地方の三文小説家「東義久」の独白

東義久のブログです。

劇団京芸の「若冲異聞」を観てきた

2016-10-31 02:10:32 | 友だち数珠つなぎ
10月30日、劇団京芸の「若冲異聞」を観てきた。これは以前から親しくさせてもらっている女優の加藤小夜子さんが、今回出演するので、とお誘いを受けたものである。淀の納所にある京芸の芝居小屋は淀駅が競馬場の関係で以前より少し近くなり、徒歩12分で行けた。
今回の作品はその題からも判るようにフィクションである。
「若冲異聞 -久遠の流転-」と、題した今回の演劇、簡素化された舞台にこれから何が起こるのだろうかと興味津々で観ていると、駄洒落なども多くこれまでの京芸の舞台とは少し違う感じである。異聞としてあるように、この作品はフィクションである。幕開きはなんと山城の青谷の梅林からで、加藤小夜子の老婆と小池貴史の絡みに竹橋団と客演の大沢めぐみが加わり劇は進行して行く。ストーリーは書かずにおくが寺田の観音堂とかが出てきて、山城地方に若冲と関係があるかのようにおもしろく描いている。クライマックスの場面ではバックミュージックとしてローリングストーンズのペインテッドブラックがかかりこれまでにない新鮮さを感じた。山城にひとつの不思議な物語が出現した。
 六十人ほどのキャパで観る緊張感のある芝居の魅力、ただぼくも含めて観客の高齢化が気になる。芝居の魅力を若者にも知ってもらうため劇団京芸の役割はまだまだこれからである。


加藤小夜子さんとぼくと


 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おテルとおツルのうた語りを... | トップ | 北岡幸男くんの作品展を観てきた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL