あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

トランプを罵倒したデ・ニーロが一転「敬意を払う」。「クソ安倍」と言い続ける人は無邪気だ

2016-11-20 00:03:51 | 日記

理想国家日本の条件 さんより転載です。

2016年11月19日 15時44分10秒 | 日記、つぶやき記事、趣味の動画等

【日本語訳】ロバート・デ・ニーロがドナルド・トランプにブチ切れる

 

トランプを罵倒したデ・ニーロが一転「敬意を払う」。

「クソ安倍」と言い続ける人は無邪気だ

 いまだ冷めやらぬトランプ大統領誕生の衝撃。現実を受け入れられないセレブも多いようだが、

一方では態度を変える動きも出始めている。

反トランプのセレブたちが、次々と「受け入れる」発言

 歌手のマイリー・サイラスは、トランプ大統領を認めるとし、その代わりあらゆる人々に敬意をもって接するよう求めた。

 カナダへの移住をほのめかしていた俳優のブライアン・クランストンも、
次期大統領が傷ついた我々の国をひとつにまとめてくれることを願う。心から彼の成功を願っている
映画.com 11月10日配信)と語ったという。

 そんな“転向組”の中で、最も象徴的な存在がロバート・デ・ニーロだろう。
選挙中にトランプ氏を「バカ、豚、クソ、ペテン師」とまくしたて、「殴ってやりたい」とまで言って攻撃していた彼が、
投票結果を受けて次のようなコメントを発表したのだ。

デ・ニーロ

ロバート・デ・ニーロ(c) Daniel Raustadt

大統領という地位には敬意を払わなきゃいけない」「彼がこれから何をして、実際に個々の課題をどのように処理していくのかを、
われわれは注視していかなければならない」(AFP BB NEWS 11月11日配信

 手のひら返しと言ってしまえばそれまでなのだろうが、この言葉にはそれだけでは済まされない“原則”があると思うのだ。
それは、デ・ニーロが正当な慎み深さをもって権力に向き合っているという事実による。

ドナルド・トランプ氏

ドナルド・トランプ氏 写真/Michael Vadon(CC BY 2.0)

 もちろん世界最高クラスのパワーを有する「アメリカ大統領職」を前にして平伏せざるを得ない現実もあるだろう。

 しかしそれ以上に、単純な批判が権力者にとって栄養にしかならないという構造的な必然性に対する畏怖こそが、
デ・ニーロの姿勢を変えたとは考えられないだろうか。

 “憎まれっ子世にはばかる”が真理であるとすれば、トランプへの攻撃は彼を支援することと同義になってしまうのだ。
トランプの右腕とされるスティーブン・バノンは、新大統領に向けられるあらゆる批判を読み替えて、反撃する際に燃料として使うだろう。

 だから、無邪気で一義的な批判は厳に慎むべきものなのだ。

安心して「クソ安倍」と言い続けられる日本

 さて、これを日本に置き換えたとき、有名人たちの権力者への態度が一様に“無邪気で一義的”であることがとても気がかりだ。

 たとえば、「ASIAN KUNG-FU GENERATION」というバンドの後藤正文が「クソ安倍」だとか
「くるくるぱー安倍」だと公衆の面前で言い放ったあとでも、温かい食事と睡眠をとり、翌日は何事もなかったように生活できる。

 その秩序体系を維持する最高責任者は一体どこの誰だと考えているのだろうか?
同じことを中国やロシアでしてたとして、無事でいられるとでも思っているのだろうか?

プーチン

公衆の面前で「クソ・プーチン」なんて言ったら許さないよ…

 こうした無自覚な反抗で思い出すのが、『あらし』(シェイクスピア)の一節である。
ナポリ王国の顧問官・ゴンザーローが思い描くユートピアを次のように語る場面だ。

<この国におきましては、万事この世とあべこべに事を運びとう存じます、先ず、取引と名の附くものは
一切これを許しませぬ、役人は肩書無し、民に読み書きを教えず、貧富の差は因より、人が人を使うなど―――
とんでもない、すべて御法度、契約とか相続とか、領地、田畑、葡萄畑の所有とか―――これ、またとんでもない話、
金属、穀物、酒、油の類に至るまで、一切使用厳禁、働くなどとは以ての外、男と生れたからには遊んで暮す、
勿論、女にしても同じ事、ただし未通で穢れを知らず、いや、そもそもこの国には君主なるものが存在しない―――>
(『夏の夜の夢・あらし』シェイクスピア 訳・福田恆存、新潮文庫)

「悪に対する未熟さ、おめでたいほどのナイーブさ」

 これらの文言がモンテーニュからの借用であることは知られている。

 だが、シェイクスピアはこうした物の見方の背景に「悪に対する未熟な感性」や「おめでたいほどのナイーヴさ」が
あることを見抜き、言葉の姿かたちはそのまま残しながら、裏側から理想を眺めていたのである。
(筆者註:「」内は、いずれも『Shakespeare’s Montaigne The Florio Translation Of The Essays』内の
スティーヴン・グリーンブラットによる序文からの引用)

 志高いミュージシャンの発する「クソ安倍」は、この純粋な理想を純粋なまま信仰するナンセンスから生まれているのではないだろうか。
つまり、自分だけは権力という悪を行使することなく、平等、公正の原則に立ち続けるという根拠なき確信である。

 しかし、言葉を発し、声明を打ち立てること自体がすでに権力の行使であると理解しない限りにおいて、彼らは敗れ続けるだろう。

 その意味で、デ・ニーロの“転向”には学ぶべき点が多々あると思うのだ。

<文/石黒隆之>



*゜・*:.。:。+:・。*:・。**・゜゜・*:.。+:*・゜゜*・゜゜・*:.。:*・;+゜゜。::*:・。*・*:

悪口って、言ってる本人が、堕ちるよね。
ブーメランも来るし損だ。

でも、この世で、反省できるうちは、まだいいよ~。
 
 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【八重山毎日新聞】なぜか中... | トップ | トランプ氏はシオニスト偏向... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。