地方の三文小説家「東義久」の独白

東義久のブログです。

草刈りの苦痛と恍惚

2017-05-22 02:11:54 | ひとりごとの部屋

 

ぼくの家の裏には約30坪ほどの庭がある。庭といえるほど立派なものではないが、柿の木や樫木、青桐と紫陽花や母の植えた水仙などがある。この小さな空間はぼくを癒してくれるのだが、半面、ストレスになる。それは雑草。知らぬ間に草がボウボウとなってしまう。植木屋さんやシルバーさんに頼んだりもするのだが、今回は自分で草引きをしてみることにした。足腰がきついので、牛乳箱に坐り、ゆっくりはじめた。引いても引いても少しも草は減らない。腰は痛いし足も手も・・・もう止めようと何度も思ったが、なんとか続ける。フ、と気づくと優しい風が心地よい。いっつもしんどいばっかりの草引きが少し違った感覚に。ただ草を引く、そのことだけで無心になれることがなかなかのものと、発見!草に埋もれていた紫陽花もこれで楽しみ。かなりの足腰の痛みの代償としての達成感と恍惚

ワトソニア

シラン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石塚辰哉木漆展に行ってきた

2017-05-21 00:44:15 | 友だち数珠つなぎ

5月20日、京都木屋町三条上がるギャラリー中井で行われている「石塚辰哉木漆展」に行ってきた。
彼は北海道道南の出身で宇治田原に住み着き、木漆の作品をコツコツと作っている。
そして、1年に1回のペースで個展も開いている。去年は信楽だったが、今年は5月16日~21日までギャラリー中井で開催されている。
「日々の生活の中で愛着を持って使って頂ける家具、小物を宇治田原で30年間作り続けてきました。そして、これからも・・・・・・」とのことだが、どこか民芸運動と通じる彼の作品は観ていて安らぎを感じるが、生活のなかにおくとどんなふうに生活に溶け込み役立ち輝きだすのか、と想像して観ているとおもしろい。朝、庭に咲いていたシランの花が彼の作品に何気なく飾られていた。生活のなかに見事に調和して素敵だと思った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良の長谷寺に行って来た

2017-05-18 04:28:23 | ひとりごとの部屋

5月17日、日ごろの行いの悪さを洗い落そうと、花の寺、奈良の長谷寺に牡丹を観に行ってきた。これはフェースブック友だちの辻くんが行って来たとアップされたので急にぼくもみたくなって行ったのである。軟なぼくには坂がきつかった。9000歩は歩いたみたい。また、きれいなぼくに戻れたが牡丹は完全に時期を失しており、チラホラしかなかったよー!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナーダムでのライブ、終わる!

2017-05-14 12:33:13 | 音楽の部屋

5月13日、ナーダムでブルージーパパのライブがあり、ひさしぶりの友人たちも大勢来てくれて、何十年ぶりに会うひともいて懐かしく嬉しかったです。少しだけど話も出来、それぞれがそれぞれの人生、一所懸命に生き輝いていてよかったです。今夜は、演奏の後に、ナーダムのマスターの提案でブルージーの橋本達雄くんがルート66の旅行記を語るコーナーもあり、楽しく過ごせました。皆さんありがとう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都新聞「随想やましろ」に「中世の東路と西路が現代につながった」として書きました。

2017-05-12 09:16:30 | 文学

京都新聞「随想やましろ」に掲載されたぼくの記事です。今回は、2017年5月14日、「中世の東路と西路が現代につながった」として書きました。興味のある方は読んでみてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼくらのバンド、ブルージーパパのライブのお知らせ

2017-05-05 22:44:47 | 音楽の部屋

 

2017年5月13日(土)17時30ごろか学研都市 精華町光台にあるジャズポイント ナーダムでライブをします。ナーダムは本来、2か月に一度くらいのペースで渋谷たけしなど有名なジャズミュージシャンなどがライブをしているが、こんかい、ブルージーにお声がかかった。なんでも「お気楽な雑談会」を春宵噺をされているようで、その口火切りにぼくらのバンドがゲストで呼ばれた。ぼくらは決してジャズバンドではなくゆる~いブルースバンドである。参加費はワンドリンクとスナックで1500円、ほかに今回は居酒屋メニューがあるということです。近くの方も遠方のひとものぞきにきてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金沢に行って来た

2017-05-05 00:38:33 | ひとりごとの部屋

5月4日、急に金沢に行くことになった。ぼくの連れ合いが加賀の指ぬきというものをやっており、大西ゆきこ先生が開かれる公募展に作品を提出しており、その作品を観に行った。金沢の21世紀会館の地下会場には生徒さんたちの作品が沢山並べられている。うちの連れ合いの作品も出展されていた。こうしてこんな会場に飾られるとそれなりに見えることに驚いた。サンダーバードも北陸新幹線が開通するためもう直ぐなくなるということで、これも乗り修めになりそうだ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ながいようのライブに行って来た。

2017-05-01 01:35:21 | 音楽の部屋

2017年4月30日⦅日)、滋賀県の水口町の旧水口図書館にながいようさんのライブを聴きに行って来た。今回は、【ながいよう&丸岡マルコ淳二】である。ちょっと遠いけれど、息子が横浜から帰っていたので送ってもらった。昔、女の子の友人がいて、水口には何度も来ているが、道路事情がすっかり変わってまったく道がわからなくなっていた。今日の会場は古い雰囲気のある図書館の二階。まづ丸岡マルコ淳二から始まる。トリはもちろんながいようさん。1979年物のマーチンⅮ2はPAのない会場でもいい音を出している。当日の演目は①彼女が帰って行く②ぼくの旅、これはきょうぞうの故郷の伊勢に墓参りする曲③ガムをかんで、この曲が始まると会場に合唱が起こったがぼくはまだ知らずに聴いているだけだった。④アブのウミンチュー、オスプレーの墜落のことを歌っている。⑤プカプカ⑥南の風、戦争は急に始まるもんじゃない、という歌詞が印象的だった。⑦グローリーグローリーハレルヤ、で始まる曲。アンコールはサーカスにはピエロがと男らしいってわかるかい。であった。彼のライブを聴いていて、彼の曲には大上段にかまえたものではない静かな抵抗の物語があるように感じた。聴きに行ってよかった。帰りは近江鉄道が停まっているとのことで、途中の駅まで池田啓さんに車で送ってもらった。ありがとう池田さん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野村哲夫氏が訪ねて来た。

2017-04-21 23:52:48 | 音楽の部屋

野村哲夫氏は昔、ジャズピアニストで一時、杉田二郎と一億分の四というバンドを組んでいた。万博の年の、1970年3月15日から8月で解散。その後、福岡風太がプロデュースし野音で春一番が始まった。URCのレーベルにはハッピーエンドやディランセカンドがいたことなどを話してくれた。最初、ディランは、きょうぞう、大塚まさじ、ながいようで出発したが、きょうぞうが抜け、大塚まさじ、ながいようでディランセカンドが再出発、そのファーストアルバム「きのうの思い出に別れを告げるんだもの」が1971年に録音されるのだが、そこには野村哲夫がピアノで加わっていることなども話してくれた。ほかにも中川イサトもいた。そこにはもちろん後にヒットするプカプカも録音された。野村は今から13年ほど前に能に出血し、右半身が麻痺。そのためピアノは片手でしか弾けなくなった。無念だったろう。その後、彼はぼくらのバンドに左手だけで助っ人してくれたこともあった。左手だけでもすごかった。中川イサト、西岡きょうぞう、村上律、上田正樹、ハッピーエンドなど懐かしい名前を交えて当時の話をたくさん聞かせてもらった。いつしか夕闇がせまりぼくたちは再会を約束して別れた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「やましろ」30号に拙作「木津川浜のポンポコ」を掲載

2017-04-18 18:37:09 | 文学の部屋

南山城には地域史研究の老舗といえる城南郷土史研究会の発行する機関誌「やましろ」がある。「やましろ」は1953年に創刊されている。途中、休刊もあり、中津川敬朗氏が中心となり今回で30号になるという。ぼくも18号から23号まで編集長として関わった。俗にいう3号雑誌で潰れていく同人誌のなかで今日まで続けてこられた関係者の努力には頭がさがる。ぼくも記念の30号に創作民話「木津川浜のポンポコ」と、題した作品を掲載している。一冊1200円で販売されているので興味のあるかたはどうぞよろしく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トライムのライブ、終わる

