あずゆきこまめの「本宅」

ブログ生活に復帰しました。ブックマークからどうぞ♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ生活に「復帰」しました

2008-12-06 07:02:02 | えとせとら
ブログ生活から卒業して2ヶ月ちょっと。
今月から、またブログ生活に復帰しています。
復帰先はこちら

ブログは私にとって、歯磨きや毎日つける日記と同じくらい習慣化されていたのだなぁ・・・と休んでいる間に実感しました。

この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう、感謝!の「卒業」

2008-09-21 06:17:04 | えとせとら
上の写真、キレイでしょ?相方が挿し木から育てた大輪の芙蓉です。一度きり戻したら、また咲きそろいました。

2005年8月から始めたこのブログ、3年と1ヶ月ちょっとが過ぎました。
途中、エキサイトに引越したり、舞い戻ったり。バイトのときはお休みもしながら、ここまで続けてきました。
MSNやエキサイト、そしてアメブロの記事も加えると、ずいぶんたくさんの記事を書いてきたなぁ・・・と思います。

そして、今日をもってブログ生活を終了します。

ずっと、やめるならいつだろうか・・・と、心のどこかで考えていましたが、諦めかけていた家族旅行に出かけてその記事を書くうちに、この記事を最後にしよう、と決めました。

これだけ毎日のように書いていると、最初のうちのルンルン気分もトーンダウンし、マンネリにもなっていました。
そして毎日、何を書こうかと考えることにも、ちょっと疲れてきていました。

ブログを始めたのは自己発信をしたい、という理由の他に、もうひとつきっかけがありました。
それは、自分の近況や考えを直接伝えられないある人に、もしかしたら読んでもらえるかもしれない・・・と考えたためでした。
実際に、その人に読んでもらえているかどうかは、残念ながら何もわかりません。
でもそれも、もういいかな・・・と自分で納得できるようになりました。もしかしたら、これがやめる一番の理由かもしれない。

ブログを通じて知り合えた方々とのつながりは本当に楽しかったし、有意義だったと思っています。本当に感謝の一言です。
皆さんのブログへのコメントには、このまま「ぶたまねきゆきこ」なり「ゆきこ」という名前で、投稿させていただくつもりです。

もしかしたらまたいつか、ブログを再開するかもしれませんが、そのときは「あずゆきこまめ」や「ぶたまねき」という、自分の一部となってしまったこのニックネームはもう使わずに、この真っ白な芙蓉のように、まっさらな状態で一から始めたい。再開することがあれば、の話ですが。

今まで読んでくださった全ての人にお礼申し上げます。

                           ぶたまねきゆきこ





この記事をはてなブックマークに追加

別荘地はステキだけれど

2008-09-20 06:51:58 | 旅行
台風一過の青空が拡がっています。
名古屋では心配された大雨もなく、無事にやり過ごせました。ほっとしますねぇ。
でも、台風14号が発生しているそうです。まだ遠く離れていますが、今後の進路に注意したいですね。

さて、家族旅行の話もそろそろ終わりが近づいてきました。
ちょうど一週間前に宿泊したのは、別荘地のなかのコテージタイプのホテル
個人の別荘が建ち並ぶなかに何軒かのコテージがあって、ちょっとした別荘ライフを体験できます。

この別荘地の入口から、フロントやレストランのある建物へのエントランスはとても長く、そしてヨーロッパ調。噴水には天使などの彫刻があって・・・
あ、相方やRINGO、そして私の苦手なタイプ
HEICOいわく、「HPの印象と違って、ゴージャスじゃん
そうなんです。一泊目の常盤館。ネットで見たとき、よく出来たHPだったので、お風呂はともかく部屋の設備に比較すると、ちょっとイメージが悪いほうに違っていたのですが・・・
こちらはHPを一新したほうがいいんじゃないかと思われます

フロント棟の入口にはホテルマンがちゃんといて。ほほぉ~、歴としたリゾートホテルなのですね。
キッチンつきの貸しコテージと、花ホテルという離れの客室と言ったタイプのコテージ(こちらはキッチンなし・ミニ露天風呂つき)のうち、私たちは花ホテルのほうを予約していました。しかも、平日特別企画の半額!

