SEO(すこし、E な、おやじ)のホームページ

ウェイブマーケティングコンサル、ホームページ製作及び、作り方をお教えする(株)ブレインアソシエイツ社長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SEOだけではない

2009-05-07 01:11:17 | Weblog
良くある話ですが、一つのサイトに対して、2つの会社が関わることがあります。大抵のパターンは製作にかかわる会社とその後のSEO対策に関わる会社が二つが入るパターンです。どちらの役割もやってますが、どちらにせよ別の会社が関わっているということはやりづらい話です。

どちらの役割もやっている時に思うんですが、ショッピングサイトなりを製作し完了し、SEOで検索上位を狙って売り上げを上げたいというのが、依頼者の思惑ですが、なかなかそうはうまくいきません。

スモールからミドルキーワードなら別ですが、思い通りのキーワードで検索上位にはなかなか到達するのに時間がかかりますし、たとえ上がったとしても、今度はアクセスから売り上げに結びつくのに時間がかかります。

製作会社はサイトを作ることが仕事で、SEO業者はサイトを検索上位にあげることが仕事です。それぞれ領域を超えて働くことはありません。領域を超えるとトラブルがあった場合責任問題になるからです。

役割分担通りに業務を進めて、検索上位に上がり、商品、サービスが売れれば問題ありませんが、必ずしもそのような2社の分業でうまく行かないのが現状です。

商品、サービスを売るには、サイトを作成するところから、マーケティング全般をひっくるめて、その商品、サービスの専門家であるところの依頼者との共同作業で戦略を練って行うのが最良だと思います。

とすると、SEOというのは、必ずやらなければいけないものではありますが、一部の手段に過ぎず、販促をとっても、リンスティング広告、新聞、雑誌広告があり、販売方法方も、オークション、価格比較サイト、モールといった多義にわたったものを考える必要があるのではないかと思います。

業種、地域によっては、SEOにこだわって時間とお金を費やしているより、ポスティングの方がよほど効果があったというケースもありました。

一つにこだわらず、あらゆる手段を考えるくせをつけるのが良いかと思います。


EC-ガレージ
教えるスタイルのホームページ制作
集客ができるホームページの作り方お教えします。
ジャンル:
ITネットビジネス
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペイドリンクは大丈夫か? | トップ | サーバーによって見え方が違... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。