安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

アート・ファーマー WHAT HAPPENS?

2017-05-28 10:01:30 | トランペット・トロンボーン

原田マハ著「キネマの神様」(文春文庫)を読みました。著者の映画と映画館に対する思いが詰まっている面白い小説でした。話は全くフィクションなのですが、映画や俳優の名前、実在する映画館などが登場して、映画に関する深い知識に裏打ちされていました。原田マハという作家は、引き出しが多く、その分野に精通しているので、細部にも説得力があります。映画音楽をタイトルにしたアルバム。

ART FARMER (アート・ファーマー)
WHAT HAPPENS? (Campi 1968年録音)

   

アート・ファーマーとフィル・ウッズ・グループが、集合してスタジオ・セッションを行い、それを録音したというアルバム。ラフな打ち合わせしかしていないと推測されますが、実力ミュージシャンが揃っているので、内容は飛びきりです。昨年発売された日本盤のCDを聴いていますが、レコードから音をおこしてあるようなので、日本盤でもいいのでレコードで聴きたいところです。

メンバーは、アート・ファーマー(フリューゲルホーン)、フィル・ウッズ(as)、マーシャル・ソラール(p)、アンリ・テキシュ(b)、ダニエル・ユメール(ds)。ファーマーとウッズは、それぞれ1968年にヨーロッパに渡っていて、ファーマーが渡欧した直後の録音です。ウッズは、ヨーロピアン・リズムマシーンを結成し、活躍を始めたところです。

曲は映画音楽、ジャズ・スタンダードです。ミシェル・ルグラン作「Watch What Happens」、ビリー・ストレイホーン作「Chelsea Bridge」、ケニー・ドーハム作「Blue Bossa」、ジジ・グライス作「Blue Lights」、トム・マッキントッシュ作「The Day After」、ジェリー・ボック作「Sunrise Sunset」(サンライズ・サンセット)の6曲。「Watch What Happens」は、ミュージカル映画「シェルブールの雨傘」中の曲です。

アート・ファーマーとフィル・ウッズの二人がリーダーといった録音ですが、すさまじいのはフィル・ウッズ(as)で、スピードに乗った即興演奏を繰り広げています。早いテンポの「Watch What Happes」や「Sunrise Sunset」においてウッズは本領を発揮していて、次から次へと目くるめくようなフレーズの洪水を聴くことができます。バラード「Chelsea Bridge」は、ウッズのフューチャーナンバーで、途中アップテンポになるのがスリリング。ファーマーも「Watch What Happens」などで暖かな音色でメロディアスなプレイぶりです。

【原田マハ著「キネマの神様」(文春文庫)】

   

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

勝味庵本店 (とんかつ、イワシ料理 長野県茅野市)

2017-05-26 20:10:11 | グルメ

諏訪市に出かけたので、昼食を諏訪インターチェンジからすぐの、「勝味庵本店」(かつみあんほんてん)で食べました。諏訪地方では有名なお店で、とんかつ主体にイワシ料理や各種魚の刺身などもあって、宴会などにも使えます。

開店とほぼ同時に入店しましたが、次から次へとお客様がやってきました。初めてなので、「勝味庵定食」を注文しましたが、柔らかなカツと新鮮なイワシの刺身を堪能できました。八ヶ岳登山や蓼科観光の帰りなどに立ち寄るのもよさそうです。

看板。国道沿いにあります。

開店前なのに車が駐車していました。

店内。厨房が見えます。

ファミリー向け、一人用の席などがバランスよく配置されています。二階にも席があります。

ゴマが最初にくるので、ゴマをすりながら、料理がくるのを待ちます。

従業員の方に教えてもらったのですが、擦ったゴマの上にトンカツ用ソースをかけて、それにトンカツをつけるのだそうです。今まで、ソースはソース、ゴマはゴマで別々につけるなどしていました。

勝味庵定食。ご飯とみそ汁(しじみ貝)はおかわり自由です。

イワシのお刺身。

海老フライと一口かつ。よい評判も納得の美味しさで、お肉は中高年齢者にも優しい柔らかさでした。

食が進み、奨められるまま、ご飯とみそ汁もおかわりしました。

【勝味庵本店】

住所:長野県 茅野市宮川1388-10
電話:0266-71-1777
ホームページ:katumian.com

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンドレア・モティス EMOTIONAL DANCE

2017-05-25 20:03:32 | ヴォーカル(A~D)

先日、長野駅前で午後6時30分開始という飲会がありましたが、開始まで1時間ほど待ち時間があったので、久しぶりに南千歳公園の横にある喫茶店「幸」(ゆき)に入りました。紅茶を主体にした長野では珍しいお店です。窓からは公園の景色が見渡せ、レトロな店内はのんびりとした時間が過ぎていくようでした。聴いているとほのぼのとして幸せな気分になれるようなアルバムです。

ANDREA MOTIS (アンドレア・モティス)
EMOTIONAL DANCE (impulse 2016年録音)

   

アンドレア・モティス(vo, tp)のアルバムが、初めてインパルスレーベルから出されました。彼女は、1995年スペインのバルセロナ生まれで、14歳の時にアルバムデビューを果たしていますが、拙ブログでは、スコット・ハミルトンと共演した「Live at Jamboree」を取り上げたことがあります。今回、新作が出たので、購入して聴いてみました。

メンバーは、アンドレア・モティス(vo,tp)、ジョアン・チャモロ(b,ts,vo)、イグナシ・テラザ(p)、ジョセップ・トレイバー(g)、エスティーヴィ・ピィ(ds)に、曲によりペリコ・サンビート(ss.as)、ジョエル・フレーム(ts)、ウォーレン・ウルフ(vib)、ギル・ゴールドスタイン(acc)などが参加していて、スペイン、アメリカのミュージシャンが動員されています。

曲は、スタンダード、ボサノヴァ、モティスの自作3曲など15曲。「He's Funny That Away」、「I Don't Tell Them Why」、「Matilda」、「Dhega de Saudade」(想いあふれて)、「If You Give Them More Than You Can」、「Never Will I Mary」、「Emotional Dance」、「You'd Be So Nice To Come Home To」、「La Gavina」、「Baby Girl」、「Save The Orangutan」、「I Remember You」、「Senor Blues」、「Louisiana O Els Camps De Coto」、「Carinhoso」(日本盤のみ収録)。自作曲や珍しい曲が多く、カタルーニャ語でも歌っているので、ライナーノートに歌詞とその日本語訳が載っている日本盤CDを購入しました。

アンドレア・モティスが、歌にトランペットにと、その魅力を発揮したアルバム。「He's Funny That Away」や「Never Will I Mary」といったスタンダードを聴くと、ビヴァリー・ケニーが想起され、可憐さや初々しさがあります。哀愁が漂うボサノヴァの「Dhega de Saudade」や「Emotional Dance」、ギター伴奏で歌われる「Carinhoso」など選曲も多彩です。また、彼女のトランペットは、スイートな音色でウェストコースト風でもあり、ほのぼのとして暖かな音楽が聴けます。イグナシ・テラザ(p)など共演陣もツボを得た演奏ぶりで、彼女を盛り立てています。

【アンドレア・モティス・ホームページ】

ホームページ:andreamotis.com (英語版)

アルバム紹介やスペインやイギリスで公演を重ねている様子がわかります。彼女は4月下旬に、東京のブルーノートへ出演しました。

【喫茶店 幸(ゆき)】

この建物の2階が、喫茶店「幸」です。

店内

窓からは南千歳公園が見えます。

レモンティーを注文。

南千歳公園。

通称「鳩ポッポ公園」。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虫倉山登山(標高1,378m 長野市中条)(3)【やきもち家、イワカガミ・ヤマシャクヤクなど花】

2017-05-24 20:03:34 | 登山・ハイキング

虫倉山登山の続きです。行程を再掲します。

【行 程】

(登山口まで) 長野市自宅 7:00 ~ 不動滝登山口駐車場 8:05 (途中、コンビニで買物)

(登山上り)  不動滝見学 8:15ー8:20 ~ 不動滝登山口発 8:23 ~ 金倉沢 8:58 ~ 天神城コース出合い9:07 ~ 空平あずま屋 9:16ー9:22(展望タイム) ~ 虫倉山頂 9:46ー 10:35 (おやつ休憩)

(登山下り)  虫倉山山頂 10:36 ~ 虫倉神社奥の院 11:35 ~ 不動滝登山口駐車場 11:55 

(温泉、帰宅) 駐車場発 12:05 ~ やきもち家(入浴、蕎麦) 12:25ー13:45 ~ 安曇野市自宅 15:00

 【やきもち家】

住所:長野県長野市中条日下野5286
電話:026-267-2641
ホームページ:yakimochiya.jp

宿泊施設、食堂、温泉が揃っています。

廊下伝いに温泉に行けます。温泉は僕ら二人の貸切で、露天風呂もありゆっくりできました。源泉は、梅木鉱泉という名前で、おやき家ができる前には、梅木鉱泉保養センターがありました。

