これが人生の転換期?!

日々の暮らしの事、興味のある事、これからの事なんでも綴って行きます。

科学的とか医学的とかの根拠がないといけないのか!

2016-12-10 11:44:50 | 体の事
先ほども書きましたが、免疫学の安保徹先生が亡くなった記事を読んで本当に残念と感じています。



病気はどこから来るのだろう・・・


ウィルスとか外的なもの以外の病気、内面から起こる病気とはどうして起こるのだろうか。



それはその人の生活習慣からだと言うのは多くの人が実感していると思います。



その生活習慣の中で一番見落とされているのは心の習慣です。



その心の習慣を変えたら病気が治るとしたらどうですか?



治ったらどうですか?



医学的、科学的に検証されていないのでそんな事あるわけないと言うのであれば意識や無意識などは一生科学や医学では検証されないと思います。



見えないものを検証しろと言うのは多分、人類には無理な話だからです。



先日、臼杵石仏へ行った時、オーブのようなものが写っていました。



ある人は「ただのごみが写っている」と言うでしょう。



ある人は「オーブに間違いない!」と言うかもしれません。




人間なんてそんなもんです。



信じるか信じないかで病気だって治ったり治らなかったりします。



根拠なんかいらない!



治って元気だったらそれでいいんじゃないですか!



『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 免疫学の権威は殺されたのか | トップ | 漢方養生指導士上級修了 »

コメントを投稿

体の事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。