安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

クリス・コナー A WEEKEND IN PARIS

2017-10-11 20:06:07 | ヴォーカル(A~D)

スターバックス・コーヒーにたまに寄りますが、ブレンドがオータム・ブレンドになり、ケーキにもマロンタルトが登場し、提供する品物も秋らしくなりました。この夏の天候は、週末になると崩れることが多かっただけに、この秋は週末にいいお天気が続いてほしいものです。パリの週末というタイトルのアルバムを聴きます。

CHRIS CONNOR (クリス・コナー)
A WEEKEND IN PARIS (FM 1963年録音)

   

クリス・コナー(vo)は、1962年にアトランティックからFMレーベルに移籍し、「At The Village Gate」と本アルバム「A Weekend in Paris」を録音しています。FMレーベルの活動期間は2年余りで、倒産してしまいますが、クリスのこの2作品は、ともに内容がよく、残してもらってよかったものです。

後にフュージョンの世界でも活躍したミシェル・コロンビエが編曲と指揮を行っています。ストリングスが入るものもあり、豪華な伴奏です。フランスに関連した曲は、シャルル・トレネ作の「I Wish You Love」だけなので、タイトルは、週末にパリのバークレイスタジオで録音が行われたといったところから付けられたようです。パリの地図を模したジャケットがお洒落です。

曲が興味深いです。歌手のジョニー・マティスが歌った「It's Not For Me To Say」、「Chances Are」、「Meantime」の3曲、ピアニスト兼歌手のボビー・スコットが書いた「I Love My Man」と「Johnny」、あとはほぼスタンダードで「Cry Me A River」、「I Could Go On Strings」、「Hum Drum Blues」、「The Second Time Around」、「I Wish You Love」の全10曲。聴いてみると佳曲が多く、選曲を行ったクリス・コナーのセンスの良さが発揮されています。

味わい深く、たまにそっと取り出して聴きたくなるアルバムです。スローテンポで哀愁も漂うような「It's Not For Me」や「The Second Time Around」、「Johnny」といったジャズファンにはあまり馴染がない曲が素晴らしく、クリス・コナーのちょっとハスキーな声と相まってムードがよく出ています。ジュリー・ロンドンのヒット曲「Cry Me A River」やシャンソンの「I Wish You Love」という有名曲を、モダンでクールなフィーリングが感じられるクリスの歌で聴けるのも大きな楽しみです。 

【スターバックス・コーヒーののオータム・ブレンドとマロンタルト・長野駅前店の外観】

   

マロンタルトと珈琲。

   

マロンタルトは、結構美味しく、出来がいいように思います。

   

長野駅前店店内。空いている時間にかかってきました。

   

スターバックス長野駅前店が入居している「C-one」ビル。『アールエフC-One』と表記されていて、「アールエフ」という名前が被さっています。PRのためか、あるいはビルの所有権を手に入れたのかもしれません。僕は、この「アールエフ」という電子機器メーカーで短期間ですが働いたことがあり、これを見ると当時のことが想い出されます。

   

二線路通りからみたSTARBUCKS COFEE。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加