安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

レイ・ブライアント POTPOURRI

2017-07-16 10:04:22 | ピアノ・トリオ

7月1日付で職場の人事異動があり、送別会など宴会が続いて今月の上旬は体調を崩していました。居酒屋でやった送別会で、クーラーの風が直に体にあたったのが原因だと思いますが、肩凝り、頭痛、倦怠感など風邪に似た症状が出て、元気のない日が続きました。医者の薬や接骨院でのマッサージが効いて、中旬になり回復してきましたが、クーラーの冷風には要注意です。暖かみのある演奏を。

RAY BRYANT (レイ・ブライアント)
POTPOURRI (Pablo 1980年録音)

   

レイ・ブライアント(p)には、ハードバップ期から録音が多数ありますが、1970年代以降も多くのアルバムを作っています。基本的に演奏には変わりありませんが、スケールが大きくなり黒っぽさが増して、ブルージーになっています。このレコード(輸入盤)は、そういった特徴に加え、ひたすらスイングしたものです。 

メンバーは、レイ・ブライアント(p)、ジミー・ロウサー(b)、ミッキー・ロッカー(ds)。ブライアント(p)のソロ演奏を目の前で聴いたことがありますが、もちろん悪くないものの、リズムがほしくなりました。その点、このアルバムは気心の知れた2人が参加していて、演奏もやりやすかったと推測します。

曲は、ジャズオリジナル中心のスタンダードです。「D.B. Blues」、「One O'Clock Jump」、「Milestones」、「Undecided」、「In Walked Bud」、「In A Mellow Tone」、「My One And Only Love」、「A Night In Tunisia」(チュニジアの夜)の8曲。 曲と演奏について、ピアニストのベニー・グリーンがライナーノートで解説をしていて、鑑賞の参考になります。

最初の「D.B.Blues」から最後の「A Night In Tunisia」まで、レイ・ブライアント(p)のスケールの大きいご機嫌な演奏が続き、楽しめるアルバムです。広い音域でピアノを扱えるブライアントなので、「One O'clock Jump」や「In A Mellow Tone」といった本来はビッグバンドの曲も面白い。取り上げられたのがちょっと意外な「Milestones」では、切れ味の鋭いリズム感に驚かされました。バラード「My One And Only Love」のプレイは、抒情的で美しく、曲の良さがしみじみと伝わってきます。ベース、ドラムスともに繊細さもうかがわれ、好演をしています。

【紅茶】

胃も荒れ気味だったので、こののところ職場では紅茶を飲んでいます。珈琲は体を冷やし、紅茶は体を温めるらしいので、冷えた時には紅茶がいいみたいです。ティーバッグに入ったダージリンを使っています。

   

   

    

紅茶には砂糖を入れたくなります。余分な糖分はいけないのですが、少し砂糖があったほうが美味しいので、悩みながらついたくさん入れています(笑)。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二輪つらつら (和食 長野市) | トップ | 箱根と小田原へ行ってきまし... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マイルストーンズ (duke)
2017-07-16 19:12:13
azumino さん、こんばんは。

札幌も暑い日が続いておりますので、どの店もクーラーが効いております。外に出ると温度差にやられます。

このレコードは国内盤が出たとき、「マイルストーンズ」のタイトルでした。「ポプリ」では売れないでしょうね。タイトルの付け方はさすがです。この辺りのスタンダードの解釈は見事です。
パブロ・レーベル (azumino)
2017-07-17 17:59:39
dukeさん こんにちは

レイ・ブライアントに限らず、当時Pablo盤が大量に出ましたが、大量にあり過ぎ、しかもジャケットが面白くないので、買う気が全く起きませんでした。

しかし、いま聴いてみるとよいアルバムも多く、モダンスイング系のミュージシャンを当時録音した功績は、さすがだと思います。これもその一枚です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。