チェックイン後フロントで渡された地図を頼りに、車で坂道を移動。すぐに目指す建物に到着。よくあるタイプの建物です。
が、ドアを開けた途端、く、臭い!
木の匂いとカビの臭いが混ざった、なんとも言えない臭いがします。
嗅覚のよい私とHEICOにはちとつらい・・・・・・

どうしても冬冷え込むことによる温度差などでカビが発生しやすいんですね。部屋にあったインフォメーションの文章にも書いてありました。
エアコンの空気清浄はつけてありましたが・・・そのくらいじゃ追いつかないのであります。
よってまず、部屋の窓を全部開放いたしました。しばらくすると、鼻も慣れてきてさほど気にならなくなってきましたが、一度外へ出ると元の木阿弥。

小さな露天風呂がついていますが、これは中に入るだけで、洗い場などはなく、身体を温めるだけのものなのでした。一応24時間対応になっています。
というわけで、朝風呂にHEICOと相方が入っただけ。

キッチンがないので、夕食朝食とも予約をしておき、フロント棟のレストランでいただきます。
これと、同じくフロント棟にある温泉に入るのにも、車での送迎あり。
歩いてもそんなに距離はありませんが・・・坂道が結構きついのですよ。
ここの別荘ライフは結構足腰にくる、と思います。鍛えるのにはいいかも?

翌朝、恒例?の散歩をちょっとしてみました。
おしゃれな別荘を持っている方、たくさんいるんですねぇ・・・
でも、私はこんなところに別荘を持ったりはしたくないな、と思ったのです。
確かにおしゃれだし、ちょっと車で走れば、八ヶ岳という場所柄、ステキな店がたくさんあって。今私が住んでいるところより、ずっとおしゃれだと思う。

でも、周りをみれば都会から来た人間ばかり。
これじゃ森のなかという環境を除けば、都会に住んでいるときとあまり変わりないじゃない。
斜め向かいの別荘は個人所有のもので、ご主人とおぼしき男性が、テラスの
フェンスの錆をこそげ落としていました。メンテナンスも大変ですね。これが楽しみ♪というなら話は別だけど。

私も相方も、「こんなとこには住みたくないなぁ~」とまったく同意見でまとまって。
やっぱり、もっと田舎がいいっ!

しかし、本当に信州っていいところだとあらためて思いました。八ヶ岳方面もいいけど・・・
ますます移住したくなってきましたねぇ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

去年の熱気は冷めて・・・

2008-09-19 06:25:09 | 旅行
しっかりと雨が降っています。これから台風も近づいてきます。大雨が心配ですね。

今日は午後、歯医者の予約を入れてあるんです。
お話しそびれていましたが、先週の旅行前日の夕方、以前治療した虫歯に詰めた金属が食事中にぽろっ!
夕食後には町内の常会もあり、翌日からは旅行もあるし。
ということで、急遽歯科医に電話、まだ診療時間だったので事なきを得ました。その時型を取った金属を、今日詰めることになっているのです。

そういえば何年か前にも、台風接近のなか治療に行ったっけ・・・そのときも翌日だったか翌週からバイトに入る、という「後のない」状態だったので、風雨を突いていくしかなかったのよね。

さて、一週間前はとてもよい天気だった旅行二日目。
乗馬を終えて宿に入る前、道の駅こぶちざわに立ち寄りました。ちょっと休憩したかったのよ。
そこの売店にはお土産物や農産物がたくさん並んでいましたが、そこでお土産を物色中に見つけたのが、ジャム売り場においてあったトマトソース。

なんでジャム売り場に?と思ったら、道の駅内にあるジャム工房「夢の木」で、作っているからなんですね。
瓶を触るとまだ温かいのです。するとなかから地元の女性が声をかけてきました。
「出来立てです。評判いいんですよ~。すぐ売り切れちゃうので、オススメです」とのこと。

う~ん、これは買うっきゃない!

大きいほうの一瓶(1050円)を買ってみましたが、これが大正解!
パンに塗ってハムやチーズを乗せて焼いたピザトーストやパスタソースに使ってみましたが、ニンニク、バジル、唐辛子がほどよく効いてすっごくおいしい!そちらへお越しの際のお土産に、私からもオススメします。

その後、まだ宿に行くには少々早い・・・ということで、「風林火山館」へ行くことにしました。

去年の大河ドラマの撮影にも使われたオープンセット。
大河ファンの相方はかなりルンルン気分でしたが、テレビで見るとそれらしく見える建物の造りは、かなり安っぽいものだなぁ・・・というのが私の印象。

夕方ということもあり、あまり人は訪れていません。
傾く西日と飛び交うトンボの群が、兵どもが夢の跡・・・という風情を感じさせました。いまや「篤姫」ですからね。

この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとでいいから、愛が欲しかった・・・

2008-09-18 05:59:10 | 旅行
昨夜RINGOが帰って少し後降りだした雨、今日はほぼ一日降り続きそう。
明日には台風本体さんがいらっしゃるらしいので、海抜0メートル地帯の我が家、戦々恐々としております。

さて旅行二日目。
宿を出て高峰高原から小諸市の懐古園を散策の後(この話は後ほどアメブロでアップします)、野辺山を経由して八ヶ岳方面へ。
この日のメインイベントとも言える、私を除く親子3人の乗馬体験をするため、牧場に向かいました。

30分の体験で3500円ほど。なにしろ競馬も好きだけれど馬そのものが大好きな一家なので、もちろん乗らない私も楽しみにしていました

予定より少々早く到着。思ったより小さな牧場ですが、屋根のある馬場は結構な広さで、以前、クレイン東海という乗馬クラブで二度体験乗馬しているHEICOが、「ここのほうが広い」と言っておりました。

予定時刻までその馬場の外からちょっと見学。すると、中にいた乗馬スタイル(と言っても、馬場馬術のようなのではなく、もっとラフなもの)の女性がこっちを見たのですが、その目つきがちょっと怖げ。やだ~、びびっちゃうじゃないのよ・・・

ほどなく乗馬が始まって、私は荷物持ち。だって、そのあたりに置く場所なんてないんだもの。車のなかにおいておけばよかったかなぁ。でも、貴重品もあったし・・・
おかげで、皆が乗馬している間私はお馬さんの絵でも・・・と思って準備もしていたのに、何ひとつ描けずに終わってしまいました

とりあえず30分で、並脚から速脚まで。やっぱり難しそうです。
終わったあとHEICOに話を聞くと、馬は乗り手の指示ではなく、牧場の人の声に反応していたらしい。舐められましたね、あなたたち。馬ってお利口さんね。

そしてHEICOは、

「ここのスタッフには愛がない」  と云ふ(ちょっと智恵子抄的:笑)

もちろん、馬に対して、ではなく、生徒である客に対して、です。

観光客で一度きりの、いわば冷やかしのような人間に、そう優しくは接しられないかもしれませんが。

でも、「一期一会」は大切にしてほしいなぁ・・・・・・

この牧場の厩舎にはなんとな~く、「入っちゃいけないオーラ」が漂っていましたが、HEICOが以前行った乗馬クラブはまったく問題なく入れるのだそうです。
ま、そこは観光地でもなんでもないところで、クラブに入ってもらいたい!と熱烈な下心があるからでしょうけど。

どちらにしても、乗馬はお金がかかるスポーツです。やっぱりうちの家族は競馬場が似合っているみたいですね。あら、昨日に続いてビンボー人の僻みになっちゃった!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加