地方の三文小説家「東義久」の独白

東義久のブログです。

大阪フェスティバルでジュリーのコンサート!

2017-01-20 02:27:13 | 音楽の部屋
1月20日、今年初めてのジュリーのコンサートに行ってきた。今回は東日本大震災以後に彼が作った曲ばかり22曲。被災地への思い、そして、反原発。そこには哀しみ、愛がいっぱいに詰まった沢田研二の怒りが詰まっていた。
今年もジュリーが止まらず動きだした。どっこい生きてる、との言葉に力をもらった。
席は1列目、こんな席は初めて。ぼくの従姉弟のおかげか?いっしょに行ったジョージ風呂本もノリノリだった。






いっしょに行ったジョージ風呂本
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルージーパパの公開リハーサルを京都のスローハンドで!

2017-01-20 01:58:31 | 音楽の部屋
1月19日夜、寒さ厳しい京都でブルージーパパの練習を兼ねた公開リハーサルをやってきた。
マスターの佐野さん、ありがとう。それにしても寒い寒い!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最初の京都新聞「随想やましろ」に掲載されたぼくの記事

2017-01-13 06:12:31 | 文学
今年最初の京都新聞「随想やましろ」に掲載されたぼくの記事です。今回は、2017年1月13日、「おめでとうやましろ30号」として書きました。興味のある方は読んでみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スローハンドに行ってきた

2017-01-12 09:38:54 | 音楽の部屋
1月11日、京都のライブハウス「スローハンド」をのぞいてきた。河さんがギターで助っ人するユミジヤーンバンドにマスターと助っ人で出るということなので観に行ってきたのである。てふてふのマスター、山本さん、ホーボーけいすけ、大勢のユミジャーンの親衛隊が来ておりフアンのおっさんたちの黄色い声援が飛んでいた。河さん、お疲れ!











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都ゑびす神社の十日ゑびすへ行って来た

2017-01-10 20:53:33 | ひとりごとの部屋
今年になって初めて京都に出かけた。そのついでに京都ゑびす神社の十日ゑびすへ行って来た。四条通りを歩いて南座の前まで来たt0き、北村謙ちゃんにバッタリと出会った。久しぶりの再会にもあまりしゃべることも出来ず別れた。ケンちゃんも十日ゑびすへ行って来たということだ。今年、最初の記念写真を撮って別れた。それから縄手通りを下がって京都ゑびす神社に行った。出店がいっぱいでひともいっぱい。おみくじを引くと吉だった。ケンちゃんのゑびすさんのように福々しい顔に出会い、今年はなにかいい年になるような気がしてきた。

北村ケンちゃんと。

南座の前。

京都ゑびすさん

吉でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29日、「松」の忘年会に行って来た。

2016-12-30 08:24:56 | 音楽の部屋
20016年の最後の忘年会が居酒屋「松」であったので、たっちゃんといっしょにのぞいて来た。
店主のアマやんが昔、ファンキーチキンというソウルバンドをやっていたため、当時の仲間が集まり、恒例のライブ忘年会になる。
今年も橋本のたっちゃん、じろうちゃん、キューちゃん、こんぶちゃん、きまたのつねちゃんなどが集まった。それに、今年はリハビリにがんばっているひとっちゃんも元気な顔を見せた。「松」は満席で直ぐにライブハウス状態。じろちゃんのプリティウーマンに始まり、ひとっちゃんのスイートホーム大阪もあり、最後はアマやん、キューちゃんも入り、たっちゃんのリードボーカルのファンキーチキンで大盛り上がり。
店主のアマやんも久しぶりにサックスを手に、リズム & ブルースが繰り広げられ、全員ノリノリ。楽しい夜だった。





たっちゃんと。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DSBの忘年会に行ってきた。

2016-12-18 01:28:12 | 友だち数珠つなぎ
DSBの忘年会に行ってきた。DSBというのは、同志社大学の学生放送局のことである。
当時、丸っぽ政治の季節といわれておりDSBも確か社学同の本拠地とされていたように思う。浜村ジュン氏やヨコチンなども属していた。
が、ぼくはもうひとつ居心地が悪かったのか、半年ほどで退部した。それでぼくにすればこの会に参加する資格はないのだが、コセンこと岩崎くんが一回顔を出せといってくれたので、前回から参加させてもらっている。コセンは当時、KBSのラジオ深夜放送などで有名だったので知っているひともあるだろう。現在も現役でやっている。今回は、ヨウスケや延原、サダヒロさんなども出席し、ワイワイガヤガヤ時間は直ぐに過ぎた。コセン、ありがとう!ちなみに巨泉に似ていたので小さな巨泉でコセンと、彼は呼ばれていた。

コセンちゃん。

ぼくとコセン。

ヨウスケと45年ブリ。

サダヒロさん。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライブ居酒屋Waoyaでライブがありました。

2016-11-28 09:37:09 | 文学
11月27日、宇治のライブ居酒屋Waoyaでライブがありました。今回は、「けいたろうバンド」の若さあふれるサウンドと「おつると高橋」の高橋くんの宇治デビュー、そしてうちのバンド「ブルージーパパ」との三組でした。
朝からの雨でお客さんの入りが心配でしたが、大勢のひとに来ていただき感謝です。今回も河さんに助っ人してもらいました。上野くん、徐々に回復に向かっています。
とりあえずたくさんの出会いがあり、楽しい夜でした。ありがとう!

