お気楽ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

クリス・コナー CHRIS CRAFT

2016-10-19 20:41:49 | ヴォーカル(A~D)

10月15日(土)に白馬村から唐松岳へ登りました。登山の後は温泉に浸かり、そのまま帰ろうと思ったのですが、一緒に行った二人ともお腹が空いていたので、通りを走っていて見つけた、トンカツを食べさせてくれる「ちとせ」というお店によりました。そのお店の駐車場から東の空に見える月が、日の短い秋の季節を強烈に感じさせました。「ヴァ―モンドの月」が収録されているアルバム。

CHRIS CONNOR (クリス・コナー)
CHRIS CRAFT (ATLANTIC 1958年録音)

   

「Moonlight in Vermont」(ヴァ―モントの月)は、1944年に作られ、マーガレット・ホワイティングが録音してヒットし、その後多くの歌手が取り上げています。ヴァ―モント州の美しい風景を称えた詞とペーソスを湛えたメロディの曲で、歌詞には、「すずかけの木」、「スキー」、「雪あかり」、「ひばり」などが出てきて、白馬村にも似合いそうな歌です。

メンバーは、クリス・コナー(vo)、伴奏は、編成により3つのグループが担当し、 ボビー・ジャスパー (fl)、アル・エプスタイン(English Horn,b-cl)、 スタン・フリー (p)、 マンデル・ロウ (g)、 パーシー・ヒース (b)、ジョージ・デュヴィヴィエ (b)、 エド・ショウネシー (ds)が参加しています。 編曲は、すべてスタン・フリーが行っています。

曲は、スタンダード中心です。「Moonlight in Vermont」(ヴァ―モントの月)、「Blow, Gabriel, Blow」(吹け、ガブリエル)、「Here Lies Love」、「Be A Clown」、「Good For Nothin'」、「On The First Warm Day」、「Chinatown My Chainatown」(私のチャイナタウン)、「One Love Affair」、「The Night We Called It A Day」、「Johnny One Note」、「Lover Man」、「Be My All」の全12曲。バート・ハワードの曲が3曲入っています。

クリス・コナーのアルバム中、最も好きなものです。バラードからアップテンポまで、曲目が変化に富み、収録の順番もよくて、知らぬ間に聴き終えています。彼女の歌は表情豊かで、それに絡むマンデル・ロウ(g)やボビー・ジャスパー(fl)の伴奏も素晴らしい。スロー・テンポでしみじみとして、情景が浮かんできそうな「Moonlight in Vermont」、一転して、豪快にスイングする「Blow, Gabriel, Blow」、失恋を切々と歌う「Here Lies Love」、急速調でスタートし、テンポが変化する「Be A Clown」など、すべての歌が、まさに「Chris Craft」(クリスの芸)。

【白馬村から見えた月(2016年10月15日)】

上の2枚は、お店に入る前の17時40分頃、下の2枚は食事をしてお店から出てきた18時30分頃に撮影したものです。空の明るさが違います。

   

   

   

   

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩菅山 (2,295m 長野県下... | トップ | 飯山時間 (長野県飯山市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。