咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

今週は・・・秋華賞

2017-10-12 22:29:30 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 7月下旬に購入の「珪藻土バスマット」(宇部興産建材・UB足快バスマット)、もちろん日本製。
 安価な中国製も多数あるが、中には有害物質が含まれているものもあるらしい。
 
 あれから、3ヶ月間使用しているが、風呂から濡れた足で上がった時、バスマットを踏むと足裏の水分が一瞬で吸い取られる感覚になる。
 あっという間に乾くから、とても気持ちいい。
 
 それまでのバスマットは、いつまでも湿っておりあとから使用する人にとっては、濡れたところに足を置くからジメジメ感がある。
 その点、「珪藻土バスマット」は、30秒後にはサラサラしてくるから、何とも気持ちの良いものである。
 ただ、気温が下がった時などは、石板であるからひんやり感がある。
 それは仕方ないこと。

 結果的には、いい物を購入したと思っている。
 家内も喜んでいる。(笑)
 
 今週は、秋華賞の当日から孫娘の祖父母参観で、川崎方面に出向くことにしている。
 この1週間は、傘マークが続いており、関東地方も冷え込む気候らしい。
 そのつもりで出向きたい。
 孫たちも待っているらしいから・・・。

 さて、競馬の話。
 秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋)と続く、秋のG1レース月間。
 15日(日)、京都競馬場で開催される秋華賞、やはりディープインパクト産駒が好成績を残している。
 また、前哨戦のローズS組は、これまでのデータから有力視されている。
 7勝、2着8回とのことで、例外もあるが5着以内が狙いどころらしい。
 一方、紫苑S組は、昨年G3に格付けされた結果、ワンツーを記録しているとのこと。
 もっとも、一昨年までは散々だったらしい。
 
 前走の競馬、好位追走から残り200で先頭に躍りでる脚いろに見えたが、案外の結果だったディープ産駒のファンディーナ。
 久々とプラス22キロが原因だったのだろうか。
 今回は叩き2走目の京都コース。
 3走前の中山コースでは持ったままで快勝だったが、あのような競馬が見られそうな予感。
 鞍上の岩田康誠騎手が、京都大賞典の雪辱を果たすよう気合の入った競馬をしないかと・・・。
 
 ローズSで大外から一気にごぼう抜きのラビットラン。
 芝コースに替わって2戦2勝の同馬、鞍上も自信を持って騎乗したとのこと。
 再び末脚が炸裂するかも・・・。
 
 C.ルメール騎手に乗り替わるディアドラ、紫苑Sを1番人気で制しておりここでも上位人気の一角。
 順調そのもので、あとはスムーズな競馬ができればとのこと。

 そのほか、アエロリット、カワキタエンカ、リスグラシュ―など。
 また、これぞという伏兵を探してみたい。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT抜粋 フラワーC快勝・ファンディーナ)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑感・・・連日の夏日にうんざり | トップ | 今週の追っかけ馬(10月1... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (satochin)
2017-10-12 16:50:30
こんばんは!
ダブポチ行脚中です。
大通りから少し前に戻ってきました。

秋華賞・・・
毎日王冠みたいな事はないですよね。
アエロリットとファンディーナを軸に
5頭選んで3連複とおもっています
なるほど・・ (咲とその夫)
2017-10-12 19:35:14
 なるほど、いいところでしょうね。
 あとは、雨が降って馬場が渋った場合はどうなるかですね。
 その日は、息子夫婦のところに出向いています。
 前夜に投票していますからどうにもならないですね。(笑)

 ウマくいきますように・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。