地方の三文小説家「東義久」の独白

東義久のブログです。

GTRという車!

2015-05-25 22:06:07 | 友だち数珠つなぎ
ぼくはもうひとつ車に詳しくはないのだが、ぼくの友人には車が好きなやつが多い。それも二人乗りノスポーツカーである。
最近ではまた一人、本田のS6やマツダの新型ロードスターに色気を感じている仲間がいる。
この齢になると最後の足掻きとでもいうのか、若いころには手が出なかったスポーツカーやオープンカーにどうしても目が行くのだろう。
最近、GTRという車もぼくの周りに出現している。二人もこの車を所持するのだから、きっと車好きにはたまらない魅力があるのだろう。
車を買ったので見に来い、というので行ってきたが、ぼくが詳しくなくあまり感動しないので、拍子抜けしたようだった持ち主は、ぼくを助手席に乗せてブッ飛ばした。快適なドライブというより恐怖であげそうになった。
死ぬかと思った。そして、車の値段を聞いて、もう一度めまいがし、死ぬかと思った。

GTRのエンブレム。


いざドライブへ。二度と乗りたくなーい!

もう一人の友人のGTRです。
コメント

映画「駆込み女と駆出し男」を観てきた。

2015-05-25 20:36:45 | 友だち数珠つなぎ
5月25日、久御山イオンで「駆込み女と駆出し男」を観てきた。
これは井上ひさしが晩年に11年かけて執筆した「東慶寺花だより」を原田眞人監督が映画化したものである。
時は江戸、鎌倉に幕府公認の駆け込み寺があり、その寺を舞台にした物語である。
法は権力者のものではなく、庶民の幸せのためにある、という視点で造られているこの作品に好感が持てた。
井上ひさしが生きていたら今の為政者にどんな言葉を浴びせるのだろうか、ぜひ聞きたいものだと思った。きっとアホ、アッカンベーということだろうと思った。



コメント

木漆作家の石塚辰哉氏の個展をのぞいてきた。

2015-05-23 02:36:31 | 友だち数珠つなぎ
5月22日、今日は夜、定期健診のため病院へ行かねばならない。そのため、昼間に友人の木漆作家の石塚辰哉氏の個展をのぞいてきた。
彼は北海道の出身で、現在は宇治田原に工房を構え、オーダーメイドの家具を造ったり、コンテストなどでも賞を取ったり、ぼくの好きな木漆作家である。今回はアート作品に初挑戦ということで、楽しみに行ってきた。中京区のギャラリー中井は枯れの個性あふれる作品がいっぱい。家のなかにあって心地よい気持ちになれる作品を死ぬまで作り続けるとのこと。気持ちのいい個展だった。

個展会場

石塚氏

彼の作品




たくさんのお客さん

コメント

今朝、新聞の朝刊にぼくの新刊「童話屋でござる」が掲載。

2015-05-10 18:13:53 | 文学の部屋
今朝、友人のジョージ風呂本からの電話で起こされた。「あなたのことが新聞に載ってるよ」とのことだった。ありがたいことである。思い起こせば、今回の「童話屋でござる」は、地元のケーブルテレビKⅭÑ京都で彼と組んで放映した作品で編んだ本、久しぶりに会おうということになった。

コメント

ダーチャでロメルと晴さんのブルースライブを聴いてきた。

2015-05-03 01:05:47 | 音楽の部屋
5月1日、城陽市のダーチャでロメルと晴さんのブルースライブを聴いてきた。
ロメルは以前、ファニーカンパニーに所属しており、ぼくは彼のライブは2度目だ。晴さんは運悪く足を骨折しており、松葉杖姿で登場、波乱に満ちた幕開けとなったが、音は確かなもので切れ味がよかった。
ロメルはあのしゃがれた声で2時間近く歌いっぱなし。
ブルースはもちろん、日本語に訳したグッドナイトスペシャルやスパイダーズのナンバーもあって、あっ、という間の2時間半。すごくたのしめた。

