安曇野ジャズファンの雑記帳

信州に暮らすジャズファンが、聴いたCDやLPの感想、ジャズ喫茶、登山、旅行などについて綴っています。

ハンク・モブレー HANK MOBLEY QUINTET (CURTAIN CALL)

2017-11-12 10:00:38 | テナー・サックス

11月に入り来年の予定が春先も含めて入ってくるようになったので、スケジュール管理と日記をつけるために手帳を買いました。購入したのは、30年以上使い続けている『長野県民手帳』の2018版です。ほとんどの長野県民は県歌「信濃の国」を歌うことができ、また、このような県民手帳も発行され続けているのをみると、県民の間にいくらか一体感が醸成されているのかもしれません。演奏に一体感があるアルバム。

HANK MOBLEY (ハンク・モブレー)
HANK MOBLEY QUINTET (CURTAIN CALL)  (Blue Note 1957年録音)

   

ハンク・モブレー(1930~86年)は、ハードバップを代表するテナー・サックス奏者の一人で、多くの作品がありますが、これは録音当時未発表だったものです。1984年に「Hank Mobley Quintet featuring Sonny Clark」というタイトルで出され、96年のCD化に際しては、「Curtain Call」と名づけられました。1957年というモブレーが輝いていた時期における録音なので、見逃せないアルバムです。

メンバーは、ハンク・モブレー(ts)、ケニー・ドーハム(tp)、ソニー・クラーク(p)、ジミー・ロウザー(b)、アート・テイラーds)。ソニー・クラークの参加が嬉しいところです。モブレーとクラークは、ともにブルーノートレーベルで録音をしていましたが、共演したのは、5作あり、そのうちの一つがこの作品です。

曲目は、モブレーの自作が、「Don't Get Too Hip」、「Curtain Call」、「The Mobe」、「On The Bright Side」の4曲、スタンダードの「Deep In A Dream」、ドビュッシー原曲でラリー・クリントン作「My Reverie」で全6曲。「Don't Get Too Hip」のテーマの出だしが、ソニー・クラーク作「Cool Struttin'」に似ていて、聴くたびに喜んでいます。「Deep In A Dream」は、ソニー・クラークが「Leapn' and Loopin'」(Blue Note)でも演奏していて、そこではアイク・ケベック(ts)が吹いています。

4ビートのどっしりとした重量級リズムに乗り、モブレー(ts)やドーハム(tp)が滑らかなフレーズを奏し、クラーク(p)も重いタッチで、後乗りのプレイを展開していて、愛すべきアルバム。「Don't Get Too Hip」では、クラークがイントロ、ソロとメロディアスな美しい演奏を繰り広げ、「My Reverie」では、ドーハムが、邦訳すると「夢」という曲名にふさわしいソフトなトランペットを吹いています。ドーハムが抜けたカルテットによる「Deep In A Dream」は、モブレーが琴線に触れてくるような素晴らしいバラード演奏を行っており、目をつぶって聴き入りました。

【CD化当時のジャケット】

   

【長野県民手帳2018】

   

資料編も充実しています。

   

最初のページです。左には、長野県のシンボルである、県木「しらかば」、県花「りんどう」、県鳥「らいちょう」、県獣「かもしか」の写真があります。

   

見開きの左ページにはにスケジュールを入れて、右ページには簡単な日記を書いています。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スコット・ハミルトン LA ROSITA 

2017-10-22 10:05:39 | テナー・サックス

天気がよかったので、昼休みに善光寺近くの古本屋「遊歴書房」まで散歩を兼ねて出かけました。書店名から連想されるように、海外関連のものや歴史関係が多いことに品揃えの特徴があります。立地場所は人通りが少なく、在庫本も地味なものが多いのに、既に6年(2011年6月8日オープン)以上営業を継続されているのは立派です。デビューから長く活躍を続けるミュージシャン。

SCOTT HAMILTON (スコット・ハミルトン)
LA ROSITA (BLAU 2015年録音)

   

甲府ジャズストリートで、スコット・ハミルトン(ts)の演奏を聴いてよかったので、会場で販売されていたCDを購入し、サインももらいました。モダンスイング系の演奏だと想像できますが、ディナ・ディローズ(p)が参加していて、参加ミュージシャンにも興味が湧きます。地中海に面したスペイン東部のビーチリゾート、ベニカシムにおけるライブ録音です。

