安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

上諏訪温泉「朱白」で昼食 (長野県諏訪市)

2016-09-19 10:37:20 | お出かけ・その他

このところ週末は天気が今一つで、山へ行く予定を入れられないのと、敬老の日も近いので、日帰りで温泉へ行くことになり、上諏訪温泉の宿「朱白」(すはく)へ行ってきました。こちらの、お昼の会席コースは、休憩時間が11時から15時までの4時間、料理は部屋出し、入浴にはタオルとバスタオルが貸し出されるなど、ゆっくり過ごせそうでした。

通されたのは、食事処に隣接して設けられた広い部屋で、窓からは諏訪湖が望めます。食事は、料理ごとに部屋へ運んでくれ、手作り感もあって、どれも美味しかった。一品の量はそう多くありませんが、終わってみれば満腹でした。お風呂は、屋内、露天とも広々とし、清潔感があり、心地よく入浴できました。上諏訪温泉は何度も利用していますが、「朱白」さんもよい宿です。

 

   

朱白の玄関。撮らなかったので、ホームページから借りました。

   

部屋の窓から撮った諏訪湖の様子。

   

湖岸をランニングする人など、たくさんの人が寛いでいました。

(昼 食)

   

「朱白膳」というコースの名称がつけられていました。鍋は、信州米豚と信州きのこのみぞれ鍋。

   

お造り。「信州サーモン、信濃雪鱒、牡丹海老」。信州サーモンと信濃雪鱒は、長野県産の淡水魚ですが、美味しくてびっくりしました。

   

焼物。「国産和牛野菜巻き 自家製林檎だれ 野菜を添えて」。林檎だれが少し甘かったのですが、巻きものはよかった。

   

蒸し物。「茶碗蒸し 餡を掛けて」 珍しくおいしい茶碗蒸しでした。

   

揚物。「枝豆翡翠揚げ、海老銀杏串」。料理に工夫が感じられました。

   

食事。信州の赤だし。

   

香の物。「三種盛」。僕は漬物はほとんど食べないのですが、これは薄味でなかなかよく、御飯が進みました。今では季節にかかわらず野沢菜も楽しめます。

このほかにも、前菜と水菓子が出ました。昼食なので、たいしたことはないだろうという先入観があったのですが、そういうことは全くなく、かなり満足しました。

(お風呂)

   

男湯の入り口。中の着替えの部屋も広いです。

   

広々とした浴槽。外には、露天風呂があって、諏訪湖が一望できます。暖まるいいお湯でした。

   

天井が高くて、開放感があります。

   

建物の6階にお風呂があります。これは、エントランスで、写真左にエレベーターがあり、湯上がりに寛げるようにベンチもあります。そこに腰を掛けて撮りました。

【双泉の宿 朱白(すはく)】

住所:長野県諏訪市湖岸通り3-2-2
電話:0266-52-2660
ホームページ:suhaku.com

双泉の宿 朱白は、アルピコグループ(旧松本電鉄グループ)に属しています。

ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャッキー・マクリーン JAC... | トップ | 日露交歓コンサート2016 (9... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お出かけ・その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。