安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

甲武信ケ岳登山(標高2,475m 川上村)(2)【千曲川水源~山頂】

2017-06-30 20:14:24 | 登山・ハイキング

甲武信ヶ岳登山の続き(2)です。行程(関連部分)を記します。千曲川水源から山頂を目指します。

 【行 程】

(登山上り) 毛木平登山口発 6:40 ~ 大山祇神社 7:02 ~ 滑滝 8:16ー8:27(休憩)~ 千曲川水源標柱 9:19ー9:40(休憩) ~ 尾根分岐 9:57 ~ 山頂 10:18ー11:29(昼食休憩)

(登山下り) 山頂発 11:30 ~ 尾根分岐 11:49 ~千曲川水源標柱 12:04ー12:11(休憩) ~ 滑滝 13:08ー13:20(休憩) ~ 大山祇神社 14:25 ~ 毛木平登山口 14:46

【千曲川水源から山頂まで】

水源の標柱から左下に見える沢のところが源流となっているので、下りていきました。

コップが備え付けてあります。湧き出していました。無味無臭のピュアな水でした。

Aさんの記憶によると、数年前は、少し上の木の根っこから湧出していたとのことです。

おやつ。豆大福を食べましたが、前に比べて小さくなったような気がしました。

多くの人でにぎわっています。ゆっくりしたので、僕らも山頂目指して出発します。

ここから尾根(稜線)まで急な上りですが、長くはありません。

この標識のあるところに出ます。国師ヶ岳との分岐です。左に折れて、尾根上を進みます。

気持ちのよい道です。

登山道から少し右に出ると山頂が見えました。

山頂拡大。

少し傾斜がきつくなります。

山頂手前は、岩が出ていますが、道がはっきりしていて、スムーズに登れます。

イワカガミがありました。

標識。行き交うルート上にあたります。

山頂に到着。

【山頂および山頂近くからの眺望】

真ん中に金峰山、やや左に朝日岳。

真ん中後ろの左に国師ヶ岳、真ん中あたりに金峰山、右に小川山。その右端奥には八ヶ岳があるようです。

右端に、国師ヶ岳。

三宝山方面拡大。面白い岩が見えました。

甲武信小屋方面に少し進み、昼食休憩。

シャクナゲの木があります。

この右側あたりで休むことにしました。

正面には木賊山。

Aさんが持ってきてくれたコンロでお湯を沸かしてコーヒータイム。風が結構ありました。

冷めにくい金属製のよいコーヒーカップがほしくなりました。山で飲む食後のコーヒーは格別です。

南の方向。富士山が見えるはずなのですが、本日は無理そうです。

梅雨だから仕方ないと思っていたら、富士山が雲の間からひょっこり顔を出してくれました。乾徳山の上の方向です。カメラがよければもっとよく写ると思います。

せっかくなので少し加工してみました。

昼食休憩場所から、山頂に戻り、下山します。青空が出ていると明るく見えます。

 山頂には、このあとも各登山口から続々と上ってきていました。

(3)へ続きます。(3)では、下山の様子と立ち寄った温泉、蕎麦屋について記します。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

甲武信ヶ岳登山(標高2,475m)(1)【川上村毛木平登山口~千曲川水源】

2017-06-29 20:03:03 | 登山・ハイキング

6月24日(土)にAさんと二人で、長野県南佐久郡川上村の毛木平から甲武信ヶ岳(こぶしがたけ。川上村、山梨県山梨市、埼玉県秩父市の三県にまたがる山)に登りました。往復ともに同じコースでしたが、初めて千曲川の水源を見ることができ、感激しました。梅雨の時期ですが、天候にも恵まれ、幸運でした

歩行時間は、上り3時間5分、下り2時間56分で、合計約6時間でした。深田久弥さんの選んだ日本百名山の一つでもあり、多くの登山者が上っていました。休憩時間をたっぷりとり、温泉、蕎麦も合わせ、久しぶりに終日登山三昧でした。

 【行 程】 

(登山口まで) 佐久市出発 5:00 ~ 毛木平駐車場着 6:20(途中コンビニで買い物)

(登山上り) 毛木平登山口発 6:40 ~ 大山祇神社 7:02 ~ 滑滝 8:16ー8:27(休憩)~ 千曲川水源標柱 9:19ー9:40(休憩) ~ 尾根分岐 9:57 ~ 山頂 10:18ー11:29(昼食休憩)

(登山下り) 山頂発 11:30 ~ 尾根分岐 11:49 ~千曲川水源標柱 12:04ー12:11(休憩) ~ 滑滝 13:08ー13:20(休憩) ~ 大山祇神社 14:25 ~ 毛木平登山口 14:46

(温泉・蕎麦) 八峰の湯 15:51ー16:40 磊庵はぎわら 17:29ー18:00 ~ 安曇野市自宅着 19:50(三才山トンネル経由)

