地方の三文小説家「東義久」の独白

東義久のブログです。

京都放送劇団「春の公演」で、拙作「銀の雨降る」が掛けられる。

2017-02-18 16:22:42 | 文学

 

京都放送劇団が3月25日、ウイングス京都イヴェントホールで、ぼくの小説「銀の雨降る」が深田美知子さんの脚本で上演される。ビートルズ来日から50年、ぼくとしてもどんな仕上がりになっているか楽しみである。入場料は無料である。ぜひ一人でも多くのひとに観てもらいたいものだ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉田神社の節分祭に行ってきた。

2017-02-04 01:00:32 | ひとりごとの部屋
2月3日、節分なので京都の吉田神社へ行って来た。先ずは京阪電車の神宮丸太町で下車し歩き始めた。丁度お昼だったので河道屋養老に寄って、蕎麦を食べて行くことにした。腹ごしらえが出来てから、また、吉田山に向かって歩き出した。東大路は京大病院の辺りから人がちょっと増え始め、吉田神社の鳥居が見えだすところまでくると人が多くなった。道の両サイドには屋台の店がいっぱい。歩いて本殿に着くと福豆を買い、おまいりをし、裏の菓祖神社に登ってお参りし豆茶をいただく。結局、鬼には出合わなかったが、我が裡なる鬼は追い出せたかどうか。それにしても、後で調べると9400歩も歩いたということ。これは3年ぶりぐらいの記録。明日明後日あたりの足の痛みが心配である。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「沈黙」の後はブルージーパパのライブ

2017-02-03 01:48:57 | 音楽の部屋
1月28日、今日は午前中に映画「沈黙」を観てきた。30年ほど前に読んだ遠藤周作の小説の映画化である。本のほうは拷問シーンを強烈に覚えているだけで、もうひとつはっきりとは覚えていなかった。が、暗い作品だろうな、とは思っていた。「主よあなたはなぜ黙ったままなのですか」そのフレーズを胸に、夜はライブ。なんか訳の判らないコンセプトのライブだった。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都放送劇団の練習を観てきた。

2017-01-27 00:06:50 | 文学
1月26日、京都夷川通御池上がるにある稽古場で行われた京都放送劇団の練習を観てきた。これは3月25日にウイングス京都で、ぼくの「銀の雨降る」が掛けられることになり、脚本も出来、いよいよ読み稽古が始まったので、見に来てくれとの事なので行ってきたのである。
京都は本当に寒かったが、稽古は熱く、我が作品ながら引き込まれて行った。今から、本番が楽しみである。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しい帽子のプレゼントで~す。

2017-01-23 02:48:13 | ひとりごとの部屋
ジョージ風呂本の奥さんが帽子を編んでプレゼントしてくれました。ぼくは2つとそれに今回はぼくのワイフにもです。ぼくは頭が大きいので市販のではちょっときつい。そのため、ぼくの頭のサイズに合わせた帽子はありがたい。この冬、ちょこっと暖かくなった気分。ワイフもよろこんでます。ありがとう!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年初めてのライブでーす。

2017-01-20 08:38:41 | 文学
今年初めてのライブでーす。宇治の小倉の「はなび」に出演させてもらいました。近鉄小倉駅の近くのライブ居酒屋で、練習不足のブルージーパパもがんばらねば!と、の意気込みでしたが、ぼくだけ空回り、歌詞が飛んでみんなに迷惑をかけました。が、あたたかいお客さんにも助けられ楽しい時間を過ごすことが出来ました。寒いなか来ていただいたみなさんありがとうございました。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪フェスティバルでジュリーのコンサート!

2017-01-20 02:27:13 | 音楽の部屋
1月20日、今年初めてのジュリーのコンサートに行ってきた。今回は東日本大震災以後に彼が作った曲ばかり22曲。被災地への思い、そして、反原発。そこには哀しみ、愛がいっぱいに詰まった沢田研二の怒りが詰まっていた。
今年もジュリーが止まらず動きだした。どっこい生きてる、との言葉に力をもらった。
席は1列目、こんな席は初めて。ぼくの従姉弟のおかげか?いっしょに行ったジョージ風呂本もノリノリだった。
ところで、翌日、サリーの誕生日ということで、先斗町の小さなライブハウ「スターダスト」にタイガースのメンバーがフラリと入ってきたということである。ジュリーに会いたかったな~!






いっしょに行ったジョージ風呂本
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルージーパパの公開リハーサルを京都のスローハンドで!

2017-01-20 01:58:31 | 音楽の部屋
1月19日夜、寒さ厳しい京都でブルージーパパの練習を兼ねた公開リハーサルをやってきた。
マスターの佐野さん、ありがとう。それにしても寒い寒い!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最初の京都新聞「随想やましろ」に掲載されたぼくの記事

2017-01-13 06:12:31 | 文学
今年最初の京都新聞「随想やましろ」に掲載されたぼくの記事です。今回は、2017年1月13日、「おめでとうやましろ30号」として書きました。興味のある方は読んでみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スローハンドに行ってきた

2017-01-12 09:38:54 | 音楽の部屋
1月11日、京都のライブハウス「スローハンド」をのぞいてきた。河さんがギターで助っ人するユミジヤーンバンドにマスターと助っ人で出るということなので観に行ってきたのである。てふてふのマスター、山本さん、ホーボーけいすけ、大勢のユミジャーンの親衛隊が来ておりフアンのおっさんたちの黄色い声援が飛んでいた。河さん、お疲れ!











