ビター☆チョコ

店じまい後も変わらずご訪問ありがとう。
新居をかまえましたので
お近くにお越しの際はお寄りくださいませ。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

2008-01-20 | ジョニー・デップ



19世紀ロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は
美しい妻と生まれたばかりの娘に囲まれ、幸せに暮らしていた。
しかし、その幸せはある日無残に砕かれる。
ベンジャミンの美しい妻に魅せられた悪徳判事ターピン(アラン・リックマン)の手によって、
ベンジャミンは無実の罪を着せられ監獄に送られてしまう。
後に残された妻と娘の消息も知る術もなく15年の歳月が流れ、
長い苦悩は美しかったベンジャミン・バーカーの容貌を変えた。
スウィニー・トッドと名を変えたベンジャミン・バーカーは、復讐を胸に誓いフリート街へと帰ってきた。

スウィニー・トッドと名を変えて現れたベンジャミンを、大家のラベット夫人(ヘレナ・ボナム=カーター)は温かく迎える。
夫を亡くした後、ひとりで「ロンドン一まずいパイ屋」を切り盛りしてきた夫人の心には、スウィニーへの恋心が募っていった。
そんなラベット夫人の想いは、復讐に燃えるスウィニーには届くはずもないのだった。

しかし、ある出来事がきっかけで、二人の間には深い絆が出来る。
スウィニーの過去に気づいて、脅しをかけてきたイタリア人理髪師のピレリ(サシャ・バロン・コーエン)を
殺してしまったスウィニーは、死体の処理に困ってラベット夫人の力を借りることにする。
そうして、二人の間には「共犯者」という、奇妙で密接な関係が出来上がる。

それは恐ろしい計画だった。
スウィニーが自慢の剃刀で喉を掻き切って殺した客は、そのまま階下のパイ工場に落とされ
料理され、熱々のミートパイになって、何も知らないロンドン市民の胃袋へと消えていくのだ。

復讐の炎を燃やしながら
憎い男が訪れるのを待つ日々。
やがて訪れたチャンスを逃がした時、スウィニーの中で何かが壊れた。

薄暗いロンドンの街の片隅に、ひっそりと開いている理髪店。
何かに引き寄せられるように、ひっそりと訪れる客は
本当に闇の中に吸い込まれて、2度と店から出てくることはない。
夜毎に血しぶきが飛び、飛んだ血しぶきはスウィニーの手を赤く染めるのだが
彼の胸が痛むことはない。
彼の胸を痛める唯一のものは、15年前に失ってしまった妻と娘のことだけなのだ。
スウィニーの暗い復讐の炎は、周囲のものを全て巻き込んでいく。

幸せというものは、たぶん失ってはじめて、その大きさに気がつくのかもしれない。
失う、ということが誰にでも訪れる「死」だったり、「別れ」だったりするときは、時間が悲しみを癒すのかもしれない。
しかし、悪意をもって引き裂かれたものだとしたら、人は「復讐」という狂気に走るしかないのだろうか。
悲しみを癒すはずの時間は、復讐を加速させ
真実を見つけるはずの目を曇らせていく。

物語に登場する人物は
悪役のターピン判事に至るまで、私にはどこか全てを憎みきれないものを持っている。
人の妻を奪い、その娘をまた奪おうとする男。
彼も、方法は歪んではいるけど、求めているのは「愛」なのだ。
彼は権力は持っているけど、きっと自分が持ってる権力以上に大きなコンプレックスを持っているのかもしれない。

コンプレックスを権力で補い、愛情まで権力で得られると思ったのが彼の愚かさ。
男への愛情を、「共犯」という罪で示そうとした女の愚かさ。
復讐で目が曇ってしまった男の哀しさ。

全て、発端は「愛」なのに
なにもかもがかみ合わずにちぐはぐに動いて、悲劇が生まれる。

悲劇の幕が閉じた後
劇場の椅子に深く沈んだまま、すぐには立ち上がる気力のない私がいた。
物語は冒頭から心を深くつかんで最後まで離すことはなかった。

歌声は、セリフからの繋がりのように自然に流れ
感情の高ぶりにつれて、時にほとばしるようにあふれ出る。
派手な動きはほとんどない。
静かなたたずまいの中に、哀しみと怒りと、そして時におかしさや
驚くほど多彩な表情をつめこんだジョニー・デップの演技。
強くたくましく、そして恋を語るときは愛らしいヘレナ・ボナム=カーター。
出演者の誰もが、文句なしにぴったりとはまっている感じなのだ。

薄暗く、ほとんど色彩のないロンドンの街並み。
一転して、幸せな日々を思うとき、映像は美しい色彩であふれる。
闇の中に飛ぶ血しぶきさえ、どこか妖しい美しさを感じるアブナさ。

