心のままに

おもいを言葉に

掛け替えの無い

2017-02-22 00:23:29 | 日記

  まだまだ 寒い 名ばかりの 春のニ月

  山間の集落の 小さな公園の 桜の木を

  根元から 切り倒した

  大きくなり 隣りの稲田に その影を 落とすために

  切り倒した 桜の枝を 数本 家に持ち帰り

  ストーブの横の バケツに入れた

  何日かすると 蕾みが 淡い緑色に ふくらんだ

  外の 蕾みは まだまだ 固いのに

  私は ふくらんだ 蕾みの枝を 花瓶に入れ

  病院に 入院している 妹の枕元に 置いた

  余命 幾ばくも無い 妹の枕元に

  数日後 桜の花が 幾つか 咲いた

  可憐な 可憐な 桜の花が

  小さな 掛け替えの無い 喜びと共に


  ~~~ 

『ポエム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 暗黒の | トップ | 二月も »

日記」カテゴリの最新記事