* naturally *

甘い物大好き母さんの気まぐれつれづれ雑記。

タオルごわごわ問題。

2017-03-13 | 日記
 こんにちは。
 なんだか妙に寒くて、思わず午後からエアコンを点けてしまった私です
 普段はリビングの床暖(それも触るとほんのり暖かい程度)ぐらいしかつけてないのに。
 手がすーごい冷たくて、全然温かくならなかったんですよねー
 今日ってそんなに寒かった??
 …って言うか、もう3月も半ばなのに…。
 また寒波(?)が来て、雪降るかもとかニュースで言ってるし。
 もうちょっと暖かくなってもいいんじゃないかしら…


 我が家の洗濯機は、ドラム式
 結婚する時に買いそろえたもので、そこまで深く考えずに取りあえず買いました。
 実家のは縦型だから同じ縦型がいいな~と思ったんだけど、なんか色々あってドラム型の方が好都合だったような…。
 もう忘れちゃったや

 特にこだわりもないし、むしろ乾燥機能もついてるなら便利でいいじゃん!…と思ってたんだけど…。
 使ってみて、ひとつだけ気になる事が。
 タオルの劣化が、激しい
 なんだかタオル類がやたら硬いと言うか、ゴワゴワしてると言うか、なーんかあんまり気持ちよくないのですよね
 買った時は柔らかいんだけど、何回か洗ってるといつの間にかゴワついてきちゃって
 洗濯すれば生地が傷むのは当然だし、ほぼ毎日洗ってると傷むの早いんだな~とか思ってたんですけど。
 ふと考えてみると、実家で使ってるタオルは硬いとかゴワゴワしてるとか思ったことがない。
 いつも柔らかいし、別に買い換えてるわけでもなくていつも一緒。
 それなのに、どうして??
 と、不思議に思っていたのですが……。

 ドラム型洗濯機って、タオル類を洗うには向かないらしいですね!!

 あれはドラムを回転させて、洗濯物を上へ持って行っては下へ落とす勢いで汚れを落とす…いわゆる『叩き洗い方式』なんだそうです。
 (ちなみに縦型洗濯機は、水流の渦を発生させて、その流れる力で汚れを落とす方式)
 従来の縦型洗濯機よりも少ない水で洗うことが出来るのでエコで経済的ではあるけど、汚れを落とす力は若干劣るとか
 しかも、洗濯物をバシバシ叩きつけて洗うものだから、繊維が潰れまくるらしくて
 つまり、無数の繊維ループから出来ているふんわりタオルは、そのループがことごとく潰されまくってぺったんこになってしまうと言う…
 だからうちのタオルはどれもこれもあっと言う間にゴワゴワになっちゃってたのかー!!
 ドラム式洗濯機を使い始めて約7年にもなるのに、初めて知ったわ……
 もっと早く調べればよかった!!

 なんでもドラム式洗濯機は、基本的には洗濯~乾燥まで全て行うこと前提で考えられているそうで、もちろんタオルだってきちんと乾燥までやればふわふわになります。
 でも、毎日やると電気代もバカにならないし、出来ることならお日様の力で乾かしたい
 時間もかかるしねー…
 で、せめてもの妥協策として、
 『脱水後に少しだけ乾燥する』
 と言う手があるとか。
 洗濯&脱水でペッタンコになった繊維が、ほんの20~30分程度乾燥させるだけでも大分起き上がるそうです
 (機種によっては『やわらかタオル仕上げモード』のような機能を搭載してることもあるらしい)
 …取りあえず、その手を使ってみるかなー。
 タオルはやっぱり柔らかい方が嬉しいよね
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱり女子だね。 | TOP | それはキミのおててです。 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日記

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。