殺人鬼の物語、ではなかった。
悪魔でもない。
そこにいたのは、ひとりの哀しい男だった。

哀しい男の物語、である。





















ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬のこと | トップ | 変換 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (睦月)
2008-01-20 21:28:49
全ての心がすれ違いながら、全ての心がどこかで接点
を持っているという・・この物語の巧妙さ。

ラスト近くでは、ベンジャミン家族が一つの部屋に
3人揃っているという皮肉。

悪人とはいえ、育ての親ターピンと、
生みの親スウィーニーがジョアンナへの愛の賛歌を
デュエットで交わす名シーン。

トビーとミスターTと自分との擬似家族を夢見る
ミセス・ラヴェットの一途な姿。

皆が哀しくて、皆が報われない愛情を抱えている。
そんな残酷なまでにやるせない世界観が
ホントに見事に映し出されていましたね。

久々に『傑作』に出会ったときの興奮で
胸が打ち震えております・・・。
観てきました。 (ri)
2008-01-21 01:42:53
チョコさん、こんばんは。

私も、無事初日に観てきました。

ジョニーが、「僕はスウィーニーを悪魔だとは思っていない」と
言っていたのが、なにもかも納得できました。

公開前に、散々「愛と哀しみのスウィーニー」などと書きましたが、
ここまでだとは思いませんでした。

そして、この作品は、
全てのキャスト、スタッフで作り上げた
極上の芸術作品だと思いました。

愛も、哀しみも、残酷さも、美しさも、重さも。
すっぽりと、私にはまりました!
不思議な感覚だった (チョコ)
2008-01-21 16:16:09
睦月さん

予想以上に素晴しい映画でした。
ティムとジョニーのコンビは、数々の名作を作り上げてきたけど、これが1番なのじゃないかと思ってます。

ターピン判事とスウィニー。
敵対するはずの男二人が
ひとりの女を想い、声を合わせて愛の歌を歌う。
あのシーンは、なんとも不思議な感覚でした。

>全ての心がすれ違いながら、全ての心がどこかで接点を持っている。

。。そういうことなんですね。
きっと、何度か足を運ぶことになりそうです。




初日 (チョコ)
2008-01-21 16:26:43
riさん

私も初日、行ってきました。

いや。。もう、言葉も出ないです。
なにをなんと言ったら、この気持ちが言い表せるのか
もどかしいです。

私も、すっぽりと捉えられました。
残酷で冷たい仮面の下にある哀しさと美しさを観てしまったら
しばらくは、あの世界から出て来れそうもありません。

今さら、ですが、この映画でGG賞を受賞したことが心の底から嬉しいです。
こんばんは! (Pamy)
2008-01-21 21:12:19
こんばんは、チョコさん!

もう感動というか、衝撃というか・・・。
素晴らしい作品ですね!
観ている間、現実世界を忘れて
魅入っていたような気がします。。。

やっぱり、パイレーツよりも
この作品で賞を取れたことがとってもうれしいです。

何度も観に行くことになりそうです!!
悲劇 (チョコ)
2008-01-22 15:48:31
Pamyさん

ジョニーの歌唱力、いったいどうなんだ。。という
あかはかな心配も見事に裏切ってくれましたね。
素晴しい声でした。

「歌」にかまえることなく
あふれ出る想いが言葉になって、たまたまメロディーにのってしまった。。ような雰囲気でしたね。
思い出すたびに
背中がゾワゾワしてきます。

救いようのない悲劇だけど
いったいなにがこんなに私達を惹きつけるのか。
確かめるためには
何度か観にいくことになりそうですね。
アカデミー主演男優賞ノミネート! (tomozo)
2008-01-22 23:34:02
ネットでノミネートの様子が生放送してたので、見てたら思わず叫んでしまいました
この作品でノミネートされなかったら、どれでノミネートするんだ!って思うくらい、ジョニーの演技はすごかったですよね~。
もう、腰が抜けそうだったもん(笑)。
あ~、今年っていい年だぁ~
ノミネート!!!! (チョコ)
2008-01-23 15:55:21
tomozoさん

やったですね♪
ノミネートも当然のことだけど
やっぱ、名前がバーンとでると嬉しいよねっっ♪
でもでも。。ティムの名前がないじゃん(怒)
作品賞に。。ないじゃん(怒)

欲を言えば、全ての賞をかっさらって欲しい(笑)
いや、それほど衝撃的で魅力的な映画でした。
私も。。椅子にめり込みそうだったですもん。
こんな激しい新年の幕開けで
なんだかもう疲れ果ててしまってますわ。

