AZヘッドホンタワー

耳を澄まし、クリアの音を聞き、感動して涙がこぼれた
ヘッドホンレビュー、電子製品評価等

[写真あり]オーディオの新しいDAC付きヘッドホンアンプ

2013年08月10日 | ヘッドホン、音響関連


その名は、AT-HA5050Hとなる

情報ソースは、オーディオテクニカ香港の公式サイト
ここ

多分これは噂のAT-HA7000BTLの市販原型機になるでしょう
パネルから見ると
DSD64/128, PCMなら384/352/192/172/96/88全部サポート(すげぇ)
入力はUSB、コアキシャルとバランス入力
出力は4つ出力抵抗ごとになんと8個の標準ジャックもある(0Ω 33Ω 82Ω 120Ω)
A/Bという表記はあるがLeft/Rightがない、多分バランス出力は添われていないと思います

では情報はここまで
新しいWシリーズのフラッグシップヘッドホンの登場も期待している
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポタ研2013夏実況(写真だけ、... | トップ | ソニーの逆襲、コスパ王者「M... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (AD10000)
2013-08-23 22:58:17
一体おいくら万円なのでしょう、恐ろしいですね。

先日AD500Xを視聴しました。
開放型の中では入門機なのですが、なんとAD1000そっくり、高音域の解像度を除けば同じといっても良いほどの、低音高音を適度に抑え、ヴォーカルが際立つ優しい音でした。
イヤーパッドの形状が浅めで、ユニットからの距離感がAD1000に似ていたので、この形状がミソでは?と思います。

しかし上位の700X、そして後継の1000Xはシャリシャリでとても聴けた音ではありませんでした、非常に残念です。
900X、2000Xは置いていなかったので未聴です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ソニーのヘッドホンアンプ・TA-ZH1ESの最安値はこちら! (人気家電の【最安値】はこちら!ネット通販での価格を徹底比較)
ソニーの据え置き型ヘッドホンアンプ・TA-ZH1ESの最安値はこちら! 実際に使っている方のレビューを見てみると、「端子部に円形のキャップをつけてほしかった」というマイナス評価も......