メンバーは、スコット・ハミルトン(ts)、ディナ・ディローズ(p)、Ignasi Gonzalez(b)、Jo Krause(ds)。ディナ・ディローズは、ニューヨークのピアニスト兼歌手ですが、ここではピアノに専念しています。ベースは地元の人で、ドラムスはドイツからです。ハミルトンが、イタリアを本拠にしているので、ヨーロッパのミュージシャンを含む人選になったのでしょう。

曲目は、タッド・ダメロン作「Lady Bird」と、あとはスタンダードで「Willow Weep For Me」(柳よ泣いておくれ)、「The Girl From Ipanema」(イパネマの娘)、「The Way You Look Tonight」(今宵の君は)、「La Rosita」 の全5曲。「La Rosita」は、コールマン・ホーキンス(ts)の「Meets Ben Webster」(Verve)収録の演奏が知られているエキゾチックな曲です。

寛いで楽しいスコット・ハミルトン(ts)のプレイは、先日の甲府ジャズストリートにおける公演を想い起こさせるものです。甲府でも演奏した「The Way You Look Tonight」では、ハミルトンのプレイは、メリハリもあってズート・シムズ(ts)を連想させ、ディナ・ディローズ(p)もはじける様によくスイングしています。「La Rosita」では、ボレロのリズムに乗り、ゆったりと吹くテナー・サックスの深い音色が素晴らしく、聴き惚れました。印象的なメロディをもっている「Lady Bird」やボサノヴァの「The Girl From Ipanema」と、どの曲からもハミルトンの好調ぶりが伝わってきます。 

【スコット・ハミルトンのサインと裏ジャケット】

   

ライブ終了後にもらったサインです。

   

ポートレートが載っている裏ジャケット。

【遊歴書房と購入した本】

住所:長野県長野市長野東町207−1
電話:026-217-5559
ホームページ:yureki-shobo

   

この建物の中にあります。

   

入口

   

善光寺近くの東町にあります。

   

東町では、古い家屋をリノベーションして飲食店が立地しています。ケーキ屋さんの「華恋」。

   

こちらは、ピザ店の「TIKU(チク)」。人気があってランチは満席でした。

   

購入した本です。カタルーニャ地域出身のジャズミュージシャンでは、テテ・モントリュー(p)やアンドレア・モティス(vo,tp)がいます。また、指揮者の大野和士が、カタルーニャ国立バルセロナ交響楽団の音楽監督を現在務めています。そんなことから、カタルーニャに興味を惹かれて、この本を買ってみました。

   

紀伊国屋書店のことを書いた本です。紀伊国屋書店は、たまに寄るので、興味を惹かれて買ってみました。本日は、新書版の本を2冊購入しました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ボブ・ロックウェル BLACK JACK

2017-09-24 10:01:40 | テナー・サックス

今年は、町内会の役員になっているので、行事や作業に時間をかなり割いています。お祭りの担当にもなっているので、一昨日の9月22日(金)は早朝から役員などに集まってもらい、提灯を飾ったり、神輿を作ったりと準備を行いました。午後4時過ぎには、子供たちも集まってくれ、子供神輿の巡回、神社への奉納と滞りなく終了しました。大人も子供もたくさん出てくれたので、勢いがあったようです。勢いのいいサックスを聴きます。

BOB ROCKWELL (ボブ・ロックウェル)
BLACK JACK (Marshmallow 2004年録音)

   

デンマークのスティープル・チェイス・レーベルの作品が、ディスク・ユニオンから復刻され発売されています。9月20日に発売された25枚の中にボブ・ロックウェルの「No Rush」が入っていて嬉しくなり、来日時の横浜「Dolphy」におけるライブを収録したマシュマロ・レーベルのアルバムを聴いてみました。

メンバーは、ボブ・ロックウェル(ts)、キャスパー・ヴィヨーム(p)、荒巻茂生(b)、大坂昌彦(ds)。ロックウェルは、サドメルやメル・ルイスのビッグバンドに在籍したのち、コペンハーゲンに移住したテナー・サックス奏者です。デクスター・ゴードンやジョニー・グリフィン、時にソニー・ロリンズのプレイを想い起させるところのあるミュージシャンです。

