安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

ヨアヒム・キューン LIVE IN PARIS

2017-06-28 19:54:02 | ピアノ・トリオ

電車の中で読もうと、とりあえず買った文庫本が面白いと得した気分になるのは僕ばかりではないと思います。宮藤官九郎著「え、なんでまた?」(文春文庫)はそういう一冊でした。元は週刊文春の連載コラムで、その一編が1000文字で完結していく中に、笑える話や刺激的なセリフがテンポよく詰まっていて、さすがに人気脚本家が書いた文章です。音楽も刺激的なものを聴いてみました。

JOACHIM KUHN (ヨアヒム・キューン)
LIVE IN PARIS (CMP 1989年録音)

   

僕は、ハードバップやヴォーカルを主に聴いていますが、フリー過ぎない硬派なジャズも嫌いではありません。ピアノトリオの三人が火花を散らす、この「Live」盤は、エネルギーの放出がすごくて、一気にジャズを聴いた気分になります。キューンのピアノはもちろんですが、特にユメールのドラムス、中でもシンバルの音は奔放で聴き耳をたてずにはいられません。

メンバーは、ヨアヒム・キューン(p)、ジャン=フランソワ・ジェニー・クラーク(b)、ダニエル・ユメール(ds)。完成されたユニットといってもいいくらい、緊密なコラボレーションが行われています。ライブアルバムで、聴衆の興奮ぶりが伝わってきますが、こういったピアノトリオが支持されるのもフランスのパリだからでしょうか。

曲は、ヨアヒム・キューンの自作が「Changement」、「Clever Feelings」、「Para」、ダニエル・ユメールとキューンの共作「Guylene」、ガトー・バルビエリ作「Last Tango in Paris」(ラスト・タンゴ・イン・パリ)、スタンダードの「Yesterdays」の6曲。ご当地ものといってもよい「Last Tango in Paris」が、サービスの意味もあってか演奏されています。

メンバーの3人ともテンションが高いですが、特に、ダニエル・ユメール(ds)のシンバルには、音のきらめき・豊かさがあります。ジェニー・クラーク(b)も、躍動感たっぷりで、キューン(p)が、ドラムスとベースから時々煽られているような錯覚を覚えます。オリジナル曲の「Clever Feelings」や「Guylene」では、抒情的であったり、テンポを変化させるなど、変幻自在な即興演奏を聴くことができますし、「Last Tango in Paris」や「Yesterdays」では、おなじみのメロディが浮かんだり消えたりと、熱いプレイを楽しめます。 

【宮藤官九郎著「え、なんでまた?(文春文庫)】

   

著者は、現在脚本家、構成作家、俳優、映画監督として活躍。また、パンクコントバンド「グループ魂」のギタリストとしても活動。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を担当するなど広く知られています。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 力亭 (とんかつ 長野県上... | トップ | 甲武信ヶ岳登山(標高2,475m... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
革新的スリリングな・・・ (風呂井戸(photofloyd))
2017-06-29 16:34:10
スピード感ある革新的スリリングという表現がピッタリのトリオ。
 私は何時ぞや取りあげたのですが、「Birthday Edition」の”Live at JazzFest Berlin '87 & 95”で圧倒されました。
 ご紹介のアルバムも評判の高いモノですね。
ヨアヒム・キューン・トリオ (azumino)
2017-06-29 19:56:31
風呂井戸(photofloyd)さん こんばんは

コメントありがとうございます。このアルバムも含めて、ヨアヒム・キューンのこのトリオはいいものを残していると思います。ブルージーとかそういうものとは異なるのですが、クラシックにも通じる疾走感や抑揚の付け方などおっしゃるようにスリリングです。

エネルギーがいるので、そういつもではありませんが、たまに聴くとよいので、取りあげました。

コメントを投稿

ピアノ・トリオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。