SEO(すこし、E な、おやじ)のホームページ

ウェイブマーケティングコンサル、ホームページ製作及び、作り方をお教えする(株)ブレインアソシエイツ社長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リンパストレッチダイエット

2013-03-29 19:33:05 | Weblog
いろんなダイエット本がありますが、リンパに注目した
ものはないのではないように思います。リンパというと
肩こりの類だけかと思ったら、ダイエットに深くかかわっている
とは目から鱗です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結果うまくいく判断とは?

2011-12-05 21:46:40 | Weblog
経営者に限らず、ビジネスにおいて重要な決断、判断を迫られる時って1回や2回の話ではないと思います。

容易に判断がつくケース、どっちにころんでも、大した損にはならないケースなら問題ないですが、間違うと大変なことになる、損失が大きいケースなどはその場から逃げたくなるような思いです。未来の自分が教えてくれればと戯言もつい出てしまいます。

孫正義、スティーブジョブスなど偉大な経営者たちもいくつもの岐路に立たされて、もし判断が誤っていたら今頃その栄光はなかったと言うような経験をしていますからね。

このご時世だからというわけではなく、どの時代でもお金は魅力的で、お金が絡むとどうしても目先の利益に走りがちです。後から思うととんでもない判断をしてしまったと思う事が多いです。

いくつもの中小企業を立て直したある企業再生コンサルタントが発言していたのが印象に残っています。
「儲かる、得するという観点から見ると人間は目が曇りがちになるようになります。大抵はそれにのっとった判断で失敗します。
どっちが儲かるか, 得か というよりもどちらが正しいかという判断をした方が結局は良い方向にいきます。」

これは自分自身も多々経験があります。目先の欲に絡んで、甘い誘いに乗って大けがした事があります。人間には欲がありますから、なかなか難しい事ではあります。



教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソーシャルメディアの人格

2011-11-12 23:46:47 | Weblog

ソーシャルメディアでコンタクト取った人と実際会ってみるとちょっと違うということがあります。 そういうことは良くあることだと思います。むしろ合致している方が少ないかもしれません。

ソーシャルメディアで所詮その人ととなりをすべてわかる事は不可能ですから。

人の人格は球体だ、という人がいます。普段真正面から見てるものだけをその人のすべてだと思いがちですが、実は側面から、後ろから見ると正面とは違った面を形成しています。

よく事件のニュースの中で犯人の周りの人からのインタービューを聞くと、普段おとなしい人が信じられない、あんな事件を犯すような人では見えない、というような話をよく聞きます。

これは当然のことで、その人の全人格を見た事がないために起こる事です。

ソーシャルメディアで、文字で伝わる人格は当然、一面でしかないと言う事は容易に解る事です。

顔だってそうです。ソーシャルメディアで掲載されている顔と実際の顔が違う事が良くあります。

これは何も画像が加工されているわけではなく、画像は一面しか捉えられていないからでしょう。実際の人物は一面で見ることはなく、瞬時にいろんな角度からとらえて、総合的に目に入ってくるので、違うのは当たり前の話です。

スカイプのウェブカメラでさえ実際とは微妙に違います。

姿かたちから来る印象って重要です。そこから来る印象がインプットされて、無意識に相手の人格の一部の印象になるからです。

中にはソーシャルメディア用の人格というが意識的、無意識的に作られていることもありえるような気がします。

それが良い、悪いではなく、そういうものだと捉えなければいけないと言う事だと思いますが、どうでしょうか。



教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤフーの非の打ちどころのない?新システム

2011-11-12 23:46:47 | Weblog

ヤフーのリスティングに関わっている人であれば、ヤフーリスティングの管理画面が新システムに替わった事は御存じでしょう。

、新システムの移行期にはいろんな不具合と体制の不備が露呈しました。

11月10日に新システムに替わると言うことでしたが、既にその3日前には新システムの画面に入れる状態でした。びっくりして慌てて新システムの方で操作しましたが、一向に反映されないので、確認したところ9日までは旧システムで操作しろということでした。

それを聞いて旧システムの方で操作したところ、まだ反映されず、再度聞いたところ、両方操作をしなければいけないということでした。 それで両方操作してやっと反映されました。最初からそう言え、と言いました。

