郵便局のゴム印桜に野球の嵐

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

橋本将とブルーマッツのトークショー

2017-05-13 20:21:00 | 千葉野球

秋葉原の書泉で開催されたトークショー


橋本は09年オフに石川によってトレードされる方針でマリーンズに残ろうとしたけど残れないのでFAした。一応セリーグのチームにトレードされる予定だった。

最近のロッテ若手は真面目過ぎるから結果が出ない。先輩と遊びや飯に行かず部屋にいる。切り換えが下手。
逆に横浜は遊びすぎ。

第二次ボビー政権で「お前はこの10年何をしていたんだ?スーパースターなってるお思ったら・・・なにをびくびく野球をしてるだ。使うからもっとのびのびやれ」と言われ一軍定着
ダルビッシュとは言葉では言い表せない相性のよさ。自分でもわからないらしい。ヤマは張っていた。
結論 石川球団代表はやっぱりくそだった


青松の話
2年に一軍キャンプに呼ばれたのに、3年目は呼ばれなかったので拗ねてしまった。
橋本曰く青松は実直過ぎた。
7年目まで自分勝手にやっていたが、それから他人の話を聞き始めたら変わり始めた。
青松のルーティンはGGプロデュース。「一軍の打席ははったりだ。はったりをかますしかない」と言う話をラーメン食べながら話した。
細谷は一年目で鬱になる。しかしカラオケに行くとロックスターに。繊細な面とロックスターの二面を持っている。
今日のエラーは昨日のエラーを引きずってしまった。 ロックスターみたいにプレイすればいい。
14年の台湾遠征はもしかしたら戦力外かもしれないと必死でやった。


渡辺俊介もVTRで出演。





司会者から「みなさん、マリーンズ以外の生き甲斐を見つけましょう!」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最弱球団 高橋ユニオンズ青春記 | トップ | イーストランド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL