お気楽ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

斎藤 繁著 「病気に負けない健康登山」(山と渓谷社)

2017-03-28 20:09:03 | 読書

長野市立図書館の棚を見ていたら、登山・ハイキング関連で面白そうな本があったので、借りてきました。副題の「ドクターが勧める賢い登山術」という内容が気になったからです。 

   

著者の斎藤 繁さんは、1961年群馬県生まれで、群馬大学大学院麻酔神経科学分野教授・医師で、専門は手術麻酔、ペインクリニック、集中治療医学、高気圧酸素療法など。1992年日本ヒマラヤ協会クラウン峰登山隊に参加するなど国内外で登山活動を続けるとともに、山岳地帯での救命救急技術に関する臨床研究などを行っている方です。

非常に説得力のある内容で、特に中高年初心者には、参考になる本です。目次と小見出しの抜粋を記しておきます。

(目次と小見出し抜粋)

1 健康によい山登りとは

 健康と登山の関係、健康登山のためのアドバイス、単独行は絶対ダメか

2 遭難例に学ぶ健康登山の鍵

 山岳遭難の傾向、登山中に持病が悪化、下りで転倒し骨折

3 山登りの1日 健康管理のポイント

 山登りの準備、体調チェックの目安、朝起きてからのギアチェンジ、体にやさしい下り方、下山後の体のメンテナンス

4 備えておきたい山での不調

 熱中症は早期の対応が肝心、高所という環境

5 持病のある人の登山

 登山で生活習慣病を予防、肥満対策は食生活改善とセットで、体からのメッセージに耳を傾けよう

(参考になりそうな個所の例)

第3章の朝起きてからのギアチェンジでは、『準備体操も欠かせない重要事項だ。運動前のストレッチングによって、心肺機能が運動待機状態になり、筋肉の循環も高まる。また、筋肉や健の柔軟性が高まり、スポーツ外傷の予防としても欠かせない。』とあります。準備体操は軽視しがちですが、「心肺機能が運動待機状態になる」など、その効用や必要性が具体的に説かれていて、重要性がよく理解できます。

同じく第3章の体にやさしい下り方の部分も目から鱗でした。『関節を長持ちさせるためにも、ソフトな着地を心かけることがポイントだ。』として、歩幅を小さくして一回一回の衝撃を小さくする、予防的に最初から杖やストックを使用する、下りの際にも十分な筋力が温存されるようなプランを考える、といった対策例を挙げています。僕は、下りが苦手なので、ここは役立ちます。

(まとめ)

第5章の登山で生活習慣病を予防では、『ウィークデーは町内で毎日2~4キロの散歩、週末は郊外の山で5時間程度のハイキング、といったパターンが生活習慣病予防の観点からは理想的である』と記し、近郊低山ハイキングも奨めています。手軽なコースで体力強化を心掛けることで、健康増進が図れるし、本格的山登りにも余裕をもって取り組めるようになるとあります。近郊低山ハイキングの奨めは、低山=里山を主に登っている僕には嬉しい記述でした。

読んでいるうちに、山へ出かけたくなりました。日常の歩行時間の延長や階段の昇降回数を増やすなど、春から夏にかけての山登りに備えていきたいと考えています。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大町温泉郷「薬師の湯」、「宮の森自然園」と「鹿島橋からの北アルプス」。(3月25日 長野県大町市)

2017-03-27 19:50:48 | お出かけ・その他

先週末の25日(土)の朝、前夜から降った雪が屋根に積もって白くなっていました。朝の気温も低く、今年は春が来るのが遅いような気がします。当日、長野市から安曇野市に行くのに、温泉で暖まろうと、大町市経由にして、大町温泉郷の日帰り温泉「薬師の湯」に寄りました。また、営業開始時間(冬は午前10時)より大分早く着いたので、散策もしてみました。

【薬師の湯】

住所:長野県大町市平2811-41
電話:0261-23-2384
ホームページ:yakushino-yu

泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性中性高温泉)
泉温:摂氏62.8℃(源泉)

 

大町温泉郷の入り口。大町温泉郷のお湯は、葛温泉から引いてきています。

 

