地方の三文小説家「東義久」の独白

東義久のブログです。

宇治市民大学の講師、なんとか終了。

2016-04-18 23:25:05 | 文学
宇治市民大学がなんとか終わりました。
4月16日(土)宇治市生涯学習センターで宇治市民大学があり、「山城国一揆」と、題して講義をして来ました。120人を超える大勢の人に来ていただき、大きなお叱りもなく、無事終わることが出来ました。会場には知っている顔もちらほらあって、わざわざおいでいただき感謝です。



皆さん熱心に聴いていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇治市民大学のお知らせ!

2016-04-14 01:49:00 | 文学
4月16日(土)午前10時から11時半まで。宇治市生涯学習センター。
わたしが、「山城国一揆」の演題で講義させてもらいます。暇でお困りの方はのぞいてみてください。入場料は500円だそうです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レストラン庵樹で馬場精子さんの朗読会

2016-04-11 00:19:46 | 文学
4月10日、レストラン庵樹で馬場精子さんの朗読会があった。今回はマリンバ奏者の戸田文代さんとのコラボで、南山城では初めてである。すぐにチケットはソルドアウトでそんなに宣伝できなかった。
朗読作品は「転生」志賀直哉、「やまなし」宮沢賢治、そして、拙作「京の走り坊さん」東義久で、効果音は戸田文代さんが作曲。いい感じに仕上がっていた。
マリンバの演奏もあり、いい雰囲気のレストランで、ぼくの友人も駆けつけてくれいい雰囲気のいい感じの朗読会だった。
馬場精子さんありがとう。おつかれさんでした!



朗読が始まりました。

ぼくも挨拶しました。

プログラムです。

マリンバ戸田文代さん。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こせんちゃんに誘われⅮSB(同志社学生放送局)の同窓会に参加してきた。

2016-04-06 01:32:46 | 友だち数珠つなぎ
4月5日、こせん(岩崎正美)に誘われてⅮSB(同志社学生放送局)の同窓会に参加してきた。こせんは近畿放送、つまりKBS京都のディレクターで、当時、大橋巨泉の小型版のため小さな巨泉、つまりこせんと呼ばれていた名物ディレクターだった。
ぼくは大学の1回生のとき、1年だけクラブに加入していたが、直ぐにやめた。そのため、ぼくがⅮSB(同志社学生放送局)に加入していたのを覚えているものはあまりいない。そんななか、こせんだけが覚えていてくれて、ⅮSBの同窓会をするので参加したら、と誘いを受けた。ぼくも出席したひとたちも記憶があいまいだったが、延原くんを始め数人が覚えていてくれて懐かしい話に花が咲いた。
そして、ぼくがすっかり忘れていたことを、みんなが覚えていてくれたり、人間の記憶の曖昧さに自分でも驚いた。
こせん、ありがとう!

こせんと。

みんなで。

場所を移して。

延原くん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

倉橋容堂の「The尺八本曲」ライブに行ってきた。

2016-04-03 01:42:10 | 音楽の部屋
4月2日(土)、京都のうずらギャラリーで友人の尺八演奏家、倉橋容堂のライブがあったので聴きに行って来た。彼はふるくからの友だちで、ぼくの作品と彼の尺八のコラボも何度かやっている。高林陽一監督の映画の音楽も担当したり、尺八一本で世界を股にかけて活躍しているプロの尺八演奏家であり、無住庵尺八道場の道場主でもある。今日は一曲ずつ彼の曲の解説があり、鶴の巣籠と福島の関係であるとか、また、一休寺で毎年演奏している紫鈴法の解釈や、一曲目は南山城の曲ではないかとの興味深い話もあり、いい雰囲気の演奏会であった。見逃された人は、好評につき5月1日に同じくうずらギャラリーで再演されるのでどうぞ!

倉橋容堂氏

うずらギャラリーにて

記念撮影

パンフレット

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よしだよしこさんのライブを観てきた。

2016-04-02 01:18:46 | 音楽の部屋
2016年4月1日(金)、京都木屋町蛸薬師のファルーカでよしだよしこのライブがあったので、行ってきた。
この店は普通はバーでPAなど完備されてはい
ない。15人ほどで満員の小さな店だ。そのため表情からギターの運指まではっきり見えて、徳した気分.
ダヒオンの鳥で始まり、一部はギターで8曲。
休憩をはさみ、2部はマウンテンダルシマーに持ち替え始まった。
そして、またギターにかえて最後の高野くんの焼き鳥屋まで一挙に。
今夜は、
祈りだけで生きてるようなかあさん
と、いう一節が妙に心に絡み、そして残った。
彼女の安定したギターテクニックと優しい声に、酒の弱いぼくもジンにほろ酔い加減で素敵な一やだった。
今度はいつ会えるだろう





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジュリーの「悪名」を観てきた。

2016-03-31 00:30:34 | 文学
今回は大阪梅田のシアター・ドラマシティーでジュリーの音楽劇を観てきた。
今日はジュリーの追っかけ的なぼくを冷やかすように、友人たち6人で出かけた。
今東光の原作の同名小説を音楽劇に仕立てている。沢田研二のフアンではあるが、コンサートと違い正直、そんなに期待はしていなかった。ところがドッコイ、始まると同時にぼくは舞台にグイグイと引き込まれていった。ぼくが高校生くらいのときに観た大映の勝新と田宮二郎の物語がなぜだか現代に通ずる。売春防止法のころの話なのに、少しも旧くはないのである。
一緒に行ったジョージ風呂本はジュリーと同年代のスケルトンズというバンドのリードボーカルだったが、沢田研二のすごさに感動していたし、タクちゃんもタイコとギターだけのバックミュージュックだけでも迫力あった、とそれぞれが感心していた。
楽しくて感動いっぱいの茶屋町の夜だった。ジュリー大好き!