曲は、C・ポーターの「So In Love」、ドナルド・バード作「Black Jack」、V・ユーマンスの「Time On My Hands」、D・エリントンの「Purple Gazelle」、ミルト・ジャクソン作「Blues Legacy」、「Three Little Words~Theme」の6曲。収録時間は60分で、それぞれたっぷりとソロが聴けます。

ロックウェル(ts)の逞しい鳴りっぷりのテナー・サックスが楽しめ、きっちりとした編曲と締まったソロによって全体にスポーティーな感じがします。ヴィヨーム(p)は、かなりスイングしていて、このピアニストは好みです。ロックウェルのダークな音色で奏されるテーマとよく歌うソロ、ヴィヨーム(p)のエキサイティングなピアノが素晴らしい「So In Love」、ファンクっぽい曲想でで大坂のドラムスもイキイキしている「Black Jack」、流れるようなテーマが楽しい「Three Little Words」などと充実した内容です。

【お祭りの準備】

本番は追われていて、撮っている間がなかったので、朝の準備を終了した時点の写真です。長野市栗田地区の、日吉神社へ奉納しました。

掲示板の「秋季例祭」のお知らせ

公園の左奥に見えるシャッター付きの建物が、神輿の格納庫兼倉庫です。よく整備されていると初めて見た時には感心しました。

子供神輿の出来上がり。

町内の4か所に提灯も設置しましたが、意外に手間がかかります。すぐ横のお宅から電気を引いて点灯させます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジョニー・グリフィン YOU LEAVE ME BREATHLESS

2017-09-10 09:57:51 | テナー・サックス

無料情報誌「HOT PEPPER」9月号の特集は、『働く女子のための、太らない「コンビニランチ」5days』です。これは面白そうだと、中を覗いてみました。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの各店舗毎にサンドイッチやサラダを組み合わせ、カロリーが400~600kcalのランチを提案しています。意外に美味しく、栄養バランスのよさそうな組み合わせがあって、コンビニの商品も進化しています。メンバーの組み合わせがよさそうなアルバム。 

JOHNNY GRIFFIN (ジョニー・グリフィン)
YOU LEAVE ME BREATHLESS (BLACK LION 1967年録音)

   

ジョニー・グリフィン(ts)は、1967年3月30日と31日にコペンハーゲンでライブ録音を行っています。レコードでは3枚に分かれて出ていましたが、CDでは「ザ・コンプリート・モンマルトル・セッション」としてまとめた2枚組で出されました。普段はそのCDで聴いていますが、今回、レコードの1枚である「You Leave Me Breathless」を入手したので、改めて聴いてみました。

メンバーは、ジョニー・グリフィン(ts)、ケニー・ドリュー(p)、ニールス・へニング・ぺデルセン(b)、アルバート・ヒース(ds)。ジョニー・グリフィンはもちろん、ケニー・ドリュー以下リズムの3人も抜群のプレイを行っていて、比較的目立たないアルバート・ヒース(ds)も多彩なリズムで活躍しています。

曲は、セロニアス・モンク作「Rhythm-A-Ning」、スタンダードの「Old Folks」、デンジル・ベスト作「Wee」、フレッド・ホーランダ―作のスタンダード「You Leave Me Breathless」、グリフィンの自作「Leave Me Alone Blues」の5曲。 ミルト・ジャクソン(vib)とフランク・ウェス(fl)の「You Leave Me Breathless」の名演(「Opus de Jazz」(Savoy)に収録)が僕は忘れられず、このレコードもまずは同曲を聴きたくて購入しました。

ジョニー・グリフィン(ts)の豪放なプレイに加え、伴奏陣がスイングしていて、躍動感でワクワクするアルバム。タイトル曲のバラード「You Leave Me Breathless」では、遅いテンポでグリフィンがじっくりと旋律を吹き、ドリュー(p)のソロも繊細で情感がこもっています。ミディアムテンポの「Leave Me Alone Blues」では、グリフィンの無伴奏ソロがかっこよく決まり、「Wee」では、グリフィンに加え、リズム陣も超高速テンポで熱いプレイを繰り広げています。

【ハッシャバイ ザ・コンプリート・モンマルトル・セッションズ(CD2枚組)】

   

