B-scale fan's log

Since 2004.4.16

最近は映画の感想がメインですが、
元は戦車模型のblogでした。

パンズ・ラビリンス

2009年06月24日 | 海外映画 評価4
2006年 ギレルモ・デル・トロ監督
    イバナ・バケロ主演
    出演 セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ
『1944年のスペイン。内戦で実父を亡くした少女は、
 政府軍の大尉と再婚した母と一緒に、
 政府軍と共産勢力の残党と戦う地域に移り住むが、
 義父は残酷な男で少女は自分の想像の世界に逃げ込む。』

新評価 4.0 (残酷)

ダーク・ファンタジーというジャンルらしいですが、
ファンタジーの部分以外にも、
ダークで残酷な戦争のシーンがちらほら。
内戦と言うのは捕虜を捕らないのですね。
敵の負傷者は戦場で即射殺。
捕るのは情報収集の尋問(拷問)のときだけ。

戦場やそれ以外でも勇敢さを発揮する大尉。
それは冷酷さと紙一重で母娘に訪れる不幸。
物語もなんとも悲しく残酷な結末ですが、
少女の想像が本物かどうかは別にして、
あの終わりは少女にすればハッピーエンド。
それだけは救いとなります。

映画の広告にあるような豪華な場面は、
エンディング直前だけで、
映画の演出上は素晴らしく、
見たほうは少し騙された気分です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランスフォーマー/リベンジ | トップ | ターミネーター4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『パンズ・ラビリンス』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本、ギレルモ=デル=トロ。原題『Pan’s Labyrinth』。200
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...