地方の三文小説家「東義久」の独白

東義久のブログです。

「深野」天空の音楽会に出演して来た。

2016-06-27 20:08:08 | 音楽の部屋
6月26日(日)奈良県宇陀の「深野」天空の音楽会に出演して来ました。お客さんも結構いっぱいになって、前日までの雨も上がり、お客さんにも大勢来ていただき、久々に野外での気持ちのいい演奏でした。本田さんとのバイオリンの共演や飯干未奈さんの舞踊と、楽しめました。これも主催の小出圭吾さんの企画力と人徳のおかげと感謝の一日でした。小出さん、本田さんありがとう、お疲れ!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「深野」天空の音楽会に出演します!

2016-06-22 00:17:52 | 音楽の部屋
6月26日(日)、「深野」天空の音楽会に参加します。これは小出圭吾さんが「深野」ファンクラブぴあの設立3周年特別企画で、これまでクラシック音楽や篠笛などを企画していたそうですが、今回、ぼくらのバンド、ブルージィーパパを呼んでもらうことになりました。この会は地域のひとたちとの絆を作ろうということで始められたそうです。滋賀県の東近江の蔵や息吹山音楽祭などの遠方に出演させてもらっていたのですが、最近は齢なのか近場のライブハウスが中心。が、折角の声かけに出演させてもらうことにした。奈良県の宇陀郡の深野、室生寺の近所らしい。タクちゃん、運転たのむよー。徐々に楽しみになってきた!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-06-21 01:42:09 | 文学
昨日、久御山のイオンシネマの午後9時からの最終で、「64」を観てきた。佐藤浩市が素晴らしい役者になってきたなと思った。映画自体もスピード感や迫力などあってよかったのだが、2部制にする必要があったのだろうか。興行的にこうするほうが有利だったのか。ぼくとしては意味が分からない。昔はアラビアのロレンスやベンハー、風ととに去りぬなど長いものもあったが、2部制にはなってなかった。ぼくなど最近、痴呆症が進んできたのか1部を思い出すのに時間がかかって大変だった。そして1部を観たばっかりに2部までのイライラ感を返して欲しいくらいだ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「殿、利息でござる!」を観てきた。

2016-06-15 00:40:53 | 文学
6月13日、久御山のイオンで最終9時20分から「殿、利息でござる!」を観てきた。遅かったので観客はぼくをいれて6人。贅沢な鑑賞環境であった。これは江戸時代中期の仙台藩の実話で、町民が金を出し合い、現在の3億円を集め藩にかしつけ利息を取るという痛快なもの。仙台藩主に羽生結絃も出ていた。このところ連日、舛添都知事の厚顔無恥を見せられうんざりしていたので、「濁ったものを清らかにしようと思う心が大事なのじゃ」「どちらを向いて仕事をしている」などの言葉が新鮮に入ってきた。忌野清志郎の「上を向いて歩こう」がエンディングテーマとしてながれた。清志郎っていいなぁ!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朗読サロン響の7周年記念祭を観に行ってきた

2016-06-12 00:19:10 | 文学
今日はハートピア京都に朗読サロン響の7周年記念祭を観に行ってきた。ぼくの作品「丹波太郎の哀しみ」と「京の走り坊さん」の2作が深田美知子さんと奥村幸子さんによって掛けられるからだ。いい感じに仕上がっていたし客席の反応もよかった。お二人さんありがとう、お疲れ❗

深田さんと







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朗読サロン「響」7周年記念祭が開催、ぼくの作品も参加の予定!

2016-06-06 02:57:41 | 文学
2016年6月11日(土)12時開演、ハートピア京都で行われる催しに今回ぼくの作品「丹波太郎の哀しみ」と「京の走り坊さん」の2作が深田美知子と奥村幸子の両氏により朗読されることになった。朗読に興味のある方はのぞいてみてください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペドロが3年ぶりに来る!

2016-06-06 01:55:52 | 友だち数珠つなぎ
今日はブラジルからペドロが来ました。彼は京大の留学生で宇治のタコバーで知り合いになり、今はブラジルで大学の先生になりました。3年ぶりに兄弟に研究発表にやって来ました。友人がそろって鍋パーティーです。タコバーのマスター、橋本たっちゃん、石やん、いとちやんで集まりました。

ペドロ、お帰り!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友人がキンコ屋にやって来たので会いに行ってきた。

2016-06-03 00:10:51 | 友だち数珠つなぎ
6月2日、ジョージ風呂本から電話が入り、浅川清さんがキンコ屋に来られるので出てこいとのことである。浅川さんとは或るライブで知り合いになり、彼の上梓された「自省録」ももらっており、気になるひとでもある。それで行くことにした。ところが風呂ちゃんが少し惚6月2日、ジョージ風呂本から電話が入り、浅川清さんがキンコヤに来られるので出てこいとの事である。線、ぼくが電話してきて、無理に参加したとのこと。風呂ちゃん、だいじょうぶか?
とりあえず、男3人ときん子先生の楽しいお互い介護の時間を持った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Waoyaのライブ終わる!