観ましたよ♪ (寝起きのパンダ)
2008-01-23 16:04:14
観てきました!
雪の中、頑張っていってきました(笑)
ジョニーの歌、とても自然でよかったです。
残酷なシーンもあったけど、その根底にあるのは
‘愛’。
最後は少し泣けてしまいました。

もう一度、スクリーンで観たい映画です。
雪が似合う。 (チョコ)
2008-01-23 23:06:32
パンダさん

観てきましたか。
雪の中♪素敵じゃないですか。
とてもいいシチュエーションです。

私も初日に行ったんですけど
えへ♪聖地ヒルズにわざわざ。
映画館から昼間の明るい街に出るのがイヤだったので夕方から観ました。

悲劇だったけど
今、少し時間がたって思うと
ああいう幕の閉じ方しか出来なかったですよね。
考えようによってはハッピーエンドですね。
あれで。。永遠に一緒になれたってことですね。
ご無沙汰しておりまして(汗) (こべに)
2008-01-28 22:42:45
チョコさん!こんばんは♪
TBそしてコメントありがとうございました!

見終わって現実に引き戻されるのがヤなので闇を待って見ました!見終わってからのシチュエーションも重要ですよね(^^;大事な映画ですし・・・。
チョコさんは深いなーと相変わらず感心して読ませて頂きました。こべにさんはずっとニヤニヤとしておりまして、ラストはキレイだなーと溜息でして恥ずかしい限り・・・。

そそ、レッドカーペット!チョコさんは向かい側に居たのですねー。真っ先に向かったところというので、あっ!あそこに居たんだーってスグわかりました♪
こべにさんはチョコさんの向かいのけやき坂沿いの柵のところに陣取ってました。
いや、もうもうもう!ホントにおめでとう!を何度云っても追いつかないくらいおめでとうです!!
一生の思い出になりましたね!この思い出さえあればこの先どんな困難が待ち構えていようと、きっとチョコさんは笑顔で乗り切っていけるであろうと勝手に思っております。おめでとう~☆
にしても、握手だなんて羨ましいぞー♪
今回のジョニーったらホントにキレイでキラキラしてて、はぁーキレイだなぁーとうっとりでした。
この距離で見れたらもう満足だぁと思っていたのですが、今度は一番前に陣取れるよう頑張るぞっ!!
おはようございます。 (Rei)
2008-01-29 08:47:13
チョコさん、遅ればせながらお邪魔します。

サントラを聞いて目を閉じると自宅上映が始まります(笑)
色んな場面が目に焼き付いていることを痛感しています。
どのシーンをとっても印象的なものばかり。
特にラストは圧巻ですね~。。

しばらくこれで楽しめそうです♪
TB送らせて頂きました。
ぅぅぅ・・・・ (ぼふふわ)
2008-01-29 13:35:01
どういうタイトルよ?なのですが
チョコさんのレビューで、またしても、静かによみがえってきますぅぅぅ
そうなんですよね、全ての発端は、愛なのよね~。
愛って苦しいよねぇ。
あの少年が、初めて愛を寄せるマムを殺してしまうトッドを、少年が今度は憎しんでしまう愛憎の連鎖。
愛ですよね・・・・
明日、再び会いに行ってきます
またしても、新しいジョニーに会えた喜びは、しばらく私の愛の炎になりそうですぅ
サントラ、絶対ゲットですね
ぅぅぅ、素敵だわ~~~。
でもさ、あの少年を呼ぶ時とかの叫び声、船長の声でしたねキャ・・・。
しばらく壊れてる私かもです
向かい合ってたんだね (チョコ)
2008-01-29 21:52:36
こべにさん

しばらく更新がなかったのでお忙しいんだなぁと思ってましたが
ヒルズには出張ってたんですね(笑)
それでこそ こべにさんです♪
いやはや、向かい合って立ってたんですね~
お互い、生ジョニーに会えたことは「宝」ですね♪
1月8日は、一生思い出に残る日です♪

映画も、素晴しかったねぇ~
なーーんか、初見はあの独特の世界に圧倒されてしまったので、ちょっと頭を冷して、今度はゆっくり落ち着いて観賞したいです。

いやぁ~ジョニーって素晴しい♪
ティムも素晴しい♪
同じ時代に生きてる幸せをかみしめてます。
今度の来日は、あるとしたらまだ先のことですね。
それまで、足腰鍛えましょう♪

自宅上映 (チョコ)
2008-01-29 21:59:14
Reiさん

目を閉じてサントラを聴くと「自宅上映」!!!
またまた、素晴しい表現ですね。
うぅ~私も早く自宅上映したいです。
すぐにクリック!ですね(汗)