9日の夕方になり旧システムと新システムに両方でオフの操作をしよとしたとろ、驚いたのは旧システムから完全に操作のボタンが消えて操作ができないということです。18時以降閲覧しかできないという告知はあったのですが、そうしたら新システムの方で出来ると思うじゃないですか。ところが操作できません。つまり時間を過ぎると放りっぱなしにする以外ないということです。

10日になって新システムのみでの操作が可能となり、新管理画面で操作しましたが、新たに問題が生じました。掲載のオンオフ、入札額の切り替えが、タイムリーに出来ません。
実際ボタンを押したところで、どのくらいのタイムラグで反映するかと言うと、なんと1時間半後です。

それじゃ商売にならないでしょうと、クレームを言うと、窓口の人は判で押したように、新システムで動作したばかりなので、負荷がかかりすぎて、信号が届くのに時間が掛ります、と言うことでした。

責任者と話したいと申し出たところ、責任者が出まして、説明を聞くと、お客さんの感じるところで少し遅いという事ですが、と切り出されました。1時間半が少し遅い?

実際旧システムでもそうだったかと思いますと言いました。つまりそんなこと周知の事だから文句を言うな、という事でしょう。旧システムでそんな遅かった事は記憶にないんですが、それにしても顧客の利便性を向上させた新システムではなかったのか、と言いたいです。それに新システムになったばかりだからという最初の担当者の説明とは矛盾します。

ボタンを押して反映されるのが、1時間半後ってどんなサービスですか? ネットショップでボタンを押して反映されるのに2秒かかったら、お客さんは逃げますよ、と言ったら、それとこれとは違うと言われました。

いったい誰が為の新システムなのか、他に沢山不備があり、首をかしげたくなります。





教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引き時の難しさ

2011-09-26 08:48:55 | Weblog
企業再生コンサルタントによると、既に死んでいるのに借り入れを図って延命している中小企業は多いらしいです。

どういうことかというと、環境の変化により競争力がなくなって企業が存続する機能を失っているのに、お金が入ることにより、運転資金が回るので延命を図ってしまうという事です。

もはやとっくに再生ができず、機能を失っているのに経営者は気づかないか、気づいてもしがみつくことが多いそうです。残酷な言い方ですが、ダメだったら早めに気付いて止めろという事です。

例を上げると関西で一世風靡したラーメンチェーン店は、値段の安さを武器に不況の時代に拡大をしましたが、無理な拡大路線と時代の変化を読めなかったことにより、徐々に売り上げが落ち、資金繰りが悪化してきました。

もうどうしようもなくなったときに、企業再生コンサルタントに話を持ってきました。
その時経営者は、もう俺はどうなってもいいから社員を救ってくれ、と言ったそうです。

立派な言葉ですね。その時点で、社長は経営権を放棄し、全保有株放棄、退職金なしと言う条件で、ファンドが支援し、不採算店を閉鎖し、再生する算段が立っていました。

ところがやはり過去成功して、100店舗も展開したという経営者のプライドと未練というのがありまして、一旦はその気になったものの、やはり自分で立て直すという事になりました。

そして結果はもっと悲惨で、倒産に追い込まれ、すべて財産は没収、丸裸になってしまいました。

昔、知り合いの建築会社の社長が、ボウリングが熱狂的ブームになった時、ボウリング場を手掛けました。ところがブームがあっという間に去り、売り上げが落ち採算が合わなくなりました。その社長はその時点で撤退しても借り入れが残り会社に大幅な損失をもたらすという状況ながら、思い切って撤退したそうです。そしてその時点で撤退したことが、結果的には傷が最小限にとどまって良かったことになりました。ライバルの多くはブームがまた来る事を祈り、継続し、倒産に追い込まれていったそうです。

会社に限らず、事業においても撤退をするということは新しく始めるより困難です。一度成功するとなおさらのことで、成功体験を引きずりがちです。株は買い時より、売り時を判断する方がはるか難しいように、潮時というのを判断するのは、誰にとっても難しい課題でしょう。



教えるスタイルのホームページ制作
EC-ガレージ
ホームページ支援システム

コメント
この記事をはてなブックマークに追加