【毛木平登山口~大山祇神社】

駐車場。60台停まれますが、朝の6時20分時点で、ほぼ満車でした。長野県のナンバーは、僕らの1台だけで、関東、中京、関西など全国から訪れています。

トイレ。登山届のポストがあり、私どもも書いて投函しました。

登山口。

毛木平という地名がついているように、別荘地にできるくらい平らな道です。

十文字峠への分岐。左へ行けば、十文字峠を経由し、三宝山を経て、甲武信ヶ岳へ至るルートがあり、逆に甲武信ヶ岳から十文字峠を経て毛木平へ下るというコースもとれます。本日は、周回ではなくて往復なので、右へ行きます。

道に小石があります。畑の灌漑用の取水口があります。

千曲川源流まで4kmの標識。

緩やかな林道という道です。

大山祇神社。登山口からここまで約20分。道中の無事を祈り、お参りしました。

【神社~滑滝】

神社からは右にカーブをきって緩やかに上っていきます。

しばらくいくと、林道は終わり、登山道らしくなります。

 

千曲川の源流域までは、アップダウンのあるところがあったかと思うと、こうした平らな道が出てきて、適度に寛げて歩けました。

左に千曲川を見ながら進みます。白樺の木もところどころで姿を見せてくれます。

慰霊碑。山津波による被害にあった方のためのもののようです。ここまで登山口から約40分です。

まっすぐに行かないようにロープが張ってありました。やや右にカーブ。

カラマツ(唐松)の並木を進みます。あたり一帯は人工林だと思いますが、よく手が入っていて、こんな奥まで施業されていて驚きました。

橋もかけられていて、よく整備された登山道です。

丸太の梯子。傾斜はあまりありません。アップダウンが少しあります。

苔が道の左右に見えてきました。

ここも平らなところです。

沢のすぐ横を歩いていきます。

滑(ナメ)滝に到着。ここまで登山口から1時間36分でした。写真をとりながらのゆっくりしたペースです。

休憩して、写真もたくさんとりました。

目に鮮やかでしたが、帰路の方が、太陽がでていたので一層よくなりました。

【滑滝~千曲川信濃川水源標柱】

ナメ滝から右に上がっていきます。標識には、千曲川源流まであと1.8kmと記されています。

ナメ滝から上も比較的平らな道です。

立派な橋がかけられています。ここを渡り、右手に沢(千曲川)を見ながら進みます。

苔と針葉樹の森。樹種はトウヒでしょうか。

 進行左手の方からも水が流れてきていました。

あと0.35kmの表示。もうじきです。、

千曲川水源に到着。水源は左に下りたところにあります。登山口から2時間40分(ナメ滝での休憩10分含む)ほどでした。

(2)へ続きます。(2)では、千曲川水源地、山頂までの道、山頂からの眺望などを掲載する予定です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヨアヒム・キューン LIVE IN PARIS

2017-06-28 19:54:02 | ピアノ・トリオ

電車の中で読もうと、とりあえず買った文庫本が面白いと得した気分になるのは僕ばかりではないと思います。宮藤官九郎著「え、なんでまた?」(文春文庫)はそういう一冊でした。元は週刊文春の連載コラムで、その一編が1000文字で完結していく中に、笑える話や刺激的なセリフがテンポよく詰まっていて、さすがに人気脚本家が書いた文章です。音楽も刺激的なものを聴いてみました。

JOACHIM KUHN (ヨアヒム・キューン)
LIVE IN PARIS (CMP 1989年録音)

   

僕は、ハードバップやヴォーカルを主に聴いていますが、フリー過ぎない硬派なジャズも嫌いではありません。ピアノトリオの三人が火花を散らす、この「Live」盤は、エネルギーの放出がすごくて、一気にジャズを聴いた気分になります。キューンのピアノはもちろんですが、特にユメールのドラムス、中でもシンバルの音は奔放で聴き耳をたてずにはいられません。

メンバーは、ヨアヒム・キューン(p)、ジャン=フランソワ・ジェニー・クラーク(b)、ダニエル・ユメール(ds)。完成されたユニットといってもいいくらい、緊密なコラボレーションが行われています。ライブアルバムで、聴衆の興奮ぶりが伝わってきますが、こういったピアノトリオが支持されるのもフランスのパリだからでしょうか。

曲は、ヨアヒム・キューンの自作が「Changement」、「Clever Feelings」、「Para」、ダニエル・ユメールとキューンの共作「Guylene」、ガトー・バルビエリ作「Last Tango in Paris」(ラスト・タンゴ・イン・パリ)、スタンダードの「Yesterdays」の6曲。ご当地ものといってもよい「Last Tango in Paris」が、サービスの意味もあってか演奏されています。

