安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

映画「ラ・ラ・ランド」を観てきました。 (長野市 グランドシネマズ)

2017-03-06 20:02:22 | 映画

アカデミー賞監督賞、主演女優賞、作曲賞、主題歌賞など6部門で受賞した注目のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」が長野市でも上映されたので、観てきました。デイミアン・チャゼル監督の前作「セッション」は見ましたが、今度はミュージカルなので、どんな曲が流れているのか興味が湧きます。

   

粗筋ですが、ロサンゼルスの街を背景に、女優志望のミア(エマ・ストーン)と、いつかジャズを聴かせる自分の店をもつのが夢のピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)が出会い、二人は恋に落ちます。その後、二人はそれぞれの道へ進み、夢を実現させますが、5年後にセブの店でたまたま出会い、切ない別れのシーンでエンドとなります。

ハッピー一色で終わる映画ではなく、恋は過去の想い出となった現実も描かれていて、この終わり方で、一層この映画は印象的なものになりました。「雨に歌えば」を下敷きにしたと思われる夜の公園で二人が踊るシーンや、天文台で二人が踊り背景が宇宙的に展開するシーンなど、ロサンゼルスの街もうまく使った映像も美しいものです。

 

LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)のパンフレット表紙。

 

オープニングのシーン

作曲はジャスティン・ハーウィッツですが、アカデミー主題歌賞を受賞した「City of Stars」や「Another of The Sun」などいいメロディの曲が挿入されていました。また、ジャズ的な編曲も用いられ、アップテンポのピアノトリオ演奏も背後で流れます。「ホーギー・カーマイケルの椅子」とか「Lighthouse」という店の名前が出てくるのもジャズファンには嬉しいです。

 

ジャズクラブのシーン

デイミアン・チャゼル監督のミュージカルとジャズへの想いが溢れている映画です。それにしても、R&B界のスター、ジョン・レジェンドの歌は素晴らしく、聴衆の動員力もすごいのには、映画の中とはいえ驚きました。でも、この映画を機会にジャズに関心を持ってくれる人が増えればいいなと願いながら、帰途につきました。

【映画 ラ・ラ・ランド(LA LA LAND)公式サイト】

gaga.ne.jp/lalaland

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボビー・ジャスパー TENOR A... | トップ | スタジオーネ (イタリアン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
デイミアン・チャゼル (duke)
2017-03-08 18:31:09
azumino さん、こんばんは。

ミュージカルが苦手な私でもオープニングの踊るシーンで一気に引き込まれました。「Lighthouse」の演奏は本物でしたね。

デイミアン・チャゼル監督の「セッション」の前の作品「グランドピアノ 狙われた黒鍵」をご覧になりましたか。こちらはジャズではなくクラシックですが、面白かったですよ。
長野では観客も多かったです。 (azumino)
2017-03-08 20:41:15
dukeさん こんばんは

コメントありがとうございます。ミュージカル映画は、僕もあまり得意ではありませんが、この映画は良かったです。金曜日の午後6時ころからという時間のせいもありましたが、観客が多く、映画ファンの層の厚さを感じました。

デイミアン・チャゼル監督の「グランドピアノ狙われた黒鍵」という作品は全く知りません。DVDなどあれば探してみます。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。