地方の三文小説家「東義久」の独白

東義久のブログです。

こんなん創ってもらいました!

2015-02-26 00:08:31 | 友だち数珠つなぎ
こんなの創ってもらいました第1弾、第2弾。
アナログのぼくには信じられませ〜ん。
素敵でしょう!
近々、第3弾もお見せします。

美術館

ぼくのラフ
コメント

ブルースまみれの夜、京都スローハンド。

2015-02-22 01:47:56 | 音楽の部屋
2月22日、京都丸太町のライブハウス、スローハンドに行って来た。
出演はMRTとハードラックボーイズ&マジックシャフルの対バン。
今夜は大谷朝子とちがいゆみこさん。
大勢の知り合いも来ていた。河村さん、宮崎さん、そして、昔、ねこいらーずというバンドをやっていたfb友だちでもある梅ちゃん。
たっちゃんのボーカルにブルースを堪能した夜だった。

ハードラックボーイズ

たっちゃんがシャウトしとります

うめちゃんとぼくとたっちゃん

テフテフのマスターと宮崎さん

訳アリうめちゃん

タコバーの外国人

コメント

京都のIVYの元祖といってもよい店

2015-02-21 00:20:42 | ひとりごとの部屋
2月19日、MOVIX京都で映画を観たが、帰りに「イノハナ」に寄ろうと思っていた。
イノハナは京都新京極の三条下がるにある紳士服の店である。
が、あいにく店のシャッターは下りていた。
たまたま着て行ったKEÑTのダッフルコートは今から47年ほど前にイノハナで買った
ものである。
休みなら仕方がないと思い、フッ、と見ると、閉まったシャッターに入居者募集の意味合いの込められた張り紙が・・・。気になって向かいの店のおばさんに店は止められたのか、と訊いてみた。去年の12月ごろから閉まっているということで、新聞にも出ていたということだった。
ぼくらはVANやJUNといった服を追い求めた。それは一種の社会現象にもなっていた。特にVANはアメリカのアイビーリーグの大学生が着ていた服をモデルにし、石津謙介が操業した。そのVANの製品を京都で最初に扱ったのがイノハナであった。
創業1888年の看板が今も残っていた。丁度、服飾を題材にした「繕い裁つ人」を観てきたところだったので感傷的な気分になった。
京都のトラッド、IVYのメッカ、イノハナがなくなる。寂しいことである。

シャッターの閉められたイノハナの店。


創業1888と書かれた看板。


イノハナで今から45年以上前に買ったKENNTのダッフルコート。
コメント

「繕い裁つ人」を観てきた。

2015-02-19 22:51:56 | ひとりごとの部屋
2月19日、京都市内のⅯoVIx京都で観てきた。
そんなに期待してはいなかったが、全体に静かな流れで、観たあと、心が癒された気になった。
主演は中谷美紀、頑固さがいい感じでオーバーでもなくよかった。舞台が神戸ということで、坂道が象徴的に使われる。三島有紀監督の腕だろうか。

組母が始めた仕立て屋『南洋裁店』を継いだ市江(中谷美紀)は、古びたミシンをカタカタ言わせて一生ものとなるような服を一着一着丁寧に作っている。昔ながらの職人スタイルを取っているため量産はできず、百貨店の営業・藤井(三浦貴大)からの再三にわたるブランド化の提案も断り続けている。祖母が作った服の仕立て直しやサイズ直しをし、祖母のデザインを流用した新作を作る日々に、市江は十分満足していた。しかし、自分がデザインしたドレスを作りたいはずという藤井の言葉が、市江の心を動かす……。と、いうストーリーである。
「とっておきの服は誰かひとりのために」「おしゃれは自分のために」「いい服は体にそってくる」すてきな言葉が語られる。
ただ、少し不思議に感じたのは、主人公が紳士服を直すシーンだ。婦人服のデザイナーが紳士服を直すのかと、少々違和感を覚えた。
藤井の演者は百恵ちゃんの子息だそうである。

コメント

京都新聞に連載している「随想やましろ」2月分が掲載になりました。

2015-02-13 15:15:43 | 文学の部屋
京都新聞に連載している「随想やましろ」2月分が13日に掲載になりました。
今回は「風信子」について書いてみました。興味のある方は読んでみてください。


