AZヘッドホンタワー

耳を澄まし、クリアの音を聞き、感動して涙がこぼれた
ヘッドホンレビュー、電子製品評価等

ビクター HP-RX700/900ヘッドホンレビュー

2011年11月25日 | ヘッドホン、音響関連
ビクター HP-RX700/900 レビュー

この前は一度、吉祥寺のヨドバシカメラでHP-RX700を聞きましたが
その時はHP-RX700の音をびっくりした
その時の感想では、パッと聞くとATH-AD1000と大体同じ音がした
「これは素晴らしい」と言わざるを得ない音質とCPです
因みに、ATH-AD1000は実売26000円(amazon価額)の高価ヘッドフォン(多分)
HP-RX700は3700円の手頃価額のヘッドフォンだった
自分はATHヘッドフォンファンとも言える者として、機会があれば徹底的にビクターの底力を試したいと思い、やがて今度こそレビュー、購入ができました。


DSC03828.JPG

DSC03830.JPG

DSC03831.JPG

DSC03835.JPG

DSC03836.JPG

DSC03837.JPG

DSC03838.JPG

DSC03840.JPG

DSC03841.JPG

DSC03850.JPG

今度はヨドバシアキバで時間かけてじっくり聞きました
要は、ヨドバシアキバの4F AVフロアは今度格段に静かになった
多分試聴環境への配慮もあって、この前吉祥寺の時は結構うるさかった
静かな環境でないとヘッドフォンの繊細さは全然分からなくなるので、この辺を配慮してくれる電気屋さんがいて本当に助かりました。
元々今回は家内用のヘッドフォンとして購入しようですが、まさか自分趣味の感覚で選んでしまったwww

結論から言うと、HP-RX700が素晴らしかったです
音の質としてHP-RX900をスッパリ抜きました
だが今回購入したのはHP-RX900になった、はやり自分のヘッドフォンでもないので家内の趣味(聞く音楽の種類)と選びを尊重しなければならないで、ある意味の妥協ですね

それでは本題に入ります

ビクターHP RX-700
感想
全体的にすごくATH-AD1000に似ている、高音は澄みわたる音が出してくれて
低音も質の良く出していた。分解能、音場感、原音忠実性は中の上のもの、分解能はじっくり聞くとATH-AD1000に及ばないがこの価格帯としてはトップレベルと言えるでしょう(自分の感覚ではATH-A900相当)。
特筆すべきのは高音の感染力、女声ヴォーカルでは、艶っぽさあり明瞭の声でした。この辺はかなりAD1000と同じ走向と感じた。ちなみにサ行は刺さなくて良いです
家内のコメントでは、このヘッドフォンは「清めな」音がしたそうです

低音の音質:★★★★
中音の音質:★★★
高音の音質:★★★★
音場の広さ:★★★
ヴォーカルの表現力:★★★★
評価点数:9.3

ビクターHP RX-900
感想
デザイン的にはRX-700より優れている(金属製の反射板を使った)RX-700よりちょっと低域寄り、中高音はかなりRX-700と似いている。しかし増幅した低音はやや篭り感があり伝統的な密閉式ヘッドフォンの音がする。音場はやや狭い、音の走向はドンシャリですが単体は多分RX-700と同一のもので高音の質はよく、サ行も刺さなくて澄み渡った高音がした。

低域寄りのRX-900は篭り感があってAD1000と似ていないが、AD2000との感覚も違っている。RX-700は高級ヘッドフォンと匹敵できるものだとすれば、RX-900は質の良くない低域を加わったせいでそこそこCPのいい密閉式ヘッドフォンになってしまった。この辺DAPのEQを弄って改善しようとしたがなかなかいいバランスがとれなかった。

俺の感想的に全体的にATH-A900より劣るになってしまうですが(勿論のことですが何故かちょっとガッカリ)。家内がこのヘッドフォンを選んだ理由は多分長く使っていたMDR-EX85の音と似ていったかもしれない

低音の音質:★★
中音の音質:★★★
高音の音質:★★★★
音場の広さ:★★
ヴォーカルの表現力:★★★★
評価点数:8.3


JVCケンウッド ビクター オーディオ用(インドア)ヘッドホン HP-RX700


JVCケンウッド ビクター オーディオ用(インドア)ヘッドホン HP-RX900
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 河口湖オルゴールの森美術館 | トップ | 東京ディズニーシー散歩 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL