安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

箱根と小田原へ行ってきました(1)【大涌谷、湯本富士屋ホテル】

2017-07-17 18:00:27 | お出かけ・その他

先週、神奈川県箱根町に行ってきました。箱根は日本を代表する温泉地ですが、長野市からは交通が不便なので、ほとんど行ったという話を聞いたことがなく、私も初めてでした。北陸新幹線で東京へ出て、東海道新幹線で小田原へ行き、そこで箱根登山電車に乗り換えて箱根湯本へ。

大涌谷へ行ったのですが、豪雨と強風で、外へはほとんど出ず、黒たまごショップにいました。湯本へ戻り、湯本富士屋ホテルにチェックインし、温泉街を散策、懇親会と賑やかに過ごしました。ホテルなので、個室で寝ることができて、ありがたかった。

小田原駅で新幹線から箱根登山電車に乗り換え。

【大涌谷】

『大涌谷は、約3000年前の箱根火山最後の爆発によってできた神山火口の爆裂跡で、荒涼とした大地には白煙が立ち込め、現在も火山活動の迫力を感じられる』という場所です。(箱根ロープウェイのホームページより引用)

ガスがかかっている山が、冠ヶ岳。下の方では噴煙が上がっています。

大湧沢。

生卵を温泉池でゆでると、気孔の多い殻に鉄分(温泉池の成分)が付着し、これに硫化水素が反応して硫化鉄(黒色)となり、黒い殻のゆで玉子ができあがるそうです。

ほとんど人が写っていませんが、大勢の観光客がいました。外は大荒れなので、中で過ごしている人が多かったようです。

黒たまご。

(温泉街)

あじさい橋。ランドマークの一つのようです。

温泉街のお店。温泉饅頭やかまぼこ、梅干しといった小田原名物のお店もありました。

駅の改札から通じている歩道橋から撮影。かまぼこ型の駅舎(正確にはプラットフォームでしょうか)がユニークです。

あじさいがあちこちに咲いていました。

(湯本富士屋ホテル)

ツインのシングルユースはありがたい。

(宴会の料理)

肉です。すこし酸味が入ったタレにつけて食べましたが、いい味でした。

煮物。

ふかひれが入った茶碗蒸し。

お吸い物。

焼き魚。

ごはん。

プリンのデザート。全体に美味しい料理でした。こういう宴会料理が出てくるなら、宴会も悪くありません。

【湯本富士屋ホテル】

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本256-1
電話:0460-85-6111(受付時間 9:00 ~ 20:00)
ホームページ:yumotofujiya.jp

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レイ・ブライアント POTPOURRI | トップ | 箱根と小田原へ行ってきまし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お出かけ・その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。