安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

ジャッキー・マクリーン JACKIE'S BAG

2016-09-18 10:00:53 | アルト・サックス

先日、松川村(長野県北安曇郡)のジャズ喫茶「M-Gate」に寄りました。マスターの腰痛治療のために、8月末まで2か月間ほど休業していたので、顔を合わせるのは久しぶりです。今回は、開店していることを電話で確認してからお邪魔しました。マスターの池原さんは、入院していたので体力が回復していないと言いながらも、しっかりとコーヒーを淹れてくれました。ずっと元気で続けていただきたいものです。「Appointment in Ghana」の入っているアルバムをかけてもらいました。

JACKIE McLEAN (ジャッキー・マクリーン)
JACKIE'S BAG (BLUE NOTE 1959年、1960年録音)

   

先日、松本市で行われた藤井学グループのライブで、マクリーン作の「Appointment in Ghana」が演奏され、まさかライブで聴けるとは思わなかったので喜びました。この曲が収録されている「Jackie's Bag」は、2つのセッションが収録されていて、録音年月日は1年8ヶ月近く間が空いています。自宅でもレコードで聴いてみました。

1959年1月18日の録音では、全てマクリーンのオリジナルの「Quadrangle」、「Blues Inn」、「Fidel」が、ドナルド・バード(tp)、ジャッキー・マクリーン(as)、ソニー・クラーク(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)というメンバーで演奏されています。

1960年9月1日の録音では、マクリーン作「Appointment in Ghana」と「A Ballad for Doll」、ティナ・ブルックス作「Isle of Java」が、ブルー・ミッチェル(tp)、ジャッキー・マクリーン(as)、ティナ・ブルックス(ts)、ポール・チェンバース(b)、アート・テイラー(ds)というメンバーで演奏されています。こちらは、もともとがティナ・ブルックス(ts)のセッションで、残りのトラックはブルックスの「Back to The Tracks」に収録されています。

ちょっと新しめの強力ハードバップが楽しめます。レコードのA面には1959年の録音が収録され、特に「Blues Inn」は、タイトルどおりのブルージーさで、マクリーン(as)、バード(tp)と快心のソロが続きます。残念なのは、3曲ともに、体調の関係か、ソニー・クラーク(p)に元気がないことです。B面の1960年録音は、先進的なテーマから始まる「Appointment in Ghana」が強烈に印象に残り、各人のソロも絶好調で、ことにブルー・ミッチェル(tp)のソロは、輝かしくて新しさも感じさせます。B面の3曲は、いま聴いても新鮮です。

【営業を再開したM-Gate(長野県北安曇郡松川村)】

住所:長野県北安曇郡松川村85-28
電話:0261-62-2384

   

   

   

いつもは、スピーカーから離れて座るのですが、今日はすぐ近くに座りました。間近で見ると迫力のあるスピーカーです。

   

   

   

「Jackie's Bag」を、Libertyレーベルのレコードでかけてくれました。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤井 学クインテット・コン... | トップ | 上諏訪温泉「朱白」で昼食 ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マクリーンの帽子 (duke)
2016-09-19 11:11:29
azumino さん、こんにちは。

おらが村のジャズ喫茶ですね。ここでジャズを聴くと時間がゆったり流れるような気がします。

その昔、これと同じバッグを探したことがあります。似たようなものはありますが同じものは見つかりませんでした。「McLean's Scene」のボーラーハットや「Fickle Sonance」のチェックの鹿打帽、「Hat Trick」のワッチキャップとマクリーンには随分影響を受けました(笑)
Tina がいるから (moto)
2016-09-19 18:22:38
Azumino さんこんにちは.
Tina 大好きとしては、このアルバムも外せません

本来でしたら BLP 4013 "New Soil" より前に A 面を中心としたマクリーンの初リーダー・アルバムになるはずだったのでは.
まだ発表されない残りの2曲のデキガあまりに良くなかったのでしょうかねぇ.
このあたりのことは関係者がすでに永眠してしまったので永遠のナゾになってしまいました.

ちなみに、ボクはどうしても後半の演奏に興味がいってしまいます(笑)
ファッション (azumino)
2016-09-19 22:07:46
dukeさん こんばんは

マクリーンの帽子は、結構どれも似合っていますね。自分では被ろうとは思いませんが、「Fickel Sonance」の帽子は特に好きです。当時のミュージシャンは、皆お洒落でした。

地方都市で「Appointment in Ghana」をライブで聴けるとは思いもよりませんでした。東京のジャズクラブでは聴けるだろうとは思いますが。

レコードのB面 (azumino)
2016-09-19 22:14:00
motoさん こんばんは

このアルバムは、昔もレコードでいうB面の後半の演奏が主に聴かれていたと思います。A面は、残念なことに、大好きなソニー・クラークの出来が悪くて、これを残したのは可哀想なくらいです。他の人はよいだけに残念です。

ティナ・ブルックスのセッションは素晴らしいですね。管楽器はもちろんですが、ケニー・ドリュー(p)のプレイも忘れられません。
「M-Gate」さん (coffee winds)
2016-09-21 13:51:05
こんにちは♪
「M-Gate」さんのマスターは、「腰痛」だったんですか・・・・・
辛いですよね。
お店を再開されてとのこと・・・・・良かったですね!
あのいい「音」が、また聴けるようになったんですね。
腰痛 (azumino)
2016-09-21 22:53:26
coffee windsさん こんばんは

マスターは、腰痛で、前から痛くてたいへんだったようです。これでかなりよくなるので、元気で続けてほしいお店です。レコードも増えていて、訪問する楽しみが増しています。

信州にお越しの際は、是非お立ち寄りください。
JBLを聴きに行きました。 (Analog親爺)
2016-11-15 14:54:13
着々と、ブログを読み、買うべきボーカルアルバム網羅しております。
今日は、M-Gateさんの記事に至りました。相変わらずずれたタイミングで済みません。何年か前、何度目かになる大王わさび農場を訪れたついでに、女房とお邪魔しました。優しいマスターで、高崎から来たと分かると、裏に引っ込んで、お手製の漬け物を出してきてくれました。
軽食にコーヒーそして漬け物、美味しかったです。今度はいわさきちひろ館にでも出かけた際に、また、寄ろうかと言っているところです。
松川村 (azumino)
2016-11-15 21:12:03
Analog親爺さん こんばんは

コメントありがとうございます。MーGateのJBLのスピーカーは変わりませんが、下にブロックをかませて持ち上げ、また、開業から経過もしているので、音がこなれてきて、中低音が前に比べて出るような感じを受けています。

ちひろの美術館もあるので、機会があればまた松川村を訪れてみてください。美術館の中もいいのですが、その庭から眺める北アルプスの景色もなかなかです。

コメントを投稿

アルト・サックス」カテゴリの最新記事