お気楽ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

「食事処しんりん」の松茸料理で宴会 (長野県上田市真田町)

2016-10-11 20:05:26 | お出かけ・その他

10月7日(金)に松茸料理の宴会に参加しました。かつて一緒に働いた人が集まったのですが、松茸が採れているというので、上田市真田町にある上小森林組合が経営する「食事処しんりん」で開催されました。菅平高原の麓に位置する上田市真田町は、真田氏発祥の地として知られていますが、松茸の産地でもあります。

上田駅のお城口から「食事処しんりん」の車に乗って、10分ほどでお店に到着しました。今年は、NHK大河ドラマ「真田丸」が放映されているので、観光で訪れて、食事に寄るお客様も多いにちがいありません。料理は、松茸の味、風味ともに最高で、お酒もすすみ、ダイエットのことはすっかり忘れて、どんどんいただいてしまいました。

   

   

一部屋貸切でした。

   

松茸の鍋。

   

松茸の天麩羅。

   

焼き松茸。

   

松茸の茶碗蒸し。松茸がきちんと入っていました。味、香りが全く違います。

   

土瓶蒸し。お料理全部よかったのですが、中でも、これは絶品でした。

   

鍋が煮えてきたところです。

   

松茸ごはんとお吸い物。

   

佐久の日本酒で、先日軽井沢で開催された、交通大臣会合に供されたものだそうです。

   

松茸も販売されていました。形、香りともによいものでした。自宅へのお土産に購入した人もいました。

   

これも素晴らしい松茸です。

   

マイクロバスでJR上田駅まで送ってもらいました。

   

NHK大河ドラマ「真田丸」が放映中なので、今年は上田を訪れる人が多いようです。

【食事処しんりん】

住所:長野県上田市真田町本原573-1
電話:0268-72-3986
ホームページ:信州上小森林組合(食事処しんりん)

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広上淳一指揮 新日本フィル... | トップ | マッコイ・タイナー TENDER ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
羨ましいです (coffee_winds)
2016-10-12 22:44:05
こんばんは♪
「松茸」のフルコース・・・・・羨ましいです。
中でも「土瓶蒸し」は、香りの良さが引き立ちそうですね。
我が家は、先日「カナダ産」で「松茸ご飯」でした。
やっぱり初物は、いいですね。
そろそろ小布施の「栗ご飯」もいい季節ですね。
山の恵み (azumino)
2016-10-13 18:43:34
coffee windsさん こんばんは

長野県には、松茸の産地がいくつかあり、この時期になると、地元産の松茸を食べさせてくれる松茸料理の小屋もオープンします。値段はそれなりですが、山の恵みに感謝しつついただく松茸は美味しいです。

松茸ばかりでなく、天然キノコで美味しいものはいくつもあり、そういった鍋で宴会もこの時期よいです。栗もあって、収穫の秋は、楽しいです。

松茸は ・・・・・・ (moto)
2016-10-16 19:36:47
Azumino さんこんにちは.
今頃のコメで失礼します、足早なペースにとても追いつけません(笑)

松茸と言えば上田市でも南側の塩田平が超有名ですが、真田にもあるんですね.

ちなみに私、きのこ類を一切口にしませんので、たかがキノコに1万円とか値段が付くのか全くもって理解に苦しみます(笑)
松茸の産地 (azumino)
2016-10-17 21:59:53
motoさん こんばんは

僕も知らなかったのですが、真田方面でも採れるようです。売っている物をみたらいいものが多くて驚きました。

松茸の値段は高いですね。要因としてはいろいろあると思いますが、味、香りがいいといった点に加え、松茸は人工栽培ができなくて、天然ものを採るしかなく、稀少だということもあるかもしれません。豊作の年は少し安くなりますね。

長野県は全国でもトップクラスの松茸の産地で、秋の味覚として、森林組合の収入になったり、旅館の食材になったりと、地域経済に大きく貢献していると思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。