風信子
                       東  義  久 
去年の暮に父が亡くなり、今年は年賀状も初詣もない静かな正月であった。そんな折り、文学仲間の猪飼丈士氏から寒中見舞いが届いた。見舞い状には、「風信子 父の碁盤に 端座せり」と、一句添えられていた。その句を読み、ぼくは十七文字に心あたためられていた。
風信子と書いてヒヤシンスと読む。春の季語である。日本語ってなんて美しいのだろう。その季語がぼくの若いころの記憶を呼び起こした。
ぼくの住む大久保もずいぶん変わった。その筆頭はといえば大久保駅である。電鉄会社も近鉄ではなく、奈良電気鉄道株式会社、通称奈良電と呼ばれていた。それまでは、今の場所から五百メートルばかり南にあって、今のように高架ではなく下の路面を走っていた。改札口は自衛隊の南側、今の不二家の辺りにあり、そこにはタクシー会社もあった。
そのころの大久保駅は確か東側が石積みになっており、そばにはくりくま映画館があった。駅より東側に住む人たちは踏切りを超えて改札口に行かなければならなかった。ぼくのように旧大久保に住むものは、
するため、改札口まで行かず大谷川の鉄橋を渡りホームの端をよじ上ったりもしたものである。今なら考えられぬほど危険な行為であったがおおらかなものであった。
ホームの端には蔓薔薇が一本、その棘で通せんぼをするように時折り一輪の小さな赤い花をつけていたのを、猪飼氏の寒中見舞いの句からフッ、と思い出したのである。
改札口でないところから入るその行為に後ろめたさを感じていたのか、その薔薇を踏みつぶさぬように避けて上ったのを覚えている。
そのシーンを俳句に詠みたいと、句心のない若いぼくが思ったのだったが、結局はできなかった。ぼくの裡のあの薔薇は冬でしか無かった。白い息をはいて飛び乗った電車は冬であった。当時、薔薇の季語を調べると夏だということだった。それではぼくの俳句は完結しない。僕は白い息をはいて電車に乗らなければならないのに、夏ではぼくの拙い句は成立しない。それでぼくの句は結局完成しなかった。それから暫くして、薔薇の季語のことを知る。薔薇は夏咲きと四季咲きがあり、本来は初夏の季語だということだが、品種改良などもあってか冬にも薔薇が咲くのである。そのために、冬薔薇(ふゆそうび)という季語がある、ということであった。
散文を書いているぼくがたった十七文字の俳句に嫉妬した、そんなことを思い出させてくれた寒中見舞いであった。



コメント

映画「深夜食堂」を観て来た。

2015-02-02 05:29:05 | ひとりごとの部屋
2月1日、京都イオンで映画「深夜食堂」を観て来た。公私とも慌ただしくて映画を観る時間が取れなかったが、行くことにした。が、日曜日とも重なり、満員で次の上映まで待たされた。「深夜食堂」のフアンの多さに驚かされた。
漫画「深夜食堂」が原作とされるこの作品、テレビで観てからのフアンである。あがた森魚の「バターライス」を偶然に深夜のテレビで観てはまってしまった。松重豊のヤクザのりゅうちゃんとおかまのすずさんの「たこウインナー」など秀作は幾つもあるが、映画では余貴美子がマスター小林薫の訳アリ恋人のような出演の仕方をしているのが、今後テレビでも観られるのか気になる。
好きなテーマソングはテレビと同様、鈴木常吉の「思ひで」。
テレビではオダギリジョーが人生に迷い、熊野詣でに出る設定であったが、新宿に戻り交番の巡査になっていたり、最後に田中裕子が貫禄で出演、さすがジュリーの奥さん(これは関係ないか?けど、我が青春のジュリーやからお許しを!)。
映画は映画でそれなりに拡がりを見せていて楽しめた。

お馴染み小林薫のマスター。

いらっしゃい。

りゅうちゃん、すずさん。お馴染みのメンバー。

貫禄の田中裕子。
コメント

ほんやら洞の甲斐さんの火事見舞い!

