お気楽ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

マッコイ・タイナー TENDER MOMENTS

2016-10-12 20:50:40 | ピアノ

先日、飯山市に所用があって行ってきました。10年ほど前に、短期間ですが、この街に所在する会社で働いたことがあって、親しみのある街です。帰りに、パティスリー・ヒラノという洋菓子店でケーキを買ったのですが、駐車場が広いうえに、店内にもたくさんのお客様がいて、昔より繁盛していました。たくさんのミュージシャンを集めたアルバム。 

MACOY TYNER (マッコイ・タイナー)
TENDER MOMENTS (BLUE NOTE 1967年録音)

   

マッコイ・タイナーは、数多くのリーダー作をはじめ多くの録音を残しています。キャリアが長いので膨大な量があり、時期により音楽の傾向も異なりますが、僕は、コルトレーン・グループに参加していたころのインパルス、それに続くブルーノート、マイルストーンレーベルのアルバムは、好きなものが多く今でもたまに聴いています。

ラージグループによる録音です。メンバーは、リー・モーガン(tp)、ジュリアン・プリ―スター(tb)、ジェイムス・スポルディング(as,fl)、ベニー・モウピン(ts)、Bob Northern(french horn)、ハワード・ジョンソン(tuba)、マッコイ・タイナー(p)、ハービー・ルイス(b)、ジョー・チェンバース(ds)。スポルディングやチェンバースが起用されていて、彼らの演奏も注目されます。

曲目は、マッコイ・タイナーのオリジナルです。「Mode to John」、「Man From Tanganyika」、「The High Priest」、「Utopia」、「All My Yesterdays」、「Lee Plus Three」の全6曲。楽器編成、メンバーの顔触れ、そして、オリジナル曲の提供と、タイナーの意気込みが伝わってきます。オリジナル曲はつまらなければどうしようもないのですが、「Mode to John」や「Utopia」をはじめメロディもいい線をいっています。

9人編成の大型コンボによる演奏は、柔らかくて色彩感豊かなすっきりとしたアンサンブルに加え、各人のソロもまとまっています。アンサンブルから飛び出すタイナー(p)のタペストリー状のソロはかっこよく、しかも抑制があって、後年の弾き過ぎがありません。熱気を帯びた「Mode to John」、アンサンブルが美しく抒情的なメロディの「Utopia」、バラードでコール・アンド・レスポンス的な構成の「All My Yesterdays」と、傾聴すべき曲が続きます。ジョー・チェンバースの力強く鋭いドラムスも印象に残ります。

【パティスリー・ヒラノ】

住所:長野県飯山市中央橋通り2228
電話:0269-62-2316
ホームページ:p-hirano.com

   

お店の外観。ケーキなどお菓子の紹介は、お店のホームページをご覧ください。

   

喫茶店の入り口。満席の張り紙が出て、待っている人たちがいました。

   

お菓子屋さんの入り口。

   

道路を挟んだ駐車場。広くて驚きました。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「食事処しんりん」の松茸料... | トップ | 秋の登山用にミレー社製のソ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。