大町温泉郷の横を通り、黒部ダムに通じる道路。

 

温泉郷入り口を少し行くと左手に薬師の湯の看板が見えます。

 

10台ほどの車が停まっていました。駐車場は広いです。

 

 

薬師の湯の玄関。

 

ロビー。右手には畳敷きの広い休憩室や食堂があります。お風呂の写真は撮らなかったので、ホームページをご覧ください。

【宮の森自然園】

 

温泉郷ウォーキングコースが設定されています。温泉郷と道路を挟んで南側になります。

 

 

人家や田んぼがある横を歩いて行きます。

 

 

宮の森自然園に到着。

 

 

ザゼンソウ。まだ、水芭蕉には早いようで、全く見かけませんでした。

 

 

散策しやすいように整備されてます。

 

園内を流れている小川。それほど広い自然園ではありませんが、散歩するのによいです。

 

鹿島川の土手を通ってウォーキングコースが続いています。

【鹿島橋からの眺望】

 

市街から行くと、大町温泉郷の手前に鹿島橋があります。真ん中あたりに展望できるように歩道が広くなっている場所があります。そこからの展望です。

 

 

鹿島槍ヶ岳。雲がかかってしまい、もう一つです。

 

爺が岳

 

鳴沢岳

 

左から鳴沢岳、右に岩小屋沢岳

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リー・モーガン HERE'S LEE MORGAN

2017-03-26 10:17:58 | トランペット・トロンボーン

先週の日曜日に、安曇野市の自宅から近い、「湯の華銭湯 瑞祥」(松本市)に行きました。安曇野市の日帰り温泉に行こうと思ったのですが、連休でどこも混んでいそうなので、規模の大きな瑞祥にしました。銭湯ではありますが、本店が上山田温泉にあって、そこから温泉を運んできているので、一応温泉でもあります。湯の華銭湯(ゆのはなせんとう)というネーミングが面白いです。華のあるトランぺッターを聴いてみます。

LEE MORGAN (リー・モーガン)
HERE'S LEE MORGAN (VEE JAY 1960年録音)

   

華のある、かっこいいミュージシャンは、何人か思い浮かべますが、なんといっても、リー・モーガンです。演奏はもちろんですが、演奏姿や服装も決まっていて、歴代のジャズジャイアントの中でも目立ちます。このアルバムは、内容の良さはもちろん、ジャケットのスーツ姿もかっこよく、定盤だけにお持ちの方が多いと思います。

ハードバップ好きには堪らないメンバーです。リー・モーガン(tp)、クリフ・ジョーダン(ts)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、アート・ブレイキー(ds)。ケリー、チェンバース、ブレイキーというリズム隊のサウンドが素晴らしく、各人のソロとともに、ドラムスやベースのプレイも気になります。

曲目は、リー・モーガンのオリジナルが3曲4トラックで、「Terrible "T"」、「Terrible "T"」(Alternative Take)、「Morgie」、「Bess」、ウェイン・ショーター作「Runnning Brook」、ミルト・ジャクソン作「Off Spring」、それにスタンダードの「I'm A Fool to Want You」、「I'm A Fool to Want You」(Alternative Take」で、全6曲8トラック。日本盤レコードの収録曲です。オリジナルが多いですが、魅力的なものばかりです。

絶頂期のリー・モーガンとウィントン・ケリーの演奏の素晴らしさに浸れるアルバム。「Terrible "T"」では、輝かしい音色で派手な3連符のフレーズを吹くモーガン(tp)に加え、クリフ・ジョーダン(ts)もブルージーなソロをとっています。ブレイキー(ds)のブラシに乗り、絶妙なアドリブを繰り広げるケリー(p)のソロが素晴らしい「Bess」、モーガンがミュートで切々と旋律を綴っているバラード「I'm A Fool to Want You」と、これぞモダンジャズという演奏ばかりです。

【湯の華銭湯 瑞祥(松本館)】

住所:長野県松本市渚1-7-1 なぎさライフサイト内
電話:0263-29-2686
ホームページ:瑞祥 松本館

 

