安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

ジューン・クリスティ JUNE'S GOT RHYTHM

2017-06-09 20:03:09 | ヴォーカル(E~K)

JR東日本の「大人の休日倶楽部2017年6月号」の特集は、「長野県北アルプス 山のロマンを生んだ男たち」で、ウォルター・ウェストンと百瀬慎太郎について書かれていました。いつもなら目次を眺めるだけですが、面白そうなので本文も読んだところ、簡潔にまとまったよいものでした。6月号には、夏山シーズンが始まる7月からの上高地や安曇野への旅行商品のPRも掲載されていました。久しぶりにジューン(June=6月)・クリスティの歌を聴きます。 

JUNE CHRISTY(ジューン・クリスティ)
JUNE'S GOT RHYTHM (Capitol 1958年録音)

   

ジューン・クリスティ(vo)は、同じくスタン・ケントン楽団出身のアニタ・オデイやクリス・コナー、アン・リチャーズらと比べて、人気という点で今一つのような気がします。「Something Cool」という決定的なアルバムはありますが、クールで高踏的なイメージがあるせいかもしれません。このアルバムは、コンボの伴奏で、曲も親しみやすく、とっつきやすいと思います。

ジューン・クリスティ(vo)、ラス・フリーマン(p)、モンティ・バドウィック(b)、シェリー・マン(ds)、メル・ルイス(ds)、ローリンド・アルメイダ(g)、レッド・カレンダー(tuba)、George Spelvin(as,ts,fl)、エド・レディ(tp)、フランク・ロソリーノ(tb)、ボブ・クーパー(ts,oboe,編曲)。ボブ・クーパー(クリスティの夫)が編曲を担当し、全面的にサポートしています。

曲はスタンダードです。「Rock Me to Sleep」、「Gypsy in My Soul」、「I'm Glad There is You」、「They Can't Take That Away From Me」、「It Don't Mean A Thing」(スイングしなけりゃ意味ないね)、「My One and Only Love」、「When Lights Are Low(灯りほのかに)。「I Can Make You Love Me」、「Easy Living」、「Blue Moon」、「All God's Chillum Got Rhythm」(神の子は皆踊る)の11曲。

ジューン・クリスティは、若干ハスキーながらよく伸びる声で、見通しのよい歌唱をしています。ディクション(発音)の良さ、早い曲でのリズムへの乗り、バラードでのための作り方など、久しぶりに聴きましたが、惚れ惚れしました。軽やかに乗りまくっている「It Don't Mean A Thing」、華やかさが出ている「When Lights Are Low」、テンポが変化してかっこいい「All God's Chillum Got Rhythm」、ローリンド・アルメイダの伴奏も光るバラード「My One and Only Love」、ゆったりとした「Easy Living」などと、ジャケットも含めていいアルバムです。

【JR東日本 大人の休日倶楽部 冊子2017年6月号】

   

表紙

   

日本近代登山の父・ウェストンが、「日本のマッターホルン」と呼んだ槍ヶ岳

   

初・中級者に、この夏おすすめ信州登山ガイドには、飯縄山、唐松岳、黒斑山、北横岳、燕岳の5つの山と、涸沢が紹介されていました。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御座山登山 (標高2,112m ... | トップ | ノーマン・シモンズ MIDNIGH... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヴォーカル(E~K)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。