SEO(すこし、E な、おやじ)のホームページ

ウェイブマーケティングコンサル、ホームページ製作及び、作り方をお教えする(株)ブレインアソシエイツ社長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DMOZの威力

2009-04-22 20:26:44 | Weblog
DMOZと言って知らない人は、SEOに関わる人ならいないでしょう。とはいっても昔のSEO対策のたぐいの書籍には必ずと言っていいほど出てくる言葉でしたが、最近の書籍ではあまり見なくなりました。

ちょっと解説するとDMOZとは"Directory Mozilla"の略で、"Netscape Communications Corp."が管理しているディレクトリ型の検索サイトで世界で最大の影響力をもつディレクトリサイトです。

他のディレクトリ型の検索サイトとは違い、DMOZでは、エディタという一般のボランティアが審査を行っています。エディターはしっかりと審査されて選ばれた人たちなので、申請したサイトが必ずしも登録されるわけはありません。これはYahoo!と同じですが、サイトを申請して登録されるのは至難の業でしょう。まず、先に書きましたように、エディターがボランティアであること。何かの片手間にやっている方もいれば、高品質のディレクトリを作るために日々取り組んでいる方もいるようなので、申請したのはいいがなかなか審査までたどり着くのに時間がかかるケースもあるようです。数か月から2年間ぐらいかかることもあります。

弊社のサイトも2年越しでやっと登録されました。(かかりすぎだと言われるかもしれませんが) 以下のディレクトリーです。
Top> World> Japanese:>地域>アジア> 日本>埼玉>市町村>さいたま市>ビジネス・経済>コンピュータ

DMOZにサイトを推薦する理由として、DMOZがGoogleディレクトリにデータベースを提供していることがあげられます。だからGoogleに対して相当の影響力があり、検索上位やグーグルページランクアップに貢献するようです。
この点に関しまして、昔ほどの影響力はないという意見もありますが、ページランク8で、全世界1億サイト中460万サイトしか登録されていないところをみると、悪いことはないでしょう。



教えるスタイルのホームページ制作
集客ができるホームページの作り方お教えします。
ジャンル:
ITネットビジネス
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運、不運はめぐる? | トップ | メディアの虚構 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久しぶりにその単語を見ました(笑 (いせとる)
2009-04-22 23:02:42
しかしDMOZは、そのジャンル内の業者の誰かが最初に管理者になって、自分の都合の良い風味にしてたイメージが強いです。。
Unknown (大久保)
2009-04-22 23:35:06
エディタが何かの意図を持って審査すると首になりますが、人間のやることだから、風味がでることはまったく否定できることではないですね。
昔ほどの影響力はないようですが、それでも、お金を払って登録できる大中の検索エンジンとは違い、登録される保証がないので、ここに登録されているだけでも信頼感が出るとは言えるでしょう。
Unknown (いせとる)
2009-04-28 20:48:32
うーん、理論上はそうなんでしょうけど、実際にはなんらかの意図を持って判断したかどうかを査定する第三者は存在しなかった気がします。。
Unknown (大久保)
2009-04-30 01:12:29
なるほど。まあいづれにせよ、登録されて悪いことはないでしょう。
Unknown (yamazon)
2010-01-30 02:34:31
はじめまして。DMOZの効果を知りたくて調べていました。
参考になりました。ありがとうございました。
Unknown (大久保)
2010-01-30 09:37:26
yamazonさん、ご参考になれば幸いです。
Unknown (hiro)
2010-01-30 23:58:45
はじめまして!知り合いから大久保さんのブログのことを聞き私も参考にさせていただきました!ありがとうございました!
Unknown (大久保)
2010-01-31 21:32:46
hiroさんよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。