みんなで記念撮影



みんなでラーメン

梅だの夜は更け行く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐川美術館へ美人に会いに行ってきた。

2016-03-30 00:02:55 | ひとりごとの部屋
3月29日、滋賀県にある佐川美術館で開催されている「華麗なる美人画」展に行き、たくさんの美人ちゃんと会ってきた。
ここには平山郁夫も常設されている。
画の判らないぼくでも、美人画はなかなかいいものだと思った。

華麗なる美人画

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春画展をジョージ風呂本夫妻と観に行ってきた。

2016-03-24 23:46:09 | 友だち数珠つなぎ
京都の岡崎にある細見美術館にジョージ風呂本夫妻と春画展を観に行ってきた。
風呂本夫妻は美術館の前で待っていてくれたが、見栄をはってタクシーもつかわず三条京阪から歩いて行ったぼくは息があがってフラフラ、風呂本先生は美術館の前でそんなぼくを見つけて手を振り大笑い。人気があり、1時間待ちぐらいは当たり前と聞いていたので覚悟をしていたのに、待ち時間もなくスッ、と入れた。
北斎や歌麿の春画を観ての正直な感想は、みんな立派!
風呂本夫妻は元気だったが、ぼくは少々お疲れ気味でした。





帰り道、元気な3人についていくのがやっと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬場精子「春に咲く vol,2朗読とマリンバ」が開催!

2016-03-22 00:38:48 | 文学
2016年4月10日(日)に馬場精子「春に咲く vol,2朗読とマリンバ」が開催される。
南山城では初めてといっていいくらいの馬場精子さんの朗読会が井手の樹庵というレストランで開かれる。
ぼくの「京の走り坊さん」も演目にあり、今から楽しみだ。11時会場、人気の樹庵の食事とマリンバn演奏と朗読。入場料5500円。
今回は馬場精子さんによると残念なことにというか、嬉しいことにというか、人気がありすでに完売、ソルドアウトらしいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回ウジ ミュージック パラダイス 無事終了 ありがとう。

2016-03-21 01:19:35 | 音楽の部屋
3月20日(日)、第4回宇治ミュージックパラダイスが沢山のお客さんで無事終わりました。
今回は、お馴染みのツルさんのバンド、ココワドコと、ボブディラン一筋のボブ浅野ウイズロビー中野、そしてダーチャのハウスバンドのチェリーズの出演でした。
お客さんもそれぞれのバンドを十分楽しんでもらったようで、アンコールもあっていい雰囲気のライブになりました。次回はぼくらのバンド、ブルージィー・パパも出演の予定ですのでよろしく!

ココワドコ

ボブ浅野とロビー中野

チェリーズ

記念写真



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族はつらいよを観てきた

2016-03-19 08:59:37 | ひとりごとの部屋
3月18日、「家族はつらいよ」を観に行ってきた。これは「東京家族」の出演者で撮られた作品である。これはきっと小津安二郎の「東京物語」へのオマージュでもあるのだろう。
ぼくは山田監督の作品では「馬鹿が戦車でやってくる」と、いう作品が忘れられない。秀逸であると思っている。この作品もその延長線上にあるのだろう。友人は「あなたの存在がストレス」との台詞が胸に沁みたといっていたが、おかしくてやがて悲しきである。ぼくは山田監督作品ではシリアスなものより、コメディー風なものが好きなのだが、この作品も気楽に楽しめやがて悲しき、であり、そして期待通り十分に笑わせてもらった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月18日付け京都新聞朝刊山城版に「今は昔、中川寺勧進興行」と、題して書きました

2016-03-18 06:58:45 | 文学
3月18日付け京都新聞朝刊山城版に「今は昔、中川寺勧進興行」と、題して書きました。興味のある方はご一読を!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-03-14 21:47:34 | 文学
宝田のおつるさんと始めた「宇治ミュージックパラダイス」が今回で4回目になります。今回はボブディラン一筋のボブ浅野ウイズロビー野村、おつるさんのココワドコ、そして、ブルースのチェリーズです。ぼくらのバンド、ブルージーパパは今回はお休みですが、3月20日、よろしゅうに!
宇治わおや、19時〜。お待ちしてまーす!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼくの作品のハシゴ鑑賞をしてきた!

2016-02-29 00:42:16 | 文学の部屋
2月28日(日)午前と午後にかけて、劇と朗読の公演があり観てきた。
先ず午前11時から城陽市の陽和園で、拙作「こうの巣山のヨジババ」が民話劇団さくらにより上演された。今回で4回目の公演は黒田尚子さんの美術・演出と並川理子さんを始めとする劇団員の皆さんの情熱でなかなか引き締まってきたように感じた。
午後1時半からは場所を城陽市の南部コミセンに移して「木津川を泳いだ大仏さん」が城陽の民話を語る会により朗読された。これは後藤峰子さんと奥山弘子さんが中心になりつづけられきた会で、今回は源氏物語の語りで知られる六嶋由美子さんも加わり影絵に合わせて朗読が行われた。今回は後藤さんの親族の方が作られた木津川の帆かけ船と渡し舟の模型も展示され、渡し舟をメーンにした物語を作ってほしいといわれ、盛り上がった。
自分の物語がこうして取りあげられ、お客さんにも結構楽しんでいただけ、面はゆい充実の一日であった。


民話劇団さくらの「こうの巣山のヨジババ」



民話の会の始まり

後藤さん

六嶋由美子さん

記念撮影

渡し舟の模型
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加