心のままに

おもいを言葉に

小春日和

2016-11-20 00:08:18 | 日記

  小春日和

  日の差す 窓辺に座り

  日本の唱歌を 聞いている

  美しい ソプラノの


  明治 大正時代 

  西洋の音楽を 子供達のために 

  一所懸命 作詞 作曲している

  若き音楽家たちの 姿が浮かんでくる


  その歌声が 庭の草木の ひとつひとつに

  沁み込んでいく

  
  今や すっかり 日本の歌となって


  ~~~
『ポエム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 芸術作品を | トップ | 言葉が »

日記」カテゴリの最新記事