安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

華麗なるイタリア・オペラの世界 市原 愛(ソプラノ)&西村 悟(テノール) (長野市芸術館)

2017-07-13 20:10:40 | 演奏会・ライブ

長野市芸術館の催事企画「アートメントNAGANO2017」の一つとして、「華麗なるイタリア・オペラの世界」という演奏会が7月11日(火)に行われたので聴いてきました。出演する歌手が大活躍中の二人なので、その歌声を楽しみに出かけました。 

   

(出 演)
市原 愛(ソプラノ)
西村 悟(テノール)
トリノ王立歌劇場トリオ 

(曲 目)
モーツァルト /歌劇「フィガロの結婚」序曲 (トリノ王立歌劇場トリオ)
ヘンデル / 歌劇「リナルド」から第2幕「私を泣かせてください」 (市原 愛)
ヘンデル / 歌劇「セルセ」から第1幕アリア「オンブラ・マイ・フ」 (西村 悟)
プッチーニ / 歌劇「ラ・ボエーム」メドレー (トリノ王立歌劇場トリオ)
プッチーニ / 歌劇「ジャンニ・スキッキ」から「私のいとしいお父さん」 (市原 愛)
プッチーニ / 歌劇「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」 (西村 悟)

ヴェルディ / 歌劇「椿姫」ハイライト (市原 愛、西村 悟)

(アンコール的に)
ヴェルディ / 歌劇「椿姫」より「乾杯の歌」

(感 想)

長野では、オペラの上演はまず行われないので、アリアやダイジェストが聴けるのはありがたいことです。会場のリサイタルホールは、定員293席の音楽専用ホールで、ほとんど手の届くところで歌や演奏を聴くことができ、インティメイトな演奏会でした。

市原 愛、西村 悟という旬のアーティストの歌声は、よく声が出て、響きもよく、目の前なので迫力も十分で堪能できました。市原さんの歌った「私のいとしいお父さん」は、可憐な歌で、元々大好きなのですが、意外にドラマティックなところもある歌唱で印象に残りました。西村さんの「誰も寝てはならぬ」はかっこよくて、女性ファンが増えそうです。

休憩をはさんで後半は「椿姫」のハイライト。演技も加えて、二人の歌とトリノ王立歌劇場トリオの演奏も乗っていました。わざとハイライトでは抜いてあったと思いますが、最後に「乾杯の歌」で華やかに盛り上げて終演となりました。

コンパクトにまとまった公演でしたが、伴奏はやはりオーケストラがよいし、ハイライトではなくて歌劇全てが聴きたくなりました。ことにまだ観たことのない「フィガロの結婚」や「トゥーランドット」にいきたいと痛切に感じさせられた演奏会でした。

【出演者略歴】

   

   

   

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハービー・ステュワード HER... | トップ | 二輪つらつら (和食 長野市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。