メンバーの3人ともテンションが高いですが、特に、ダニエル・ユメール(ds)のシンバルには、音のきらめき・豊かさがあります。ジェニー・クラーク(b)も、躍動感たっぷりで、キューン(p)が、ドラムスとベースから時々煽られているような錯覚を覚えます。オリジナル曲の「Clever Feelings」や「Guylene」では、抒情的であったり、テンポを変化させるなど、変幻自在な即興演奏を聴くことができますし、「Last Tango in Paris」や「Yesterdays」では、おなじみのメロディが浮かんだり消えたりと、熱いプレイを楽しめます。 

【宮藤官九郎著「え、なんでまた?(文春文庫)】

   

著者は、現在脚本家、構成作家、俳優、映画監督として活躍。また、パンクコントバンド「グループ魂」のギタリストとしても活動。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を担当するなど広く知られています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

力亭 (とんかつ 長野県上田市)

2017-06-27 20:01:08 | グルメ

少し前の6月17日(土)にNHK交響楽団上田公演に出かけたのですが、早めに着き、上田駅前で昼食にしました。入ったのは、とんかつの力亭(りきてい)で、ロースかつ定食をいただきましたが、ジューシーな肉にソースの味もよく、納得の美味しさでした。店はそう広くありませんが、テーブル席に小上がりもあって、家族連れなどで賑わっていました。

上田駅のお城口を出て、左に折れた飲食街の一角にお店はあります。

3階建

カウンター席もあって、ふらっと入りやすいです。

最初に、大根ときのこの煮物が出てきます。こちらでは、ゴマを用いていません。

ロースかつ定食。キャベツをおかわりしました。

柔らかめで、ジューシーな肉です。

味噌汁は具だくさんでした。お椀に隠れていますが、漬物も美味しい。

メニュー。この他、馬刺しなどおつまみもあり、ランチだけでなく夕食にも良さそうです。

【力亭(りきてい)】

住所:長野県上田市天神1丁目2−32
電話:0268-22-8938
ホームページ:力亭(食べログのページです)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

横浜散策(赤レンガ倉庫、四五六菜館別館、ジャズ喫茶「マシュマロ)

2017-06-26 19:56:34 | お出かけ・その他

先週の6月23日(金)、横浜へ寄ってくる時間があったので、散策してきました。赤レンガ倉庫にはじめて行き、山下公園から中華街に出て、「四五六菜館」で昼食をとり、締めはジャズ喫茶の「マシュマロ」で珈琲というコースでした。横浜港近くには地上より高いところに遊歩道も設けられていて歩きやすく、散策するのに楽しい街です。

(横浜赤レンガ倉庫)

横浜赤レンガ倉庫のある敷地は広大です。

裏手がすぐ港で、遊覧船の乗り場もあります。

どっしりとした倉庫

ホールには、インフォメーション・カウンターもあります。赤レンガ倉庫の歴史などの展示もありました。

土産物店。外国からのお客様が多数いました。

ディスプレイ。2号館の方は飲食店が多く、ブルーノート系列のジャズレストラン「モーションブルー横浜」があります。

(山下公園など)

ブラブラと湾岸を散歩。地上より高いところに歩道が設けられていて海からの風をうけながら、気分よく歩けました。

神奈川県警察の船。かなり昔ですが、仕事の関連で神奈川県警察の方に乗せてもらったことがあります。

山下公園で遊ぶ園児。背後がマリンタワーと横浜グランドホテル。横浜らしい光景でした。

公園内には、西洋理髪発祥の地の石碑がありました。ちょっと驚いたユニークな石像です。

山下公園の噴水。

(中華街)

中華街は緑が少ないですが、あるとほっとします。

伊豆半島のアンテナショップがありました。食事もでき「しらす丼」などを食べることができます。

(四五六菜館別館で昼食)

 

このお店は、ジャズ喫茶「マシュマロ」店主の上不さんから教えてもらいました。ランチなどちょっと入るのにもよいそうです。

いろいろな種類が少しずつ出されるセットにしました。

このマーボー豆腐は美味しい。

海鮮の炒め物。海老も大きくてびっくり、これも美味しかった。

デザートも出てきます。

(マシュマロでコーヒー)

ジャズを聴きにマシュマロへ。日曜日の午後には、レコード(CD)鑑賞会やズート・シムズ・ファンクラブの例会など催し物も開催されます。

真ん中のビルの2階です。

マスターの上不さんは、マシュマロレコードを主宰しているので、発売したアルバムなども展示されています。

マシュマロレーベルのアルバム(CD)で、販売されています。

左にあるマイク一本で、先日右近茂(ts)さんの同店内におけるライブを録音したそうです。ジャズの話もしましたが、山岳写真の話など、広い話題でお話いただき、楽しい一時を過ごしました。

【マシュマロ】

住所:横浜市中区山下町214巴里堂ビル2F
電話:090-2202-3293
ホームページ:marshmallow

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加