ブルージーパパです。

河さんとぼく。

タクとたっちゃん。。
src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/30/81/081585666f79f07ba7d8563b14114761.jpg" border="0">
ブルージーパパ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「聖の青春」を観てきた

2016-11-26 02:33:43 | ひとりごとの部屋
11月25日、「聖の青春」を観てきた.
怪童と呼ばれた棋士、村山聖を描いた映画である。こんな生き様を見せられると、ノホホンと毎日を生きている我が身としては圧倒されるしかない。
この映画にかけた松山ケンジは村山聡に近づけるため体重を10キログラムも増やしたという。カメラのアングルもいい感じだと思った。
村山は名人羽生善治のライバルで怪童と呼ばれた。生まれたときからネフローゼという病に侵され、後に膀胱癌になり29歳で夭折するのだが、生きるとはなんだろう命ってなんなのかということが、村山の生きざまによりつきつけられる。「人間は悲しみ苦しむために生まれて来た。それが人間の宿命であり、幸せだ。ぼくは死んでももう一度人間に生まれたい」と、いう言葉を遺している。将棋は、勝負は殺し合いだといい、そのくせ心優しい村山聖の短いが重い29年の人生がぼくに突き付けるものは多きかった。いい映画だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スターダストに大谷朝子ちゃんを聴いてきた

2016-11-18 04:52:45 | 音楽の部屋
11月17日、先斗町のスターダストクラブで大谷朝子のブルースピアノを聴きに行ってきた。小さな店は満員、ノリノリの時間だった。あのノホホンとした朝ちゃんが醸すブルースフィーリングに酔った。ブルースピアノでは今、彼女がいい!今夜は、雨のジョージアがステキだった。ブルースは大嫌い。だけど好きだな。

スターダストクラブ

ギター、ハープ、ピアノ



朝子待ってろよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文化パルク城陽の講演、無事終わる

2016-11-14 01:20:49 | 文学
11月13日、城陽市の文パルのふれあいホールであった、ぼくの文化講演会は「地域の誇り~山城国一揆から民話まで~」と、題して行った。文化講演と、いわれると少し恥ずかしくもあるが、これはぼくが冠した演題ではない。始まる前は大きな会場なのでお客さんの入りが気になったが、大勢の方に来ていただきホッ、とした。そんななか、今井さんにパワーポイントの操作も手伝ってもらい、大きなほころびもなく無事終了出来た。来場していただいたみなさんありがとうございました!


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

近付いてきました。ドキドキドキ!

2016-11-11 01:50:36 | 文学
11月13日(日)午後2時から3時半まで、城陽市の文化パルク城陽ふれあいホールで、「地域の誇り~山城国一揆から民話まで~」と、題して講演会があり講師をします。近所の方、興味のある方、お暇な方はのぞいてみてください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「深夜食堂ーTokyo Stories」を観て来た

2016-11-08 00:55:44 | ひとりごとの部屋
11月7日、映画「深夜食堂ーTokyo Stories」を京都のイオンで観て来た。
第1回目の映画はちょっと期待はずれだったので、そんなに期待はしていなかったが、今回で路線が決まったように思えた。ぼくはテレビのワンクルー目からのご贔屓であったため、テレビの作品になれていたので一作目にはかなりの違和感があったが、二作目で漸く安定したように思った。原作漫画の三作ぐらいを合作していくのだろう、と。
鈴木常吉のテーマソングは渥美清の男はつらいよに匹敵するように聴こえてきた。
「絵描きのミノさん」など常吉のインストロメンタルなどがうまく使われていたが、今回は讃美歌「父御子御霊の大御神に」がうまく使われていた。これで男はつらいよのようにシリーズ化になるのだろうと予感した。
ただ、オダギリジョーのキャラクターはテレビのときのほうがよかったように思えるのだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木津川市の山城祭りにジョージ風呂本を聴きに行った

2016-11-07 00:59:12 | 音楽の部屋
11月6日、友人のジョージ風呂本が地元の産業祭にスケルトンズとして出演し歌うということで聴きに行ってきた。彼は当時、京都のGSではファニーズと人気を競っていたスケルトンズのリードボーカルだったが当時のメンバーは二人だけで、あとは若いメンバーが助っ人として加わっている。
昔と違い、曲目はローリングストーンズの曲ではなく忌野清志郎や大阪で生まれた女のショウケンバージョンなど7曲、メドレー式に歌い切った。
年齢を感じさせぬ円熟のジョージ風呂本のステージは、トラックの上でいい雰囲気!なかなか楽しめた。
ロッケンローラー・ジョージ風呂本健在である。

トラックステージ

ジョージ風呂本

タンバリン

ぼくと記念写真

風呂本パパの娘さん

ステージ終えてホッ、と一息
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都新聞「随想やましろ」に掲載されました

2016-11-04 09:02:52 | 文学の部屋
2016年11月4日、京都新聞「随想やましろ」に「若冲異聞を観てきた」として書きました。興味のある方は読んでみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加