広がりますね。
そうでしたか・・・ (咲とその夫)
2017-08-10 18:26:44
 そうでしたか。
 ”satochin”さん経由でしたか。
 なるほど・・・。
 そういうこともありなのですね。
 
 明日は「山の日」、登山はここ何年もやっていません。
 登山ウェアは、G・ゴルフで活用しています。(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レビュー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。