昔の民家を移築した施設で、囲炉裏があります。畳の部屋で食事にしました。

蕎麦。柔らかめで、どなたにも食べやすい。本来この施設は、「灰焼きおやき」や「ぶっこみ」(煮込みうどんの一種)がメインですが、手打ち蕎麦もあります。

天麩羅。コシアブラ、タラの芽といった山菜に、エビも2本のって豪華でした。

【出会った花】

たくさんの花を見ることができました。特に、ヤマシャクヤクの花は出会うこと自体が難しいので、今日は幸運でした。イワカガミノの群落にも感激。

ヤマブキ

ヒトリシズカ群落

ヒトリシズカ

チゴユリ

ラショウモンカズラ群落。あちこちにありました。

ラショウモンカズラ

スミレ。登山道沿いにあちこちに咲いていて目を楽しませてくれました。

フデリンドウ

山頂近くにありました。

ツツジ。ところどころに咲いていました。

イワカガミ群落

イワカガミ

ヤマシャクヤク(開花前のものです)。

ヤマシャクヤク。

ムラサキケマン

ヤマワサビ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

虫倉山登山(標高1,378m 長野市中条)(2)【復路(さるすべりコース)、北ア・戸隠連峰展望】

2017-05-23 20:07:51 | 登山・ハイキング

虫倉山登山の続きです。行程を再掲します。

【行 程】

(登山口まで) 長野市自宅 7:00 ~ 不動滝登山口駐車場 8:05 (途中、コンビニで買物)

(登山上り)  不動滝見学 8:15ー8:20 ~ 不動滝登山口発 8:23 ~ 金倉沢 8:58 ~ 天神城コース出合い9:07 ~ 空平あずま屋 9:16ー9:22(展望タイム) ~ 虫倉山頂 9:46ー 10:35 (おやつ休憩)

(登山下り)  虫倉山山頂 10:36 ~ 虫倉神社奥の院 11:35 ~ 不動滝登山口駐車場 11:55 

(温泉、帰宅) 駐車場発 12:05 ~ やきもち家(入浴、蕎麦) 12:25ー13:45 ~ 安曇野市自宅 15:00

【復路(さるすべりコース)下山】 

「一服むしくら」でおやつ休憩したあと、山頂に戻ったら登ってきた人でいっぱいでした。長野県の人が多いとは思いますが、この山は人気があるようです。

山頂からは「さるすべりコース」で下ります。

尾根道を下りていきます。

左右はそう広くありません。進行左手は崖です。

急なところにはクサリが設置されていますが、新しいもので信頼がおけるものでした。

クサリは滑り止めとしても設置されているようです。登山道は、砂礫状のところもあり、滑らないように注意しました。

しばらく進むと緩やかになりました。

新緑に太陽の光が当たって、黄金色に輝く光景にしばし見とれました。

虫倉神社奥の院手前に最後のくさり場がありました。岩の高さは4~5mだと思いますが、Wさんのアドバイスにより、すんなり通過。上から撮っていますが、鎖が見えなくなる真ん中あたりから崖です。

虫倉神社奥の院後方の岩。下からの写真です。

虫倉神社奥の院。お参りしました。

不動滝コースと虫倉神社の分岐。右に折れて不動滝の駐車場を目指します。

沢が崩壊したらしく、岩のすぐ横を道が通っていました。安全のために鎖も設置されています。

崩落したところには、木道が作られていました。ここを通過するとすぐに不動滝コース登山口の駐車場です。

  【空平あずまやからの北アルプス展望】

空平あずまやからの北アルプス。

多分、鹿島槍ヶ岳。

五竜岳。

唐松岳、不帰の嶮。

白馬三山。(左から、白馬遣ヶ岳、杓子岳、白馬岳)

左に白馬岳。

白馬遣ヶ岳と杓子岳。

【虫倉山山頂から戸隠連峰】

戸隠連山、右に高妻山。

左端に乙妻山、右に白く見えるのは妙高山でしょうか?

高妻山、乙妻山の拡大。

戸隠拡大。

【虫倉山山頂から北アルプス】

真ん中くらいに蓮華岳、右端に爺ヶ岳。

白馬三山から連なる北アルプスの山。

唐松岳、不帰の嶮。

鹿島槍ヶ岳。

 

真ん中に五竜岳。

爺ヶ岳

【虫倉山山頂から東南方面】

(3)へ続く。(3)では、立ち寄った温泉と出会った花について記します。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加