安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

ロブ・アフルベーク MISS DEE

2017-04-05 20:27:21 | ピアノ・トリオ

コンビニは、自宅に近いセブンイレブンをよく利用しますが、この季節はローソンに寄ることも多いです。それは、セブンにないローソンの「あまおう苺のサンド」を購入するのが目的です。「あまおう苺のサンド」は、みずみずしい苺とフレッシュなクリームがパンに挟まれていて、甘酸っぱさが魅力でカロリーなど気にしていられないスイーツです(笑)。フレッシュなピアノトリオ。

ROB AGERBEEK (ロブ・アフルベーク)
MISS DEE (LIME TREE 1980年録音)

   

ロブ・アフルベークは、インドネシア生まれでオランダで活躍したピアニストですが、2005年に日本のヴィーナスレーベルから「The Very Thought of You」が出て、日本でも名前が知られるようになりました。これはオランダのLime Treeレーベルから出されたものですが、近年、廉価国内盤で復刻されたので、まさかの復刻で驚いて購入したものです。

メンバーは、ロブ・アフルベーク(p)、ハリー・エメリー(b)、エリック・イネケ(ds)。アフルベークは、アン・バートン(vo)の伴奏やハリー・ヴァーベク(ts)のサイドメンとしても録音があります。リズムの二人は過不足ありませんが、ベースのハリー・エメリーは、ビッグトーンでたまにブーンと音を伸ばすプレイを行っていて特徴があります。

有名ジャズ・オリジナルが収録されていて、曲目とメロディーを覚えるのにも格好のアルバムです。ディジー・ガレスピー作「Birks Works」、トム・マッキントッシュ作「Cup Bearers」、アフルベークの自作「Little Miss Dee」、ハロルド・アーレン作「Out of This Wolrd」、ファン・ティゾール作「Caravan」(キャラバン)、 ビリー・ストレイホーン作「Lush Life」、J・ヴァン・ヒューゼン作「Here's That Rainey Day」、コール・ポーター作「Get Out of Town」の全8曲。

ロブ・アフルベークのピアノ中心に3人が熱くスイングしていて、聴きごたえがあります。お馴染みのメロディが楽しい「Birks Works」ですが、エメリーのベース・ソロも含めて、なかなか重厚な演奏になっています。アフルベークの自作「Little Miss Dee」や「Lush Life」は静かなバラードそのままに演奏していて、彼の異なる一面をみせてくれます。「Out of This Wolrd」では、ピアノ、ベースともに豪快なソロを行っていて、爽快な気分になります。

【ローソンのあまおう苺のサンド】

   

     

 

ローソン長野南千歳店(住所:長野県長野市北石堂町1399‐1)。たまに立ち寄ります。ここで上記のサンドイッチを買いました。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほしよりこ著「山とそば」(... | トップ | 戸谷峰登山 (標高1,629m ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Lime Tree (duke)
2017-04-06 18:07:33
azumino さん、こんばんは。

何でも復刻される時代ですが、Lime Tree が出たのは驚きです。ピアノブームのときはB級盤まで値上がりしましたが、このオリジナルは結構な価格でした。ロブ・アフルベークのこのアルバムは選曲が良く馴染みやすいですね。私的には「The Very Thought of You」にしても「Lush Life」にしてもバラードで装飾音が多いのが気になります。
オランダ (azumino)
2017-04-06 22:27:02
dukeさん こんばんは

シーズ・スリンガーのNoth Sea Jazz Fesのライブ盤をダスコ・ゴイコヴィッチが入っていたので、LPを購入したのが、Lime Treeレーベルを知ったきっかけです。いろいろなものを録音していて、内容がメインストリームなので、アーヴィン・ロクリンのものなど気になったCDを購入しています。

それにしても、オランダは、Timeless、Criss Crossとカタログの豊富なレーベルがあって、ジャズに関心が高い方が多いのでしょうか。

コメントを投稿

ピアノ・トリオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。