2017-04-16 21:15:11 | 音楽の部屋

4月16日、伏見の淀の競馬場の近くにあるシフォンケーキとランチの店トライムの「春のランチライブ」です、対バンは、トップがひょうたん島、てら、ツモロークルーズでした。トップのひょうたん島はさすがベテランで、やり逃げ。参りました。まぁそれでもなんとかお客さんの盛り上げで、楽しく終わることができました。マスターごくろうさん、トライムがこれからますますみんなの充実した発表の場となりますように!当日の演目は、フチクチマン、ロング ブラック ベイル、天国の扉、ザ ウエイト、青い瞳のステラ、祈り~明日のために~(オリジナル)、とアンコールにルート66、スタンド バイ ミーでした。今日は嬉しいことがありました。それはぼくらのオリジナルの、祈り~明日のために~を初めて聴かれたお客様が感動で泣かれたことでした。嬉しかったです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月16日、淀のトライムでブルージーパパのライヴ。来てね!

2017-04-12 01:52:51 | 音楽の部屋

4月16日(日曜)、淀にあるシフォンケーキとランチのお店トライム(075ー202-6319)でブルージーパパのライヴです。今回、初めての店なので皆さんぜひ来てください。午後1時~3時まで。ぼくらはトリのため2時半くらいからです。お待ちしております。いっしょに楽しんでください!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ⅮSB「同志社学生放送局」の集まり

2017-04-10 02:02:54 | 友だち数珠つなぎ

4月9日、恒例のⅮSB「同志社学生放送局」の集まりがあった。これは2、3か月に1回、こせんちゃんの世話で70年当時ⅮSBに所属していた者たちが集まり呑んで食ってだべる集まりである。今日は先ず、当時の戦友である横井くにえさん、通称ヨコチンの墓参りから始まった。ヨコチンハアルファーステーションでⅮJもやっていたので覚えているかたもいるかもしれない。今熊野観音寺に集まりヨコチンを思い出した。それから、まちに出て居酒屋で無駄話に時間をつぶし、まだ喋りたらず、近所の喫茶店に場所を移しまたしゃべった。昔の友人たちといると学生時代にもどるのがおもしろい。後輩はいまでも後輩で、堀くんごめんなさい。コセンいつもありがとう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉田よしこさんのライブに行って来た

2017-04-08 02:22:20 | 音楽の部屋

4月7日、奈良のバンダ、メリリーに吉田よしこさんのライブに行って来た。奈良のこのライブハウスは初めてだったので、迷って店に電話をすると、まさこママが出て迎えに来てもらった。よしこさんのライブは昨年の秋から久しぶりなので、楽しみに出掛けた。ダビオンの鳥で始まった今回のライブ、フォーチュンでラストだったが、いつもはPAのないところでも地声で聴かせるよしこさん、今日はそれなりのPAがあって歌のうまさに改めて気づかされた。間に、いちもとみつるくんという地元のシンガーもジョイントしたり、おもしろい転回もあった。アンコールは月の庭、サリーガーデンをよしこさんの詩にしたぼくの気に入りでご機嫌だった。なんかこころが楽になって帰路についた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春に浮かれて桜花見物!

2017-04-07 02:30:13 | 文学

 

4月6日、春らしい気候に誘われて桜を見に行ってきた。平野神社と妙心寺に出かけてきた。平野神社はちょうど満開で、大勢の人が来ていた。まだ午前中だったので呑めや歌えやはなかったけど、これだけひとが大勢いると桜の樹の下の死体もおちおち眠っていられないだろうと思えた。暖かくなってきたので、これから桜花の下の大騒ぎになるのだろうが、花に嵐のたとえ通り、今晩あたりの雨が心配である。次に妙心寺の退蔵院の枝垂桜を観に行った。妙心寺はひとが少ないな、と思っていたら、しだれはまだ五分咲きにもなっていなかった。来週あたりに見ごろとなるのだろう。その枝ぶりから満開のときに観たいものだと思った。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加