2016-05-30 01:14:55 | 音楽の部屋
5月29日(日)Waoyaで第5回宇治ミュージックパラダイスでした。出演はTruether、ミカズボックス、keilly&Knights、そして、我がブルージー・パパでした。今夜はサプライズがたくさんあって忘れられないライブになりました。遠いところから来ていただいたY.Inagakiさん、誕生日プレゼントにケーキをいただいた関さん、お父さんが亡くなり何かとお忙しいときに来ていただいたやまもとこてっちゃん、はるみちゃん夫妻ありがとうございます!そしてぼくらの歌でないていただいたのは本当にうれしかったです。ありがとう!


オツルさんのユニット

河村くんのバンド


レミューズ平田さんのバンド


ぼくらブルージーパパ


プレゼントのケーキ


ぼくです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日はライブ三昧

2016-05-28 23:53:34 | 音楽の部屋
ぼくらのバンド、ブルージーパパの久しぶりのライブである。午前中は宇治市小倉のライブ居酒屋「はなび」で、夜は京都府精華町のジャズスポット「ナーダム」で、それぞれ楽しめましたよー!はなびでは京都フォークの骨董品のミノさんと会えてうれしかったので二人で記念写真。ナーダムはまったくといっていいほど告知していなかったが、結構集まっていただき気持ちのいい演奏が出来た。明日の夜は宇治の「Woya」です。


はなび、いっぱいです。

さんと箕岡記念撮影。

ナーダムで。

いい感じのナーダムでの演奏。

ナーダム。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月28日、午前中は「はなび」、そのあと5時ごろからジャズスポット「ナーダム」でちょっとやります!

2016-05-26 22:40:47 | 音楽の部屋
午後5時ごろから京都府精華町のジャズスポット「ナーダム」でブルージーパパのミニミニライブです。
半年ほどおとなしくしていたのに、28日、29日で3か所でやらせてもらえることに。
今回のナーダムは宣伝もしていないので、ほんとにこじんまりしたものになりそう。
近所のひと、時間を持て余しているひと、のぞいてください。コーヒー代金くらいでどうぞ!
ぼくらのあとからは恒例のトークショーがあるらしいいですよ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルージー・パパがライブハウス「waoya」で第5回宇治ミュージックパラダイスに出演します

2016-05-26 02:20:47 | 文学
5月29日(日)、前日に引き続き、ぼくらのバンド、ブルージー・パパが宇治警察暑の前のライブハウス「waoya」で第5回宇治ミュージックパラダイスに出演します。詳細は下のフライヤーを観てください!そしてお越しくだせー、お店は午後6時半くらいから開きます。お待ちしてます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルージー・パパ久しぶりのライブです!

2016-05-26 02:07:02 | 音楽の部屋
ぼくらのバンド、ブルージー・パパが久しぶりにライブをします。半年ぶりぐらいのライブです!
5月28日(土)近鉄小倉駅西出口付近、「はなび」、4バンド共演、ブルージィー・パパの出番は昼の12時半くらいからです。詳細は下のフライヤーを観てください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「海よりもまだ深く」を観てきた。

2016-05-25 09:04:05 | ひとりごとの部屋
誕生日の夜、午後9時40分から久御山イオンシネマで映画「海よりもまだ深く」を観てきた。
「なりたかった大人になれた?」と、いうキャプションに小説を書いているぼくには身につまされる作品であった。
元家族の台風の夜に迎える一夜の物語。
是枝監督のこの作品、そんなにストーリー性があるのでなく、どんでん返しがあるのでもなく、身につまされる作品であった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホンダ・S660 を、ジョージ風呂本がゲット。乗せてもらった!

2016-05-25 01:02:14 | 友だち数珠つなぎ
5月24日、友人のジョージ風呂本が買ったホンダ・S660 を吉田ひとっちゃんが見せて欲しいとのことで、ぼくも横に乗せてもらい、山科のひとっちゃんの家まで行った。
この車は風呂ちゃんが注文から1年待ちでようやく届いた車である。横に乗ると低い車体に疾走感が一段と増す感じで、アッ、という間にひとっちゃんの家に。懐かしい木村くんも呼んで大いに盛り上がった。
ひとっちゃんタクシーに乗っていて交通事故にあい、下半身不随になったが、不屈の精神力でリハビリを続け、最近では車椅子で大概のことが出来るまでになり、特殊な装置を付けた車も腕で操作できるまでになった。彼は昔から車が好きで、ホンダ・S660 も観たくなったということであった。

ホンダ・S660

ひとっちゃん出迎え

バリアフリーの部屋

ジョージ風呂本

風呂本・ひとっちゃん、木村くん

ひとっちゃん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加