安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

ステイシー・ケント(vo)ライブ (2月9日 長野県長野市芸術館)

2017-02-13 20:44:36 | 演奏会・ライブ

ステイシー・ケント(ヴォーカル)は、この2月10日にブルーノート名古屋、12日~14日にブルーノート東京へ出演しますが、それに先立って、9日に長野市で公演があったので聴いてきました。長野市芸術館オープニングシリーズの一環で、会場は立見が基本で、飲物を飲みながら、気軽に楽しめるライブでした。

Photo published for Stacey Kent @ Blue Note - Nagoya, Japan - Feb 10, 2017
(この写真は、ご本人のホームページからお借りしました)

(出 演)

ステイシー・ケント(vo)
ジム・トムリンソン(sax,fl)
グラハム・ハーヴィー(p.keybord)
ジュレミー・ブラウン(b)
ジョシュ・モリソン(ds)

(曲 目)

午後6時からと、午後8時30分からの2公演で、入れ替え制でした。一公演約70分のジャズクラブ向けのステージで、僕は2公演とも聴きましたが、3曲ほどを除いて重複した曲がなく、レパートリーも豊富です。MCはほとんどなかったので、僕がすぐにわかった曲名だけ記します。

The Very Thought of You (君を想いて)
I've Grown Accustomed to His Face (彼氏の顔になれてきた)
Dreamer 
Changing Lights 
Stardust (スターダスト)
Tenderly (テンダリー)
Dindi(ジンジ)
Smile (スマイル)

よく練られたポップス系のステージを楽しめました。1回目の公演では、ボサノヴァ系のリズムにバラードという構成でしたが、バラードの見事さにはうっとりとさせられました。ステイシー・ケントのヴォイスコントロールというのでしょうか、柔らかな声で、明瞭な発音でニュアンス豊かに「I've Grown Accustomed to His Face」や「Stardust」を歌っていて、聴きほれました。

公演全体を通して、A・C・ジョビンのものなどボッサ系の音楽が多かったのですが、ジム・トムリンソンのスタン・ゲッツを髣髴とさせるテナー・サックスは伴奏とはいえツボにはまっていて心地よく、聴きものでした。また、フルートもボッサ系の音楽に合っていました。

2回目の公演でも、「Dindi」や遅いテンポで歌った「Smile」といったバラード系の歌が断然よく、さすがに世界中からオファーのある歌手です。ジム・トムリンソン名義ですが、彼女が「Stardust」を歌っているCDが販売されていたので、購入し、彼女のサインももらいました。

ややスイングするものも入れていましたが、全体を通してさっぱりとしていて、ジャズ色は薄いものでした。お客様は満員(ソールドアウトでした)で、一般にはこういう傾向が好まれるのでしょう。本公演を企画した方に感謝しながら帰途につきました。

【Stacey kent ホームページ】

Stacey Kent Cfficial Website

【購入したCD】

   

Jim Tomlinson 「the lyric」featuring stacey kent (token production 2005)

収録曲全13曲中10曲で、ステイシー・ケントの歌が聴けます。「Stardust」の他にも、スタンダードではあるけれどあまり知られていない曲も収録されているなど、意外といい買い物でした。

『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョージ・ケイブルス NIGHT... | トップ | 久しぶりの群馬県(磯部温泉... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミステリーナイト (moto)
2017-02-14 07:17:06
Azumino さんこんにちは.

ミステリーナイト ・・・・ とかいうイベントでしたか.
以前どこかで目にした記憶がありますが、ステイシー・ケントでしたか.

調べてみたら、
「クラブNCACミステリー・ジャズナイト」でした.
出演者のヒントちょっと読めばすぐにわかりますね.

もっとしっかり情報誌入れないといけないなぁ(笑)
長野で公演するとは驚きでした (azumino)
2017-02-14 22:40:47
motoさん こんばんは

ステイシー・ケントを長野へよく呼んだものだと、驚きました。関係者に感謝したいところです。チケットがソールド・アウトで、CDを買っていた人もいたので、まずまず成功したイベントだと思います。

バラードのニュアンスがこの公演ではすごくよく伝わってきました。歌っているのを見ていることもあります。CDだけではなく、現役のミュージシャンは機会あるごとに実演(ライブ)を聴くといいなと改めて思いました。長野だとなかなか難しいですけれど(笑)。

コメントを投稿

演奏会・ライブ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。