B-scale fan's log

Since 2004.4.16

最近は映画の感想がメインですが、
元は戦車模型のblogでした。

スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ

2007年09月16日 | 日本映画 評価3
2006年 深作健太監督、松浦亜弥主演
    共演 石川梨華、三好絵梨香、岡田唯、
       斉藤由貴、長門裕之、窪塚俊介、竹内力
『母親(斉藤由貴)がニューヨークで不法滞在でFBIに逮捕され、
 娘の麻宮サキ(松浦亜弥)は日本に強制送還されてきた。
 スパイ容疑の母親の釈放のための条件として、スケバン刑事として、
 暗闇機関の吉良(竹内力)とある爆弾事件を捜査することに。』

新評価 3.0

何となく見てしまいましたが、「ケータイ刑事(デカ)」のように
途中で見るのを止めることはなかったです。
こんな映画でも監督の色が消えないのは素晴らしいですが、
まぁ昔の「スケバン刑事」からしてアレですからねぇ~。
所詮は物語の天井は決まってました。
ちなみに私は南野陽子派です。

昔から共演のお嬢さんは当時の華やかなところが来ますが、
今回は美勇伝のメンバーらしいですね。
石川梨華しか分からなかったです。
暗闇司令の長門裕之は相変わらず健在ですが、
暗闇エージェントは今回は竹内力。なんか違うかな?
敵のボスは・・・・です。
過去の敵の伊武雅刀、京本政樹に比べても頑張ってますが、
彼にはどうしても兄の影がチラついて損ですね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また考証・・・。 | トップ | 青の炎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画 評価3」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。