B-scale fan's log

Since 2004.4.16

最近は映画の感想がメインですが、
元は戦車模型のblogでした。

アリス・イン・ワンダーランド

2010年05月20日 | 海外映画 評価3
公開中 ティム・バートン監督
    出演 ミア・ワシコウスカ、
    ジョニー・デップ、
    へレナ・ボナム=カーター
    アン・ハサウェイ 他

新評価 3.0 (微妙)

興味があって3D版の吹き替えで見ましたが、
メガネの違和感が3Dのメリットを上回った気がします。
あとで聞くとこの作品の3Dは付け足しらしく納得。
別に立体で見せる必然性は無い映像だったし、
基本的に3Dのオモチャより物語でしょう?
2D映像でも脳内で3D変換できますしね。

今回のティム・バートンxディズニーはいまひとつ。
主人公アリスの「自主性を持って生きる」物語より、
赤と白の2人姉妹の女王の確執。と言うよりも、
責任感の強い赤の女王の長女気質と、
自らの手を汚そうとしない白の女王の
末っ子気質が気になって・・・。
なんだか赤の女王が可哀相に見えましたよ。

最後はアリスまでもが中国詣でをするんだとさ。
本編上映前の映画予告では、
「ベストキッド」は舞台が中国に変わるし、
ナイト・シャマラン監督の次回作も中国もの、
たとえ「アバター」に上映制限をかける様な国でも、
アメリカはビジネス・チャンスを逃せませんか。
製作段階から自主規制すればいいもんね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 重力ピエロ | トップ | 西の魔女が死んだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外映画 評価3」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

ティム・バートン監督 「アリス・イン・ワンダーランド」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
やっぱさ~ 公開したら即、観たいじゃん 去年から話題になってたティム・バートン監督×ジョニー・デップの新作となれば(^m^)b 公開初日は自分も仕事だから無理にしても 今日(4月18日)、仕事明けで観るか? 明日、公休で観るか? 仕事明けは、殆ど寝てな...
アリス・イン・ワンダーランド (RISING STEEL)
映画の日、千円での鑑賞で見ました。 「アリス・イン・ワンダーランド」。今年のGW最大の話題作だ。 ちゃんと読んだこと無いけど(オイ)不思議な国に迷い込んで トランプの兵隊とかに追われたりするん...
「アリス・イン・ワンダーランド」 変な子の成長物語 (はらやんの映画徒然草)
何かとタイミングが合わず観あぐねていましたが、やっと観てきました。 大好きな監督