安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

武満徹の曲を聴いています。

2016-08-01 19:59:43 | クラシック

作曲家の武満 徹(たけみつ とおる、1930年10月8日~1996年2月20日)が亡くなって今年で20年となります。10年ほど前に、たまたまテレビで、彼の作曲した曲を聴いて関心を持ち、CDを購入して彼の曲を少しですが聴いていました。

入門的なアルバムしか聴いていませんが、武満作品は、ジャズファンに親しみやすい面があるように思います。特に、モードやフリーの演奏に慣れていると、違和感があまりないという気がします。市立図書館で『武満徹 自らを語る』という本も借りてきましたが、作曲家本人が作品や生い立ちについて語っていて、ジャズとのかかわりもでてきて、興味深く読みました。

最近、聴いたCDの内容と感想は次のとおりですが、今年はタワーレコードから、下記に掲げた企画盤CDが発売され、僕も購入しました。

   

「弦楽のためのレクイエム」、「ノヴェンバ―・ステップス」、「カトレーン」、「鳥は星形の庭に降りる」、「そして、それが風であることを知った」、「エア」など。演奏は、小澤征爾(指揮)、オーレル・ニコレ(fl)、アンサンブル・タッシ、サイトウ・キネン・オーケストラ、ボストン交響楽団など。(DECCA)

「武満徹の軌跡」CD2枚組です。武満徹の代表作を優れた演奏で聴くことができます。年代を追って続けて聴いていくと、無調や実験的な音楽から、次第に調性があるようなものになっていったという感じがします。「ノヴェンバー・ステップス」は、とにかく刺激的で面白いです。

 

   

「鳥は星形の庭に降りる」、「精霊の庭」、「ソリチュード・ソノール」、「3つの映画音楽」など。演奏は、マリン・オールソップ指揮ボーンマス交響楽団。(NAXOS)

オーケストラによるたいへん繊細なハーモニーを楽しむことができます。「精霊の庭」や「鳥は星形の庭に降りる」もいいのですが、親しみやすいのは、3つの映画音楽で、「黒い雨より葬送の音楽」や「他人の顔よりワルツ」など、色彩感にあふれた、弦の響きを楽しめます。

 

     

「そして、それが風であることを知った」、「雨の樹」、「海へ」、「ブライス」、「巡り-イサム・ノグチの追憶に」、「ヴォイス」、「エア」、「雨の呪文」演奏は、トロント・ニュー・ミュージック・アンサンブル、ロバート・エイトケン(fl)です。(NAXOS)

「雨の樹」以外はフルートを中心とする室内楽です。フルートを吹くエイトケンをはじめ、武満本人から直接指導を受けたカナダの奏者たちの演奏。フルートやハープの音色の美しさや浮遊感が際立っている作品が多いです。

 

   

サッリネン:フルート協奏曲「アルルカン」/武満徹:海へII/ペンデレツキ: フルート協奏曲。演奏は、ペトリ・アランコ(fl)、オッコ・カム指揮タピオラ・シンフォニエッタ。(NAXOS)

武満の作品は、印象派的な美しさがあり、他の2曲も含めて面白く聴けます。演奏は、日本でもよく知られているオッコ・カムなどフィンランドの演奏者によるものですが、武満作品に北欧は、なんとなく似合っている感じがします。

 

   

「デイ・シグナル」、「夢の引用」、「ハウ・スロー・ザ・ウインド」、「トゥイル・バイ・トワイライト」、「群島S」、「夢窓」、「ナイト・シグナル」。演奏は、オリヴァー・ナッセン指揮ロンドン・シンフォニエッタ。(ドイツ・グラモフォン)

ロンドン・シンフォニエッタから依頼されて、武満徹が書いた曲を演奏しています。室内管弦楽団という編成は、いろいろな音の響きを得ることができるので、曲の内容は多彩です。「夢の引用」では、ドビュッシーの「海」から引用されています。クラシックでは珍しい手法だと思いますが、ドビュッシーの海が好きなので、特に印象に残りました。

   

長野市立図書館から借りてきました。聞き手は安芸光男さん。青土社刊。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イリヤ・カーラー(ヴァイオリン)のCD