TBありがとうございます♪
なんかね。。ジョニーの来日、映画の公開で
ブログを書く気力が萎えてる今日この頃ですが(苦笑)
ホント、魂を奪われてしまって
何もする気がないのですよ。。
このままじゃイカンですねぇ~

Reiさんは、そろそろ日常に戻りましたか?
。。自宅上映してるようじゃ、無理そうですね(笑)
同じく うぅぅ・・・ (チョコ)
2008-01-29 22:06:05
ぼふふわさん

良かったよね~
あれこれ言うことないよね。
何も書けないし、きっと語ることも出来ないわ。
ただ「うぅぅ・・・」と言うことぐらいしか(笑)

こんな衝撃、なかなかないですよ♪
当然、私も明日のレディースディ♪行って参りますわ。

ジャックの声。。そうですね。
あの衝撃の中、「あ・・ジャックだ・・」と思って聴いてました(笑)
リバティーンの時もそうだったね。

姿からは同一人物と思えないのに
声だけは、ジャックの面影があるんだよね(笑)
いい、お声でございました。
こんにちは! (由香)
2008-02-23 09:24:08
お邪魔します♪
ご無沙汰しておりました。
今後とも宜しくお願いします~

少々残酷なお話だと聞いていたので、ドキドキしながら鑑賞に臨みましたが物凄く魅せられました
みんな誰かを愛していたのに、思いもよらない悲劇へと加速していきましたね~
最後は切なかったですが、不思議と穏やかな気持ちにもなりました・・・
2回目を観賞したのですが、その時はジョニーの表情だけを目で追いました~また観たいな♪
こちらこそご無沙汰でした (チョコ)
2008-02-23 13:17:58
由香さん

私も、スプラッタだとか、血しぶきがすごいとか
そういう前評判を聴いていたので
かなりビビッていたのですが
全然、残酷さを感じずに、哀しさばかりが胸に迫りました。

ラストシーン。。
せつなさの中に安堵の気持ちもありました。

素晴しい映画でしたけど
とても観るのにエネルギーがいりますね。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (que sera sera♪ riのお気楽生活)
   《劇場鑑賞》    今年最初の映画が、  結局『スウィーニー・トッド』。
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (Johnnyダイアリー)
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師監督:ティム・バートン 【スウィーニー・トッド/ベンジャミン・バーカー】ジョニー・デップ【ミセス・ラベット】ヘレナ・ボナム=カーター【ターピン判事】アラン・リックマン【役人バムフォード】ティモシー・スポー...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  届かぬ愛にあえぐ残酷美  
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (tomozoのうれし★たのし★大好き)
待ちに待った「スウィーニー・トッド」は初日に鑑賞。のっけからなんだけど、ティムの作品の中でも、この作品はかなり上位に入る良さなんじゃないんだろうか。なるほどゴー
『スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』-No4 (映画館で観ましょ♪)
オープニングの赤い雨のしずく・・・ココがもう好きです! こういった色使いの映像は大好きです! 「すごい話だね」  「やっぱ...
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 (Akira's VOICE)
ゾクッとしてワクワク。 そして涙。
スウィーニー・トッド (シュフのきまぐれシネマ)
1月19日(土)ユナイテッドシネマ豊洲 観るなら夜中と決めていたのでナイトショーで初日鑑賞 これで終わりっぽいけど、これからどんな展開にするのかなーんて思ってたらホントに終わりでした。 いえね、せいぜい一時間いったかいかないか程度だと思ってたので、
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (Minor Swing @Room)
1月21日(月曜日)鑑賞。ネタバレで感想。
スウィーニー・トッド  フリート街の悪魔の理髪師 (リトル映画人ブログ)
美しく、哀しく、そして、見事に~!!! いやぁ~、予想以上に素晴らしかった。テ
【2008-12】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 忘れるものか 許すものか スウィーニーが来る! いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。
スウィニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師 お一人様でご鑑賞! (映画館で見た映画 見たいDVD レビューblog)
ティム・バートンがまたやってくれた! ジョニーディップは 「シザーハンズ」以来のファンです。 「シーザーハンズ」なくしてジョニー無しと言うくらい出世作ですよね。 時は19世紀ロンドン 無実の罪で長く隔世されていた男は 妻子に逢う事を願っていた。 しかし思い...
【映画】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師…普通に悪趣味 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/}もう2月になっちゃいましたねぇ…ホント早いです。 一昨日の記事にも書きましたが…ここのところgooブログの調子がよろしくない様子{/face_ikari/}。しかもgooブログの方いくつかで同時多発な状況{/face_ikari/}。 短時間でたくさんのトラックバックをg...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿ら...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ19世紀のイギリス。無実の罪で投獄されその首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた・・・。感想ハサミ男からカ...