収録曲は15曲にものぼります。現在、廃盤状態のようです。

【HOT PEPPER 9月号】

   

表紙

   

特集の、「働く女子のための太らないコンビニランチ5days」

それぞれコンビニチェーンごとに月曜から金曜まで商品の組み合わせ例が載っています。サンプルとして月、火の分を掲載してみました。セブンイレブン火曜日の「ほぐしサラダチキン」に「ミックス野菜サラダ」はいいかもしれません。

ファミリー・マート。月曜のボンゴレスパゲッティに興味あります。

ローソン。月曜のサンドイッチとサラダの組み合わせがよさそう。

どのチェーンのものも、カロリーを考慮したものになっていますが、組み合わせて購入すると値段が600円を超えるものが多く、もう少し安くなればよいなと思いました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハービー・ステュワード HERBIE'S HERE

2017-07-12 20:03:08 | テナー・サックス

先日見た映画「カフェ・ソサエティ」は、ウディ・アレン監督の映画なので、スタンダードジャズがビッグバンドやテナーサックスの演奏によって流れていました。心躍る音楽なので、帰宅しても、音が頭の中から消えず、レスター・ヤング系のいいアルバムを聴こうと、ハービー・スチュワードのこの作品(CD)を取り出しました。

HERBIE STEWARD (ハービー・スチュワード)
HEREBIE'S HERE (Marshmallow 1992年録音)

   

ハービー・スチュワード(1926~2003年)は、1940年代後半にウディ・ハーマン楽団のセカンド・ハードで、スタン・ゲッツ、ズート・シムス、サージ・チャロフとともにサックスセクションの一員として演奏したことがよく知られていますが、他にもアーティー・ショーやハリー・ジェームスなどビッグバンドで活躍しています。

このハービー・スチュワードの熱烈なファンが、マシュマロレーベル主宰の上不三雄さんで、1992年に日本へ招聘してコンサートや録音を行っていますが、このアルバムは、山形公演におけるライブ録音です。メンバーは、ハービー・スチュワード(ts,cl)、ジーン・ディノヴィ(p)、デヴィッド・ヤング(b)、木村由紀夫(ds)。

曲はスタンダードなどです。「Serenata」、「Day Dream」、「Nica's Dream」(ニカの夢)、「Till The Clouds Roll By」、「Autumn Leaves」(枯葉)、「Don't Get Around Much Anymore」、「Goodbye」、「Herbie's Here」の8曲。「Herbie's Here」は、ジーン・ディノヴィが、スチュワードのために書いた新作で他はよく知られたスタンダードです。「Goodbye」は、上不プロデューサーからのリクエスト曲で、スチュワードはクラリネットを吹いています。

ハービー・スチュワード(ts, cl)の暖かい音色、モダンなフレーズを堪能でき、ジーン・ディノヴィ(p)らサイドメンも好調で素晴らしい作品。最初の「Serenata」から心地よくスイングする演奏が繰り広げられ、「Day Dream」は、美しいバラードで、スチュワードの高い音楽性が表現されています。「Autumn Leaves」では、スチュワードはメロディそのものをフェイクしていて、強く印象に残ります。意外な選曲の「Nica's Dream」とエリントンの「Don't Get Around Much Anymore」は、お楽しみナンバー、「Goodbye」は、クラリネットの音色が心に沁み、「Herbie's Here」は余韻が残ります。

【カフェ・ソサエティ サントラCD】

   

(収録曲)

1. ザ・レディ・イズ・ア・トランプ
2. ジーパーズ・クリーパーズ
3. マウンテン・グリーナリー
4. ハヴ・ユー・メット・ミス・ジョーンズ?
5. アイ・ディドント・ノウ・ホワット・タイム・イット・ワズ(時さえ忘れて) 
6. タクシー・ウォー・ダンス
7. ジング!ウェント・ザ・ストリングス・オブ・マイ・ハート
8. マンハッタン
9. マイ・ロマンス
10. ピック・ユアセルフ・アップ
11. アイ・オンリー・ハヴ・アイズ・フォー・ユー(瞳は君ゆえに)
12. ザ・ピーナッツ・ベンダー(南京豆売り)
13. 小さなホテル
14. アウト・オブ・ノーホエア
15. ディス・キャント・ビー・ラブ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加