地方の三文小説家「東義久」の独白

東義久のブログです。

京都新聞「随想やましろ」に「中世の東路と西路が現代につながった」として書きました。

2017-05-12 09:16:30 | 文学

京都新聞「随想やましろ」に掲載されたぼくの記事です。今回は、2017年5月14日、「中世の東路と西路が現代につながった」として書きました。興味のある方は読んでみてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼくらのバンド、ブルージー... | トップ | ナーダムでのライブ、終わる! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL