安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

美ヶ原温泉「ホテル翔峰」で温泉と昼食 (長野県松本市)

2017-07-11 20:02:01 | お出かけ・その他

7月上旬の山岳地帯に降った雨で登山道が荒れているだろうと9日(日)の登山は中止になりました。そこで、安曇野市の自宅から30分ほどの美ヶ原温泉へ行ってきました。

利用したのは、「ホテル翔峰」(ホテルしょうほう)で、温泉と昼食を楽しんできました。大型の施設で、宿泊客中心の営業ですが、日帰りプランもあって、近くの人も利用しやすい施設です。

玄関。建物の3階になります。ホテル全体が傾斜地を利用しているので、このような作りです。

正面駐車場と奥に入浴棟。

(温 泉)

「束間の湯」と名付けられています。建物の4階から廊下でつながります。

30mくらいはあるでしょうか。ずっと廊下を歩いていきます。

大浴場の玄関。

広い脱衣場。

露天風呂。右奥が大浴場になりますが、かなり広くて大きいです。

お風呂だけで別棟になっています。美ヶ原温泉は、久しぶりでしたが、疲れがとれるよい温泉だと思いました。

(昼 食)

1階にあるレストラン上高地の入口。それぞれ半個室の部屋になっています。

御造りは、「信州サーモン」と「マグロ」。

米茄子。

信州牛のステーキ。しゃぶしゃぶと選択できます。

揚げ物。

博多風茶碗蒸し。これは美味しかった。

野沢菜御飯。

デザート。

献立表。お腹いっぱいになりました。

【ホテル翔峰】

住所:長野県松本市大字里山辺527
電話:0263-38-7755
ホームページ:hotel-shoho.jp

ジャンル:
温泉
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「カフェ・ソサエティ」... | トップ | ハービー・ステュワード HER... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (tempo1078)
2017-07-11 20:50:50
美ヶ原という
名前の響きがいいですものね。


日帰り温泉Planですね。

最高の温泉と料理、
さぞ、満足されたことでしょう。

開湯は奈良時代です (azumino)
2017-07-11 23:40:39
tempo1078さん こんばんは

コメントありがとうございます。実は美ヶ原温泉というのは、昭和30年代からの名前で、古くは、「白糸の湯」、「山辺の湯」、「束間の湯」と呼ばれていました。日本書紀にも「束間の温湯」という記載があるようです。日帰りの共同浴場は、「白糸の湯」になっていて、古い名称を残してあります。

このあたり一帯は山辺と呼ばれる地域で、一時寂しかったのですが、ワイナリーなども出来て、いくらか賑やかになってきました。

美ヶ原 ()
2017-07-13 06:39:48
良いですね
温泉を愉しんで美味しい料理を食す
それも極上の信州美ヶ原で。
羨ましい。。
私も長野在任の際は、よく足を運んでました。
冬もスノーシューでよく遊びました。
コマクサのコメント、ありがとうございました。
これからもちょくちょく覗かせて頂きます。

最近の豪雨 (azumino)
2017-07-13 08:00:13
信さん こんにちは

美ヶ原温泉は、旅館が何軒もあったので、松本市郊外で、かつては忘年会とか新年会に利用しました。最近では、大型の施設や特徴のあるところが残ってきています。信さんお書きのように美ヶ原に行った帰りなどにもよいです。

9日は「蝶ヶ岳」へ日帰りで登る計画だったのですが、お天気がいま一つで、登山道が先日の豪雨の影響で荒れている可能性があってので、中止にしました。その代わりの温泉でしたが、久しぶりによかったです。コメントありがとうございます。

コメントを投稿

お出かけ・その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。