入り口。以下スマホによる撮影です。

 

ロビーから食堂を見たところ。館内はお風呂、露天風呂、その他施設など広いです。

 

飲食店やスーパー、電気店など商業施設が集まった「なぎさライフサイト」内にあります。瑞祥の隣はスターバックスコーヒーなので、湯上りにスタバのコーヒーを飲みました。駐車場も広く、使い勝手のよい施設です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

麓庵 かつ玄 (トンカツ 長野県松本市)

2017-03-24 20:17:06 | グルメ

松本城の近くにあるトンカツのお店「かつ玄」は、古くからある人気店です。その「かつ玄」の姉妹店が松本市島内の国道19号線沿いにあります。「麓庵 かつ玄」(ふもとあん かつげん)という名前で、古民家を改修して店舗としています。

安曇野市に比較的近いので、今まで何回か入っていますが、なかなか美味しいです。本店と比べて、こちらの方はお店が広いので、多めの人数で行っても大丈夫で、駐車場もあります。人気があるので、週末は30分ほど待つことも珍しくありません。

 

国道19号線沿いに建つ看板。

 

駐車場からお店の建物。駐車場は結構広いですが、満車の時もあります。

 

お店の西側を通って、玄関へ。

 

 

玄関前の庭

 

手前に土間があって、そこが順番待ちのスペースになっています。

 

漬物。一番左は、カリンです。薄く切ってあり、固くなくて、ついたくさんいただきました。

 

カリンの漬物のアップ。砂糖漬けですね。

 

本日はヒレカツにしました。ソースは使わずに、岩塩とからしだけで食べました。

 

 

米もいいものを使っています。

 

 

さくらのゼリー。

【麓庵 かつ玄】

住所:長野県松本市島内7717
電話:0263−33-1129
ホームページ:Katugen Fumoto

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大友直人指揮 群馬交響楽団演奏会 (3月18日 群馬県高崎市)

2017-03-23 20:02:07 | 演奏会・ライブ

3月18日(土)、群馬交響楽団の第526回定期演奏会を聴きに群馬音楽センター(高崎市)へ行ってきました。今回は、ラフマニノフの交響曲第2番がプログラムにあるので、それがお目当てです。オーケストラのほぼ正面のよい席をとることができたので、管弦楽の響きに期待して出かけました。 

   

(出 演)

指 揮:大友直人(群響音楽監督) 
ピアノ:萩原麻未
管弦楽:群馬交響楽団

(曲 目)

千住明/ オペラ《 滝の白糸》 序曲
チャイコフスキー/ ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
ラフマニノフ/ 交響曲 第2番 ホ短調 作品27
萩原麻未アンコール曲:J.S.バッハ(ラフマニノフ編曲) /  無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ第3番からガヴォット

(感 想)

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番が素晴らしくて、それに尽きる演奏会でした。ソリストの萩原麻未さんの音色が多彩なことに加え、前に進むリズムが気持ちよく、惚れ惚れするような演奏でした。第1楽章の出だしがどっしりとしていたのにまず好感が持て、第2楽章では存分に歌い、第3楽章では燃え上がるようで、全体のコントラストも鮮やかでした。

アンコールで、萩原さんが弾いたラフマニノフ編曲のバッハ作曲ガヴォットも優雅な演奏でした。もちろん初めて萩原さんの演奏を聴いたわけですが、実に注目すべきピアニストです。千住明さんのオペラ《 滝の白糸》 序曲は、映画音楽やテレビドラマの音楽のようで、親しみやすいものでした。中間部はテンポが速くなって、トロンボーン3本による吹奏があるのですが、ちょっとジャズのビッグバンド風で気に入りました。

後半はラフマニノフの交響曲第2番です。第3楽章が有名ですが、第2楽章のかっこよさに惹かれているので、第2楽章冒頭のホルンの音を実際に聴くことができ満足しました。ただ、今日一日の疲れが出たのか、第4楽章あたりになると集中力が途切れ、実際にはあまり聴いていなかったきらいがあり、今日は朝からあちこち車で動き過ぎたと反省しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加