地方の三文小説家「東義久」の独白

東義久のブログです。

2月17日、京都のスローハンドでブルージィーパパのライブ

2018-02-18 02:14:21 | 音楽の部屋

 

17日、京都のスローハンドでブルージィパパのライブ。京都は雪まじりの寒さのなか、たくさんの人たちが来てくれた。稲垣女史、こせんちゃん、ようすけ、のぶはら、井久保、ケコ、いりちゃん、こうのくん、それに、さとボンなど喜ばしいかぎりであった。いつも本当にありがとう。今夜は写真を撮り忘れ、KBS京都のアナウンサーだった(今も宝塚の番組を持ってはります)こせんちゃん撮影の写真を送ってもらいました。何からなにまですんません!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬場雄司先生の「宇治の音風景100選から考える音・人・自然」に参加

2018-02-13 01:43:25 | 友だち数珠つなぎ

 

2月10日、京都文教学園大学で行われた「宇治の音風景100選から考える音・人・自然」のシンポジュームとミニコンサートに参加してきた。これは感覚で捉える音そのものから全身感覚で捉える音風景の視点に広げて、宇治の魅力を発見しようというもので、今日は馬場先生がコーディネーターを務めておられた。以前、ぼくの近所に住んでいた中川真氏も本にまとめられていた。シンポの後は、カテリーナ古楽器研究所のメンバーによるミニコンサートもあった。馬場ピョンがいつもとは違う引き締まった顔で喋っていたのがなかなかのものだった。馬場先生、お疲れ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

居酒屋松5周年カラオケ大会に参加

2018-02-13 00:26:39 | 友だち数珠つなぎ

2月12日、ぼくらの友人のアマやんのお店「居酒屋松」の5周年を祝う会があったのでたっちゃんと行ってきた。今日はいつもの生演奏ではなく、全員がカラオケで歌うことになっている。いつものメンバー、ジロちゃん、コンブ、ひとっちゃん、常さんらが集まり、芸達者たちはいつもとは違いカラオケで演歌や流行歌を歌うのに、あのひとしさんは気取って「横浜ホンキートンクブルース」やて~!ほんま空気の読めんやつやで!ぼくは「女学生」澄んだ声で歌った。それにしても、アマやん、よう5年がんばった!おめでとうさーん、でーす!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月17日京都丸太町のスローハンドでブルージィーパパのライブです

2018-02-09 00:29:00 | 音楽の部屋

京都の冬の夕暮れはコート無しでは凍えてしまいそうです。そんな京都烏丸丸太町南東角のスローハンドで久しぶりにブルージィー・パパのライブです。暖かくなりたいので、どうかお暇な方もお暇でない方ものぞいてやってください。よろしゅうにおたのもうします!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よしだよしこさんのライブを奈良のバンダメリリで観てきた。

2018-02-05 10:05:47 | 音楽の部屋

2月4日、奈良のバンダメリリであった、よしだよしこさんのライブに行ってきた。店は満員でいい雰囲気。今夜は、よしだよしこさんのせい(?)で奈良で流行っているというマウンテンダルシマーの練習中のひとたちの演奏もあった。今日は「忘れないということ」「鉱夫の祈り」「高野君の焼き鳥屋」がみょうにこころにせまった。バックは永田たこ氏でケメのバックもやっていたとのこと。ママのしげさかさん、お気遣いありがとう。知り合いの清水くんに車で送ってもらいラッキーでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出版社「澪」」と寺町のMoritosiで打ち合わせ。

2018-02-04 00:52:19 | 文学

2月3日、節分の日、京都はことのほか寒かった。今日は大阪の出版社「澪」(みおつくし)の社長松村信人さんと本田馨さんとの三人で寺町のMoritosiで待ち合わせて打ち合わせをした。Moritosiはfb友だちのはっちゃんのお店である。今回は「南山城から見た、異国京都」と「東北、風の6人衆」のぼくの二作の出版についての話である。「南山城から見た、異国京都」は去年の夏過ぎから書き始めたもので、3か月ほどで書いた220枚ほどの作品。もう書けないと思っていたがけっこう気に入りの南山城から見る京都論が書けた。もうひとつの「東北、風の6人衆」は童話作品で、これまで「響きプロジェクト」として東北大震災のボランティアをされて来た本田馨さんから6年経ったので何か形としたい、とリクエストを受け童話形式で書いたもの。どちらも初夏くらいに出版出来たらいいなと思っている。お酒も食べ物も美味しく、それに安くしてもらいはっちゃんこと、森初恵さまー、ありがとさんでした!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅ちゃんの新春シャンソンショーを観てきた。

2018-01-22 08:57:41 | 友だち数珠つなぎ

1月21日、森ノ宮ピロティホールで「梅ちゃんの新春シャンソンショー」を観てきた。これは友人の風呂本寛の奥さんからの誘いで、実現したもの。彼女のヨガ友だちのこたにさん、美田村さんの計6人。ピロティ前で待ち合わせし、イソイソと出掛けた。もう最初から最後まで笑いっぱなし。ちょうど同じ日の夜に東方神起のライブがあり、森三中の黒沢が来ていていつ行くのか、となぶられっぱなしだった。アンコールでろくでなしを熱唱、鼻ピーナツも見られ大満足!終わってから風呂ちゃんの奥さんがネットで見つけておいてくれた天王寺の店に行き、打ち上げ。大阪の串カツもおいしかったし、梅ちゃんのショーも腹から笑えた。ありがとう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現代京都書作家展を観て来た。