2015-01-27 01:35:08 | 友だち数珠つなぎ
1月26日、現在進んでいるぼくの童話集のことで、澪標という出版社の松村さんと会った。
話が終わってから、ぼくは気になっていた甲斐さんの火事見舞いに行こうと決めていた。
そして、甲斐さんと松村さんを会わせようと。
ほんやら洞は今年の1月16日午前4時ごろ火事で全焼した。テレビや新聞などのニュースを観て驚いたものだ。松村さんにいうと一緒に行く、ということで、雨のなか、八文字屋へと向かった。
甲斐さんは意外に元気だったが、松村さんとほんやら洞の本を出そうと盛り上がっていた。二人を会わせてよかったと笑顔で喋る甲斐さんを見て思った。
とりあえず、甲斐さん、元気でした。

エスパスのかおりちゃんと松村さん。

甲斐さん。

ぼくと甲斐さん。

甲斐さんと松村さん。

ありし日のほんやら洞と甲斐さん。

ほんやら洞で中川五郎さんと。
コメント

むかし話をひとつ

2015-01-26 02:22:04 | 友だち数珠つなぎ
この前、友人の家にいくとおもしろいものがある、といって押入れから、ポスターを出してきた。
それは今から40年以上も前のポスターである。
エンジョイフォークというアマチュアコンサートがあって、そのコンサートの告知のポスターである。
ぼくらのバンドは「西洋乞食とひっつき虫」と、いい毎回出ていたので、名前が掲載されているのは当然なのであるが、その回の特別ゲストにやしきたかじんが出ている。
僕の友人のk先生とたかじんが親しかったので、よく祇園にのみに連れてくれた。確か祇園の末吉町にあった松湯ビルの「中嶋」と、いうバーでたかじんは歌っていた。この店はYのおっさんというぼくらより7歳ほど年上の人物がタカジンハウスがなくなり淋しいのでつくった店であった。アクアマリンのkちゃんがバーテンダーとして入っていたように覚えている。
そこで今なら考えられないがたかじんが少ない客にマイウエイを必死で歌ったのである。クラッシックギター一本の弾き語りをしたのをなぜか不思議に覚えている。
今、世間ではたかじんの小説「殉愛」なるものが売れているという。小説家のなんたらという人が書いたということだ。小説家というより商売人のように思えてならない。それに未だにたかじんの〇〇とかとの冠をかぶせて番組を作っているテレビ局。いつまでたかじんをもてあそぶのだろう。もうそろそろ解放してあげればいいのにとも思う。
あの5、6人しかいない祇園の中嶋で、それでも必死で歌っていたたかじんをフッ、と思い出した一枚のポスターである。

当時のエンジョイフォークのポスター。

やしきたかじんの名前と西洋乞食とひっつき虫の名前。
コメント

こんなことができるんだ!

2015-01-18 02:19:53 | 友だち数珠つなぎ
ぼくのお友だちのAKさんがこんな素敵な画像をつくってくれた。かなり恰好よくなっているので少し照れるがアップする。この画像はまだ第2弾、3弾があるので順次紹介したい。
AKさん、本当にありがとう!
コメント

アレサフランクリンのサイン。

2015-01-03 03:00:39 | 音楽の部屋
この正月、レコードを整理した。整理というより、眺めていたというほうが当たっている。ぼくが洋楽のレコードを初めて買ったのは「ザ・ベスト・オブ・ナット・キング・コール」もちろん今も手元に残っている。曲は、スターダスト、ルート66、ペーパームーンなどが入っている。多分、テレビ番組のルート66が覚えたくて勝ったのだろう。今から50年ほど前のことだ。
以後、邦楽洋楽、雑多なぼくのレコード収集が始まった。
中でもおもしろい経験がある。それは今から32年前、アレサフランクリンのアルバム「アレサ・グレーテスト・ヒッツ」を買った、多分、スパニッシュ・ハーレムという曲が気に入っていたためだろう。
そして、その年、ぼくはロサンジェルスのプレイボーイクラブに居た。その日、有名なミュージシャンのショーがあるのではなかった。白人の女性が唄っていた。それはそれでよかったのだが、ぼくの席の隣に国人の女性が座ったのだった。どこかで見た顔だと思った。その存在感に何度も顔を見ていた。そして、その女性はちょっと前に買ったレコードの本人、アレサフランクリンだった。ぼくは断られるのを覚悟でサインをねだった。アレサは来年、日本に行くので日本のフアンは大事にしなければ、と快く応じてくれた。それがこのサインである。よっぽど機嫌がよかったのだろうと、一緒に行った者がいっていた。
そのアレサフランクリンが、久々に新しいアルバムを出すそうである。
偉大な歌姫、女王の魂の叫びを聴くのが楽しみだ。
レコードの整理もしてみるものだ。

アレサのサイン。

32年前に買ったアレサのアルバム。


初めてかったナットキングコールのアルバム。ここから始まった。
コメント

リンネの忘年会でした!