ダーチャ。

ロメルと晴さん。

ロメル。
たっちゃんとロメル。

馬場先生とロメル。

たっちゃんと松葉杖の晴さん。

コメント

テレビを観ていたら田宮博子さんが出てましたよー。

2015-05-01 22:45:27 | 友だち数珠つなぎ
5月1日、テレビを観ていたらコメディアンのウドちゃんが旅をする番組が放映されていた。
ひょっとすれば京田辺なので、舞妓の茶の田宮博子さんが出られるのでは、と暫く観ていると、ぼくの勘はあたっていた。いつも何かとお世話になっている田宮博子さんが紹介され、いつものイロリでウドちゃんに紹介されていた。
京田辺市の旅でウドちゃんが絵入りの一句、
「夫婦愛 やさしく甘く いたわっ茶(ティー)」
と、田宮夫婦を詠んでいた。
いい感じでしたよー!それに、田宮夫妻の結婚式の写真や茶もみ日本一の博子さんの兄さんも紹介されていて、おもしろい番組に仕上げられていましたよ。

舞妓の茶本舗。

博子さん。

会長とウドちゃん。

兄さん。


ウドちゃんと一句。
コメント

長野たかし・森川あやこの昭和の歌を観てきた。

2015-04-29 22:14:22 | 音楽の部屋
4/29 (祝) ライブ居酒屋 waoyaで 【 長野たかし (ex. 五つの赤い風船) + 森川あやこ 】 の昭和の歌というライブがあり、観てきた。 結構、楽しませてもらった。 長野たかしと森川あやこ。
コメント

『龍三と七人の子分たち』を観てきた。

2015-04-29 21:34:35 | ひとりごとの部屋
4月28日夜、『龍三と七人の子分たち』を観てきた。 元ヤクザと詐欺集団との戦いをコミカルに描く、北野武監督による人間 ドラマ。オレオレ詐欺にひっかかったヤクザの元組長と仲間たちが詐欺で人々をだまそう とする ...それが70歳以上の老人ばかり。 彼らが7人の侍のごとく若いチンピラ どもに立ち向かっていく。 藤竜也や近藤正臣らが老いの悲しみをまともに相手にして闘って行くのを見ていると、おかしさの後に、哀しみが見え隠れする。 老いとの勝ち目のない闘いはおかしくて笑えるのだが、気が付けばそれは自分の悲しみでもあった。 主演の藤竜也、近藤正臣、中尾彬など。
コメント

ヒルゲートの桜井絵月作品展に行って来た。

2015-04-24 23:35:11 | 友だち数珠つなぎ
2015年4月24日、昨日に引き続き、絵画の作品展に行って来た。今日は大学からの友人である桜井絵月氏が京都の寺町三条の画廊ヒルゲートで行っている作品展だ。 彼女は現在、埼玉県に住み、年に一回京都のヒルゲートで個展を開いている。 目の調子が悪く、今回はいつもより小さな作品が多かったが、それでも桜井節は健在だった。ちょうどお客さんの引いた時間帯だったので創作のことや、現状のことなど心行くまで語り合ったところで、彼女のフアンのお客さんが来たのでぼくは失礼することにした。同年代が今でも創作を続けているのを見るのは嬉しいことである。 桜井女史と作品。
コメント

我がまちのギャラリーおおくぼが閉館になる。

2015-04-24 01:28:50 | 友だち数珠つなぎ
ぼくの友人の北岡幸男くんが所属する旦椋会の作品展が行われているのでのぞいて来た。 この旦椋会の作品展は今回で30回を数える。この会は、宇治市のギャラリーおおくぼでズッ、と続けらられていたが、今回で最後ということである。 なんでも諸事情でギャラリーおおくぼが閉館になるからだということである。 それでということでもないが、北岡くんはいつも以上に気合いが入っていた。 今は亡き創設メンバーの萩原万寿吉氏の作品も今回は飾られていた。この会の歴史を感じる。 常連のメンバーである北岡幸男くんは、アメリカコロラドのベイル、清水久義氏は四国カルストの朝を始めとした作品が並ぶ。 彼らの作品、そして旦椋会の作品展はギャラリー大久保が無きあと、どこへ行くのだろう。 きっと新しい場所で復活するのだろう。 無くなるおおくぼギャラリー。 自作の前での北岡くん。 コロラドの風景。 清水久義さん。 亡萩原万寿吉氏の作品。
コメント

