咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

わが国でも安心できない・・・テロ

2017-02-22 21:06:30 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 金正男(キムジョンナム)氏が暗殺されて1週間が経過。
 同氏は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄。
 クアラルンプール国際空港内(マレーシア)における犯行の様子を映した防犯映像などがニュース報道で流されていた。
 犯人の女2人は既に逮捕されており、さらに1人の北朝鮮国籍の男が逮捕されているとか。
 また、事件に関与したとのことで、4人の北朝鮮国籍の男が国際指名手配になっているとのこと。
 この1週間、あらゆるメディアが様々な情勢を報道している。
 金正男(キムジョンナム)氏の死亡原因となるものが特定できていないらしい。
 一体どのような毒物が使用されたものか、化学者などの専門家諸氏の憶測もいろいろと流されている。

 死亡に至った原因物質を特定する検査結果は、本日あたりに判明するとか・・・。
 かなり難しい分析のようである。

 ところで、北朝鮮側ではカン・チョル駐マレーシア大使を通して、早々に遺体引き渡しを求めかなりの剣幕で抗議しているようである。
 マレーシア警察をはじめ、国家としてはテロ行為とでもいえるこの事件を解決する必要性を北朝鮮側に言っているらしい。
 事件の真相を究明するとのこと。
 これは至極当然のことである。
 また、遺体については、DNA鑑定を行って遺族に優先的に引き渡す考えらしい。

 本日のマレーシア警察の会見によると、北朝鮮大使館の二等書記官も関与しているとか。
 国家ぐるみの組織的な犯行が色濃く見えてくる。

 一方、北朝鮮側では事件の真相を隠したいのか
 当然のことながら、隠したいに違ない。
 17日夜、北朝鮮のカン・チョル駐マレーシア大使は「マレーシア側は我々をだましている。北朝鮮をおとしめようとする外部勢力と結託している」との見解を示していた。
 また、あの遺体は、金正男(キムジョンナム)でなくて、別の北朝鮮国籍の男であるとも言っているらしい。
 共産党1党独裁国家とすれば、当然の話であろう、自らが正義であり、敵対勢力はすべて悪という主義だから・・・傍若無人である。

 この事件の真相が、1日でも早く解明され白日の下に知らされんことを願っている。
 世界が注目している事件である。

 ところで、3年後の2020年には、東京オリンピックが開催される。
 あのように公の場で白昼堂々と暗殺行為、テロ行為が起こされる現実を垣間見ると、我が国のセキュリティ対策はどうであろうか。
 改めて思い知らされることである。
 以前から、スパイ天国と呼ばれている我が国、対岸の火事と思わないで身近な問題ととらえ厳しいセキュリティ対策を実施してほしいものである。

 あらゆる場所、あらゆる角度が捉えられる防犯カメラの増設、それも鮮明な映像を捉えることのできる設備に切り替えることから初めてほしい。
 いずれにしても、危機管理のレベルを最高位にすべきと思った。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
『事件』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 咲の部屋・・・2017手作り味噌 | トップ | ドラマ「警視庁捜査一課9係... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (satochin)
2017-02-22 09:13:09
おはようございます!
ダブポチ行脚中です。

毎日・・・
トランプと北朝鮮と幸福の科学・・・
そして時々東京都知事

うんざりして最近はTVを付けることも
少なくなっています・・・って、
やる事が多すぎるかな
賑やかで・・ (咲とその夫)
2017-02-22 10:30:46
 連日賑やかな報道合戦です。
 マレーシアの事件、真相解明ができることを願いつつテレビ、新聞などの報道を見ています。

 暴発寸前の北朝鮮、何とかできないものか・・・と。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

報道・ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。