安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

個人的に懐かしい東京の街並み(新宿駅南口、四谷、新橋)

2017-06-13 20:01:21 | お出かけ・その他

今週の月曜日、新宿に所用があって出かけたので、昼休みなどに近辺を散策しました。街並みが変化し、ことに都心において新陳代謝が行われている様は、地方都市ではなかなか見ることのできないもので、東京の底力を感じました。それと同時に懐かしい光景も目にとまりました。なお、ジャズ喫茶にも入りましたが、それは別の項目に書きます。 

(新宿駅南口)  

かつて南口は、東口や西口に比べて賑やかではなかったのですが、高島屋のオープンやホテルの立地などで人が行き交うようになりました。バスタ新宿もできて、変わりつつあります。

真ん中の高い建物がJR東日本本社。何回か足を運びましたが、セキュリティが厳重なのがことに印象に残っています。

この「大黒屋」は、多分30年前と場所が変わっていません。チケット販売が主になっていると思いますが、「質」は、日本の伝統的な担保制度ということもあり、店舗とともに看板の表示にノスタルジーを覚えます。

交差点から南口方面。左手は西口です。西口には、かつてはジャズを置いてある中古レコード店が何軒かあって、買い物のはしごをしたこともありました。

人の多さが違います。「LUMINE」は大きいので、どこを歩いているのかわからなくなることがあります。

(四谷)

「しんみち通り」の入口。飲食店街ですが、サラリーマン、学生が周囲に多いせいか、ボリュームがあって値段も比較的安い店が立地しています。

かつれつ「たけだ」。まだ11時30分なのですが、既にならんでいます。

洋食の「BAMBI」。ここは僕も2~3回入ったことがあります。ジャズ喫茶「いーぐる」を訪れた前後に便利でした。

右の歩道ぞいに「いーぐる」があります。

四谷見附から見た上智大学。四谷は、上智の街ですね。

四ッ谷駅。

(新橋)

夕方の新橋駅。東京に勤務していた時に、週末はこの駅から電車に乗り込み、乗り換えて長野へ向かうことも多かったので、懐かしいです。

鉄道の高架橋の下というのは、有楽町や神田もそうですが、東京都心らしい景色です。

新橋は、庶民的なところのある街だと思います。でも、地理的には銀座の続きで、歩いてみるとそれがよくわかります。今回、ジャズ喫茶の「Riverside」に寄るために、来てみました。

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルマ・マーラー著「グスタ... | トップ | いーぐる (ジャズ喫茶 東... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2017-06-14 05:28:37
私の知っている東京は
もう40年も前の東京。

時は
流れ過ぎました。

青春の一時期、
過ごした東京も
もう過去の話で、

今はすっかり
田舎人です。
都会 (azumino)
2017-06-14 20:12:44
tempo1078さん こんばんは

40年前というと学生時代でしょうか。私は学生時代を東京で過ごさなかったので、社会へでてからも憧れがありました。コンサートに行ったり、レコード・CDの購入など都会でなければかなわないものもあり、今でもたまに出かけたいと思っています。

そろそろ東京へ出かける機会も激減すると思うので、想い出の場所など撮影してみました。今後も同様な記事を載せると思います。引き続きご覧いただければ幸いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。