京都新聞の連載「随想やましろ」に「童話屋でござる」の出版のことを書いてみました。

2015-04-10 10:43:08 | 文学の部屋
2015年4月10日の京都新聞に連載中の「随想やましろ」に今回出版した自著「童話屋でござる」の出版のことを書いてみました。興味のあるかたは一読をお願いします!
コメント

地元紙「洛南タイムス」が「童話屋でござる」を紹介!

2015-04-09 22:59:15 | 文学の部屋
2015年4月9日(水)付けの洛南タイムスで、ぼくの最新刊の「童話屋でござる」が紹介された。
洛南タイムスは宇治市、城陽市、京田辺市、宇治田原町、久御山町を中心に日刊で発行されている。
一面のカラーで紹介してもらった。作品には南山城の物語も多いので、ありがたいことである。

コメント

「童話屋でござる〜13の薬瓶〜」ぼくの新刊が久々の発売!

2015-04-04 02:25:19 | 文学の部屋
2015年4月10日、ぼくの久々の新刊「童話屋でござる〜13の薬瓶〜」が、澪標(みおつくし)から発売になりました!
今回の上梓で、単著では11冊目、共著では15冊を超えることになりました。自分でもよく続けてこられたと感慨深いものがあります。
今回はこれまで書いて来た童話をまとめたもので、ぼくの作品の大人の童話集です。
主に、ぼくの住む南山城を題材にした作品や、現代物などいろいろ揃えています。
ぼくの作品では絶版になった「京の走り坊さん」も再掲しており、結構、楽しんでもらえるのではないかと思っています。
ただ、有名作家の作品でもなかなか売れない時代、せっかく出版してくれる出版社のためにも今回は必至で売っていかなければ、と思っていますので興味のある方にはぜひ買っていただきたいです。

出版社  澪標(みおつくし) 定価  本体1600円プラス税

書店で買うよりも著者から直接買ってやろうというひとは、ぼくに直接注文していただいても結構です。よろしく! 






コメント

アルスシムラ「第一期性作品展」−それぞれの現在を織るーを観て来た。

2015-04-02 01:10:57 | 友だち数珠つなぎ
平成27年4月1日、『アルスシムラ「第一期生作品展」−それぞれの現在を織るー』を観て来た。
花曇りというのか、雨が降っていたので、松花堂であったが庭園には行かなかった。
この展覧会はぼくの女友だちではいちばん古い幼稚園の同級生の関川礼子さんの作品が展示されているので、出掛けたのである。
話を聞いて驚いたのは、飾ってある作品が、糸を染め、機を織って、一枚の着物にするということだった。
彼女の作品は「慈光」と「夕蛍」の2作。
どちらもいい感じだったが、ぼくは「夕蛍」が好きだった。
礼ちゃん、お見事!

「慈光」

「夕蛍」

松花堂の会場。



コメント

長野たかしさんと歌ってきた。

2015-03-30 06:45:37 | 音楽の部屋
3月29日の夜、今日は京都の祇園のライブハウスメービーで行われた元五つの赤い風船の長野たかしさんの夫婦ユニットのライブを聴きに行って来た。
いちばん前の席に坐らせてもらい、ワインを呑みながらいい気持ちで楽しんだ。
小さな会場で和気藹々のヅテージ、なかでもいいなと思ったのは彼の訳詞による、
「ハード タイムス カム アゲイン ノーモア」
うまくメロディーに歌詞が乗っていて聴いていて気持ちが良かった。
彼のVGというギターで2曲ほどいっしょに唄わせてもらい、ワインと相乗してますますいい気分の夜だった。
ありがとう長野さんご夫婦。

長野さん夫婦ユニットの始まりです。



奥さんが撮影してくれました。

長野さんのギターVG.
コメント