2016-07-18 20:41:09 | クラシック

先日、ベルリン交響楽団の松本公演に行きましたが、ブラームスのヴァイオリン協奏曲のソリストがイリヤ・カーラーで、オーケストラはしょぼかったのですが、彼の演奏には感銘を受けました。カーラーの録音は、廉価盤レーベルのナクソスにたくさんあり、僕は当時安かったナクソスレーベルのCDを買ってはクラシックを聴いていたので、カーラーの名前も自然と覚えました。

最初に購入したのは、パガニーニの協奏曲です。ヴァイオリンの音色がよく、リズムが弾み愉悦感がこみあげてくる楽しい演奏にすっかりはまりました。他の人のCDを聴いているわけではないので比較はできませんが、歌いまくっている演奏に、ヴァイオリンのコンチェルトはカーラーのものを集めることにしました。また、パガニーニのカプリースもよかったので、他のものも購入してきました。

そこで今までに集めたのが下記のアルバムです。

   

パガニーニ「ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番」。伴奏は、スティーヴン・ガンゼンハウザー指揮ポーランド国立放送交響楽団。

   

パガニーニ「24のカプリース」

   

グラズノフ「ヴァイオリン協奏曲」・ドヴォルザーク「ヴァイオリン協奏曲」。伴奏は、カミラ・コルチンスキー指揮ポーランド国立放送交響楽団。グラズノフの協奏曲は、カーラーの演奏のせいもあって、名曲に思えます。

   

シューマン「ヴァイオリンソナタ」。僕はシューマンの曲をそもそも好んでいます。カーラーによる演奏がよくて、シューマンの感情の起伏まで伝わってきそうです。

    

ブラームス「ヴァイオリン協奏曲」・シューマン「ヴァイオリン協奏曲」。伴奏は、ピエタリ・インキネン指揮ボーンマス交響楽団。ブラームスも悪くないですが、とりわけシューマンの協奏曲が魅力的です。

   

ブラームス「ヴァイオリンソナタ」

   

チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲他」。伴奏は、ドミトリ・ヤブロンスキー指揮ロシア・フィルハーモニー。

   

イザイ「無伴奏ヴァイオリンソナタ」

   

シマノフスキー「ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番」。伴奏は、アントニ・ヴィト指揮ワルシャワ・フィルハーモニー。カーラーとヴィトという最高の組み合わせです。

   

カルロヴィッツ「ヴァイオリン協奏曲他」。伴奏は、アントニ・ヴィト指揮ワルシャワ・フィルハーモニー。珍しい曲ですが、カーラーとヴィトの組み合わせで聴くことができます。

次にイリヤ・カーラーの演奏するコンチェルトを聴く機会があれば、是非いいオーケストラの伴奏で聴いてみたいものです。

【イリヤ・カーラー略歴 コンサートのチラシから】

イリヤ・カーラーはパガニーニ(1981)、シベリウス(1985)、チャイコフスキー(1986)国際コンクールすべてに優勝している。ワシントンポスト紙は、‘すべての面において完璧なアーティストで比類なきヴァイオリニスト’と絶賛し、ロンドンのグラモフォン誌は‘私たちの耳を虜にする魔術師’と評している。1963年モスクワ生まれ。レオニード・コーガンとヴィクトル・トレチャコフに師事。レニングラード・フィル、モスクワ・フィル、ドレスデン・フィル、ベルリン放送交響楽団、ボルティモア交響楽団、モントリオール交響楽団など世界的なオーケストラと共演し、世界各地でリサイタルを行なう。また、毎年欧米の主要な音楽祭に招かれ高名な音楽家と共演している。数多くのCDの中では、パガニーニ・カプリース全曲が「至高の演奏であり、ヴァイオリニストの頂点を極めた20世紀の巨匠・ハイフェッツを彷彿させる。」と絶賛され、伝説的な名盤として知られる。

【NAXOSレーベル イリヤ・カーラーの略歴とアルバムのホームページ】

略歴(英文)とアルバム(日本文)ページへのリンク

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加