地方の三文小説家「東義久」の独白

東義久のブログです。

映画「深夜食堂ーTokyo Stories」を観て来た

2016-11-08 00:55:44 | ひとりごとの部屋
11月7日、映画「深夜食堂ーTokyo Stories」を京都のイオンで観て来た。
第1回目の映画はちょっと期待はずれだったので、そんなに期待はしていなかったが、今回で路線が決まったように思えた。ぼくはテレビのワンクルー目からのご贔屓であったため、テレビの作品になれていたので一作目にはかなりの違和感があったが、二作目で漸く安定したように思った。原作漫画の三作ぐらいを合作していくのだろう、と。
鈴木常吉のテーマソングは渥美清の男はつらいよに匹敵するように聴こえてきた。
「絵描きのミノさん」など常吉のインストロメンタルなどがうまく使われていたが、今回は讃美歌「父御子御霊の大御神に」がうまく使われていた。これで男はつらいよのようにシリーズ化になるのだろうと予感した。
ただ、オダギリジョーのキャラクターはテレビのときのほうがよかったように思えるのだが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木津川市の山城祭りにジョー... | トップ | 近付いてきました。ドキドキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ひとりごとの部屋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL