これが人生の転換期?!

日々の暮らしの事、興味のある事、これからの事なんでも綴って行きます。

加賀美幸子さんの講演会

2016-09-19 12:11:08 | 日記
こんにちは。

今日は台風の影響で朝から雨です。

明日はこちらに直撃するかもしれません。

台風の被害が大きくない事を祈ります。



昨日の14時からNHK文化センターで加賀美幸子さんの講演会がありました。






間近で聞いたあの落ち着く声は本当に日本の宝だと感じます。


講演会のお題は「こころを動かす言葉」です。


主に古典から加賀美さんが読まれて感銘を受けた内容を抜粋されていましたが、古典の内容も人間の本質はその時代から変わらないのだと感じました。



私が特に心に残ったのは「切磋琢磨=ゆとり」と言うところです。



切磋琢磨の意味

「学問や人徳をよりいっそう磨き上げること。また、友人同士が互いに励まし合い競争し合って、共に向上すること。▽「切」は獣の骨や角などを切り刻むこと。「磋」は玉や角を磨く、「琢」は玉や石をのみで削って形を整える、「磨」は石をすり磨く意。「磋」は「瑳」とも書く。」



ゆとりとはのんびり何もせず、何も考えずではなく、物事を一生懸命取り組むなかにゆとりが生まれると言う事なのです。



その通りだと思います。



一生懸命していると余計な事を考えません。

余計な事を考えない代わりに今取り組んでいることに一生懸命になり、自分自身に磨きがかかって心にゆとりができます。


ゆとりができると周りで起こっている物事にもゆとりを持って対処できる。



加賀美幸子さんは70歳を超えていらっしゃいますが、全くそのように見えず本当に若くて綺麗でした。


また年を取るのが嫌だと思うのではなく、年を取ることはその分自分に磨きがかかり素晴らしい事なのだと言うお話も感銘を受けました。



だってそうじゃありませんか、年を重ねたぶん知らない事を知る機会が増えているのですからね。




本当に素晴らしい講演会でした。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い立ったが吉日 | トップ | 口にすれば願いは叶う? »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。