咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

猛威拡大の感染性胃腸炎・・・とか

2016-12-28 22:31:00 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 ここのところ、連日の雨と冬型の気象配置に嫌になっている。
 どんよりとした山陰独特の暗い天候。
 参ってしまう。(笑)

 ところで、冬期に流行の激しいノロウイルスによる感染性胃腸炎。
 先般来から、メディアを通して今冬の流行を懸念する報道があった。
 ここに至って、「10年ぶり警報レベル」になっているらしい。

 さらに怖いことに、「この冬のノロウイルスは、遺伝子変異により、感染リスクが高まっている可能性がある」との報道。
 特に今年の場合は、早くからこの問題が全国レベルで取り上げられ、その予防対策なども報じられていた。

 その症状は、嘔吐・下痢などが主なもの。
 特に高齢者とか、幼児の場合は脱水症状により、抜き差しならぬことになりかねない。
 老人施設とか、保育園・幼稚園などでは、手洗いやうがいなどが徹底されていると思える。
 
 当方も、ずいぶん昔のこと、魚介類によりキツイ感染性胃腸炎で苦しんだことがある。
 冬に生で食す岩ガキなど、出荷の際にはノロウイルス検査が行われている。

 感染性胃腸炎の主な原因物質のノロウイルスは、人の体内でのみ増殖するらしい。
 感染者の嘔吐物が、乾燥し気中に浮遊するウイルスを吸い込むことでも、感染するらしいからとても厄介なものである。
 ごく少量のノロウイルスでも、極めて感染力が強いとか。

 家庭内で感染者がいれば、嘔吐物、汚物処理には細心の注意をしなければならないらしい。
 さらにトイレのドアノブなども徹底的に消毒すべきとのこと。
 また、普段の生活の中では、石鹼などで手洗いを徹底的にすべきとか。
 その手洗いについては、爪の間とかかなり細かく徹底して行わないといけないらしい。
 
 ネットで検索すると専門家による予防法などが、こと細かく記載されており要チェック。

 いずれにしても、この時期は感染性胃腸炎予防対策が必要である。(咲・夫)


(ノロウイルス)

[追 記]~感染性胃腸炎・10年ぶり警報レベル~
 ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が拡がっています。最新の1週間の患者数は、10年ぶりに大きな流行を示す「警報レベル」を超えました。
 国立感染症研究所によりますと、今月18日までの1週間に全国の医療機関から報告されたノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者の数は、1医療機関あたり20.89人にのぼりました。1週間の患者数としては2006年以来の水準となり、大きな流行を示す「警報レベル」の基準値を超えました。
 この冬のノロウイルスは、遺伝子変異により、感染リスクが高まっている可能性があるということで、厚生労働省は、手洗いなどを徹底して感染を予防するよう呼びかけています。
(出典:Yahoo! ニュース 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017大河ドラマ「おんな... | トップ | 真田丸・・・総集編 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (satochin)
2016-12-28 11:52:37
こんにちは!
ダブポチ行脚中です。

本来は軽い風邪症状の様な感じなんですが
幼児やお年寄りには負担が大きいかもですね。

この時期は何かと意識して注意をしています。
特にジムなどは要注意ですね。

今日は午後からリンゴを持ってあちこちに(^○^)
MSの管理人さんにも少しお裾分けしたところです。
幼児と高齢者・・ (咲とその夫)
2016-12-28 13:01:27
 そうですね、幼児と高齢者には、感染性胃腸炎などかからないよう要注意ですね。

 本日の新聞にもノロの問題はでていました。
 医療機関も正月休みなどで、開いている機関が限られるでしょうから、手洗い励行ですね。
 
 人の動きも活発な年末年始、気をつけましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。