2014-12-24 02:59:19 | 音楽の部屋
23日は西大路のライブハウス「リンネ」の忘年会でした。いつも車で行ってたので、電車で行くと道に迷って大変でした。4時から始まるのが着いたのは5時近く。フラフラで店に入ると音楽仲間がいっぱいで、鍋パーティーは始まっていた。大方が男で、きれいどころはタテオを含め3人。
腹が満たされると、それぞれ演奏が始まります。オリジナル、ブルーグラス、ブルースとなんでもあり。しばらくするとりょうちゃんも登場。
それぞれがギター、ピアノ、ドラムス、ハープ、バンジョーと手にとって楽しい時間は過ぎていきました。ぼくのときはタテオがピアノをつけてくれました。サンキュー。
そして、たっちゃんとりょうちゃんとぼくは中田くんの車で送ってもらいましたが、途中で寄ったラーメン屋で熱い音楽談義。おもしろかったよー!

忘年会は鍋.


音楽は楽しい。

りょうちゃん絶好調です。

たっちゃんが始まりです。

ぼくでーす!

有岡くんとりょうちゃん。

ぼくとりょうちゃん。
コメント

東寺さんの「終い弘法」に行ってきた。

2014-12-22 14:41:23 | 友だち数珠つなぎ
毎月、21日に東寺の境内で行われる「弘法市」を地元の人たちは「弘法さん」と、親しみを込めて呼ぶ。
骨董屋、古着屋、植木屋、お好み焼き、ベビーカステラなどの露店が軒を連ねて賑わう。なかでも12月の市は「終い弘法」と言われていて、1,000件以上の露店が出る。正月用品なども売る露店も多い。
寒さ厳しいなか、覗いてきたが、日曜日とも重なり、満員電車のラッシュ時のように凄い人出にびっくり。歩くのもやっと。来年の平穏を祈って来た。

あまりの人でに今日は東門から。


コメント

昨日、大阪の阿倍野へ行って来た。

2014-12-14 07:05:54 | ひとりごとの部屋
12月13日、大阪の阿倍野へ行って来た。観たいものがあったからで、アベノハルカスへ行きたかったからではない。
ひとつは、「第6回高円殿下祈念根付けコンペティション」。これは、ぼくの思っていた骨董的な根付けではなくて、大阪芸大の学生が作った新しい者が多く並べられており、また観客も少なくゆっくり観られた。
昼食をハルカスの近くの串かつ屋ですまし、次は阿倍野の近鉄百貨店で開催されている「トーベ・ヤンソン生誕100年記念ムーミン展」に行った。これは根付け展とは違い、入場するのに30分待ちで中に入っても順にならんで観るという人気ぶりだった。トーベの原画150点以上が並び思っていた以上に小さな、そして近くで観る挿絵作品に驚かされた。
「崇拝するものを持たないほうが自由でいられる」と、いうトーベの言葉に心ひかれた。
ミーやスナフキンに会えたのはよかったのですが、強行軍に家に着いたころにはヘロヘロ。齢ですなぁ!


昼は串カツ。
ムーミン展は満員。
コメント

京都新聞に連載中の「随想やましろ」が掲載になりました。

2014-12-12 11:21:05 | 文学の部屋
京都新聞に連載中の「随想やましろ」が掲載になりました。
12月12日の京都新聞山城版に、「姉さん女房」と、題して父のことを書いてみました。
コメント

次回本の出版に向けての打ち合わせ。

2014-12-11 01:13:11 | 文学の部屋
12月9日は、午前中、大阪の天満橋のキャッスルホテルに行って来ました。
今回は、次の本が久しぶりに出るので、澪標の出版社の松村信人社長と会って打ち合わせをするためです。
澪標はぼくと故高林陽一監督の原作と脚本を出してもらった出版社で、これまで書き溜めた童話を一冊にするということになっています。うまく話が進めばいいのですが・・・その折りは、みなさんもぜひ買ってください。
今のところ、「童話屋でござる〜13の薬瓶」と、いうタイトルで話は進んでいます。
どうなりますやら、ご期待よろしく。

打ち合わせ場所。

松村氏。
コメント