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都ゑびす神社の十日ゑびすへ行って来た

2017-01-10 20:53:33 | ひとりごとの部屋
今年になって初めて京都に出かけた。そのついでに京都ゑびす神社の十日ゑびすへ行って来た。四条通りを歩いて南座の前まで来たt0き、北村謙ちゃんにバッタリと出会った。久しぶりの再会にもあまりしゃべることも出来ず別れた。ケンちゃんも十日ゑびすへ行って来たということだ。今年、最初の記念写真を撮って別れた。それから縄手通りを下がって京都ゑびす神社に行った。出店がいっぱいでひともいっぱい。おみくじを引くと吉だった。ケンちゃんのゑびすさんのように福々しい顔に出会い、今年はなにかいい年になるような気がしてきた。

北村ケンちゃんと。

南座の前。

京都ゑびすさん

吉でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29日、「松」の忘年会に行って来た。

2016-12-30 08:24:56 | 音楽の部屋
20016年の最後の忘年会が居酒屋「松」であったので、たっちゃんといっしょにのぞいて来た。
店主のアマやんが昔、ファンキーチキンというソウルバンドをやっていたため、当時の仲間が集まり、恒例のライブ忘年会になる。
今年も橋本のたっちゃん、じろうちゃん、キューちゃん、こんぶちゃん、きまたのつねちゃんなどが集まった。それに、今年はリハビリにがんばっているひとっちゃんも元気な顔を見せた。「松」は満席で直ぐにライブハウス状態。じろちゃんのプリティウーマンに始まり、ひとっちゃんのスイートホーム大阪もあり、最後はアマやん、キューちゃんも入り、たっちゃんのリードボーカルのファンキーチキンで大盛り上がり。
店主のアマやんも久しぶりにサックスを手に、リズム & ブルースが繰り広げられ、全員ノリノリ。楽しい夜だった。





たっちゃんと。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DSBの忘年会に行ってきた。

2016-12-18 01:28:12 | 友だち数珠つなぎ
DSBの忘年会に行ってきた。DSBというのは、同志社大学の学生放送局のことである。
当時、丸っぽ政治の季節といわれておりDSBも確か社学同の本拠地とされていたように思う。浜村ジュン氏やヨコチンなども属していた。
が、ぼくはもうひとつ居心地が悪かったのか、半年ほどで退部した。それでぼくにすればこの会に参加する資格はないのだが、コセンこと岩崎くんが一回顔を出せといってくれたので、前回から参加させてもらっている。コセンは当時、KBSのラジオ深夜放送などで有名だったので知っているひともあるだろう。現在も現役でやっている。今回は、ヨウスケや延原、サダヒロさんなども出席し、ワイワイガヤガヤ時間は直ぐに過ぎた。コセン、ありがとう!ちなみに巨泉に似ていたので小さな巨泉でコセンと、彼は呼ばれていた。

コセンちゃん。

ぼくとコセン。

ヨウスケと45年ブリ。

サダヒロさん。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライブ居酒屋Waoyaでライブがありました。

2016-11-28 09:37:09 | 文学
11月27日、宇治のライブ居酒屋Waoyaでライブがありました。今回は、「けいたろうバンド」の若さあふれるサウンドと「おつると高橋」の高橋くんの宇治デビュー、そしてうちのバンド「ブルージーパパ」との三組でした。
朝からの雨でお客さんの入りが心配でしたが、大勢のひとに来ていただき感謝です。今回も河さんに助っ人してもらいました。上野くん、徐々に回復に向かっています。
とりあえずたくさんの出会いがあり、楽しい夜でした。ありがとう!

ブルージーパパです。

河さんとぼく。

タクとたっちゃん。。
src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/30/81/081585666f79f07ba7d8563b14114761.jpg" border="0">
ブルージーパパ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「聖の青春」を観てきた

2016-11-26 02:33:43 | ひとりごとの部屋
11月25日、「聖の青春」を観てきた.
怪童と呼ばれた棋士、村山聖を描いた映画である。こんな生き様を見せられると、ノホホンと毎日を生きている我が身としては圧倒されるしかない。
この映画にかけた松山ケンジは村山聡に近づけるため体重を10キログラムも増やしたという。カメラのアングルもいい感じだと思った。
村山は名人羽生善治のライバルで怪童と呼ばれた。生まれたときからネフローゼという病に侵され、後に膀胱癌になり29歳で夭折するのだが、生きるとはなんだろう命ってなんなのかということが、村山の生きざまによりつきつけられる。「人間は悲しみ苦しむために生まれて来た。それが人間の宿命であり、幸せだ。ぼくは死んでももう一度人間に生まれたい」と、いう言葉を遺している。将棋は、勝負は殺し合いだといい、そのくせ心優しい村山聖の短いが重い29年の人生がぼくに突き付けるものは多きかった。いい映画だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加