安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

サヒブ・シハブ SAHIB'S JAZZ PARTY

2017-09-13 21:12:28 | その他木管楽器

2017年8月発行の雑誌「Jazz Perspective vol.14」(ディスク・ユニオン発行)の特集は、デンマークのジャズです。同国のジャズの歴史や現状、代表的なアルバムなどが記されています。ジャズフェスティバルの取材を通して、今でもジャズが盛んであることがわかりますが、かつて、ケニー・ドリューやデクスター・ゴードンなど渡欧した米国ミュージシャンが活躍した国でもあります。デンマークに移住したミュージシャンのアルバムを聴きます。

SAHIB SHIHAB (サヒブ・シハブ)
SAHIB'S JAZZ PARTY (debut 1963年録音)

   

サヒブ・シハブ(1925~1989年)の名前は、読みづらく発音しにくいのですが、かえってすぐに覚えてしまいました。もとは米国のミュージシャンで、ブルーノ―トやプレステティッジなどにサイドメンとしての録音があり、リーダー作はサヴォイレーベルにあります。既に実績を積んでいるだけに、1959年に渡欧し、1962年にデンマークに定住してからも活躍が続き、快作をいくつか残しています。

メンバーは、サヒブ・シハブ(fl,ss.bs)、アラン・ボッチンスキー(flh)、オレ・モリン(g)、ニールス・ぺデルセン(b)、アレックス・リール(ds)、ビヤルン・ロストボルド(ds)。シハブは、最初、アルトサックスを吹き、ディジー・ガレスピー楽団でバリトンサックスを手掛け、その後他の楽器もマスターしたマルチリード奏者です。サイドメンでの注目は、ぺデルセン(b)でしょう。

曲は、シハブの自作が、「4070 Blues」、「Conversations Part 1」、「Conversations Part 2」、「Conversations Part 3」にCD追加曲の「Not Yet」、スタンダードが「Charade」(シャレード)とCD追加曲の「Billy Boy」と「Someday My Prince Will Come」(いつか王子様が)。オリジナルの収録曲が5曲で、そこにCDへの追加が3曲です。

コペンハーゲンの「カフェ・モンマルトル」におけるライブ録音ですが、鳥肌が立つような演奏が続きます。1曲目の「4070 Blues」の出だしは、ぺデルセンの地鳴りのするベースで始まり、リールのドラムが加わり、そこにモリンのギターがくるというわけで、デンマークの水準の高さを物語っています。もちろん、シハブのフルートもうなり、この1曲だけでぶっ飛びました。「Charade」もリズム隊が目立ちますが、続くシハブ作「Conversastions」は、モード的な曲想が入り、シハブのソロには新しさも感じられます。リズム隊の威勢がよいので、大きな音で聴くと家人に叱られるアルバム。

【Jazz Perspective xol.14】

   

表紙は、歌手のマレーネ・ケアゴー。

ジャズフェスティバルの取材記事の冒頭

本文と写真にボブ・ロックウェル(ts)も出てきました。彼ももともとはアメリカのミュージシャンです。日本のマシュマロレーベルにも録音があり、来日コンサートも聴きました。動静が伝えられ、健在なのが嬉しい。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東都庵 (蕎麦 長野県上田市) | トップ | 湯村温泉「甲府富士屋ホテル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他木管楽器」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。