安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

ジャッキー・ライアン SPEAK LOW

2016-12-07 20:35:12 | ヴォーカル(E~K)

先週、東京から長野へ戻る新幹線の中でJR西日本のPR誌「西NAVI北陸」12月号をパラパラと見たら、面白いので持ち帰ってきました。特集は、「茶屋文化の残る金沢へ」というもので、JR西日本は金沢誘客に力を入れているようです。その他、「今に残る近代建築 神戸の昔をぶらり」というページにも興味を惹かれました。連続テレビ小説「べっぴんさん」も放映されていることですし、神戸にも出かけたいものです。神戸にはいいジャズクラブがありますが、そんなところで聴きたい歌手。

JACKIE RYAN (ジャッキー・ライアン)
SPEAK LOW (Openart 2006年、2008年録音)

   

ジャッキー・ライアン(vo)は、アメリカ西海岸を中心として活躍していて、スケールの大きなジャズヴォーカルを聴かせてくれる歌手です。聴いているとサラ・ヴォーンあたりを思い浮かべますが、自ら歌詞を書いてヴォーカリーズを行うなど、創造性に富んでいます。これは、2枚組CDから編集された日本盤ですが、歌、伴奏ともに聴きごたえがあり、入手してよかったものです。

メンバーは、ジャッキー・ライアン(vo)、サイラス・チェスナット(p)、エリック・アレキサンダー(ts)、ジェレミー・ペルト(tp,flh)、ホメロ・ルバンボ(g)、レイ・ドラモンド(b)、カール・アレン(ds)、ニール・スミス(b)、デズロン・ダグラス(ds)。2006年には東海岸で、2008年には西海岸で録音されている、本来はCD2枚分のセッションです。曲により入れ替わりがありますが、第一線のミュージシャンを集めています。

曲は、ベニー・カーター作で、ジャッキー・ライアンがヴォーカリーズした「Doozy」、クルト・ワイルの「Speak Low」、アントニオ・カルロス・ジョビン作「Caminhos Cruzados」(十字路)、バド・グリーン作「Do Something」、オスカー・ブラウンJR作「Opportunity Please Knock」、ポール・ヴァンスリーら作「I Haven't Got Anything Better To Do」(あなたと夜を)、A・C・ジョビン作「Brigas Nouca Mais ~ A Felicidade」、ビリー・ホリデイ作「Tell Me More and More and Then Some」、ボビー・ティモンズ曲、O・ブラウンJR.詞「Dat Dere」(ダット・デア)、ジャック・ローレンス作「With The Wind And The Rain In Your Hair」(雨の降る夜)、サイ・コールマン作「My How The Time Goes By」、「Solamente Una Vez」(ソラメンテ・ウナ・ヴェス)の12曲。スタンダードに加え、珍しい曲、ボッサ、ラテン系とあって、幅の広い選曲です。

ジャッキー・ライアンが実力のほどを示したアルバムで、選曲が多彩で、バックのソロとともに楽しめました。ライアン(vo)がヴォーカリーズを行ったリズミカルな「Doozy」、一転して遅いテンポでしっとりと歌う「Speak Low」、ソウルフルでしなやかな「Opportunity Please Knock」、ファンキー調が楽しい「Dat Dere」とあっという間に聴き終えます。「Dat Dere」などにおいてサイラス・チェスナット(p)やジェレミー・ペルト(tp)、エリック・アレキサンダー(ts)がソロをとっていて、インストファンにもよさそうです。

【ジャッキー・ライアン・ホームページ】

jackieryanmusic.com

略歴、リリースしたCD、ライブの予定などが掲載されています。

【JR西日本 西Navi北陸12月号】

  

  

  

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五〇堂 (カレー・ジャズ喫... | トップ | 新宿HMV(studio ALTA 5F)と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。