2018-01-19 09:22:40 | 友だち数珠つなぎ

1月18日、FB友だちの稲垣彌生さんが京都大丸で開かれている第50回現代京都書作家展に出品されているので覗いてきた。今回の作品は河井寛次郎の「過去が咲いている・・・・」を、稲垣さんの書で表したもの。会場の作品を順に観てまわったが、彼女の作品は最後。紅白歌合戦でいえばトリである。額のピンクはちょっとぼくは不満だったが、それはぼくのセンスが古いのか・・・・。そんなことより稲垣さんおめでとうございます。写真撮影不可なので画像はありません。せっかく京都に出て来たので歌姫の隼瀬の聡ぼんの顔をみてから宇治に戻る。匠の館というところに小学校の同級生がいるのでお茶をいっぷくいただき、その後、山小屋で食事をしようと行ったが休みだった。いろいろ慌ただしい一日であった。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オープンデータソン in 宇治に参加

2018-01-15 03:54:21 | 文学

オープンデータソン in 宇治の会議に参加して来た。これは森田誠二さんが中心になって行われているもので、一度のぞいて、といわれていたので1月14日、烏丸丸太町にある「江湖館」という同志社の施設に出掛けて行った。新しい出会いもあってそれなりにおもしろく参加、ただ内容を聞かされていなかったので、IT関係に不得意なぼくはチンプンカンプン。ただ森田誠二さんと今年はなんか出来ればいいね、との話で盛り上がった。どうなるか楽しみでもある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月12日付け京都新聞朝刊山城版に 「千年のすれっからし、とは」と題して書きました

2018-01-12 04:24:20 | 文学

10月13日(金)京都新聞山城版で「千年のすれっからし、とは」と、題して書きました。興味のある方は読んでみてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年のルーティンをすませて、今年も行かん!

2018-01-11 05:01:20 | ひとりごとの部屋

このところ、年明けは地元の旦椋神社と京都市内の神社、そして十日えびすに参り、映画を観るのがぼくのルーティンのようになっている。今年の映画は「嘘八百」。さあ、今年も出発だ~!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もよろしくお願いします。

2018-01-01 11:02:38 | 文学

浄瑠璃寺で詠んだものです。今年もよろしゅうに!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

居酒屋松の忘年会に参加

2017-12-31 04:18:41 | 友だち数珠つなぎ

今年も残すとこわずか、30日は恒例の居酒屋松のライブでした。橋本のたっちゃんに誘われてのぞいてきました。松はあまやんのお店で、音楽の手練れが沢山集まります。ひとっちゃんやジロさん、こんぶちゃんなど、松を愛する音楽好きが集まり、楽しい夜は更けていきました。あまやん今年もありがとう!ごくろうさんでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加茂の浄瑠璃寺あたりを散策に

2017-12-22 11:06:08 | 文学の部屋

 

12月21日、友人の風呂本寛先生に案内を乞い、加茂辺りを散策してきた。先ずはJR奈良線で木津まで行く。風呂ちゃんが愛車S6で迎えに来てくれていた。今回の目的は二つあって、先ずは浄瑠璃寺の馬酔木を観ること。植物への憧憬の深い風呂ちゃんが一緒だと心強い。あしびとは馬が匂いを嗅ぎ酔っぱらったのが始まりらしい。もう直ぐ馬酔木の白い花が咲くらしい。偶然、和尚の佐伯功勝さんに会い、お茶をご馳走になった。和尚によると馬酔木は堀辰雄などは「あしび」と、呼んでいたようで学術的には「あせび」らしい。またひとつ賢くなった。もうひとつの目的は浄瑠璃寺のそばの寧楽工房の守田蔵さんに」会うことである。蔵さんは知るひとぞ知る有名人で、陶芸家であったが今は止めておられる。現在は撥鏤師をされている。白洲正子さんの知り合いであったのは有名で、正子さんも浄瑠璃寺にはよく来ていたということで、彼女は山門を入ったところの石垣がお気に入りだったという。蔵さんにはおもしろい話をいっぱい聞けた。風呂ちゃんのおかげである。その後、二人でキンコ屋に行き、コーヒーを呑み解散!風呂ちゃんありがとう!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「DESTINY 鎌倉物語」

2017-12-22 03:05:02 | ひとりごとの部屋

12月20日、朝から京都に出て映画「DESTINY 鎌倉物語」を観てきた。先ずはイノダで腹ごしらえをして、高田渡のことを思い出していた。そういえば京都のフォークの元祖の端田のりひこが亡くなった。寂しい昨今である。ぼくはイタリアンのスパを食べ、奥様はビーフシチューを食されていたように思う。そして新京極の映画館へ。鎌倉物語は西岸良平の漫画の映画化。最初のころは一色正和という主人公の名前から田村正和をイメージしていたが、映画化に時間を要し堺雅人が一色先生に。3丁目の夕陽と同じ森田監督である。奥さんは高畑充希でかわいい。黄泉の国に行った奥さんを取り返しに一色先生は妖怪などに立ち向かいながらいくのだが、ぼくは本当に楽しめた、子どもにもこんな映画から怖れというものを持ってほしいと思った。お勧めする。その後、有名らしいチョコを買いに行き、デパートにもついて行き、歩数計を観れば1万2500歩、よく歩いた。奥様も映画がお気に入りだったようで、ご機嫌のご様子。よかったよかった、とさ!DESTINY 鎌倉ものがたり

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加