あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

慰安婦設置団体と対立へ 緊張高まる 地元商人ら反対=韓国・大邱

2017-02-12 11:08:24 | 日記

理想国家日本の条件 さんより転載です。

 
日本では「少女像」でなく「慰安婦像」って報道するんじゃなかったっけ??

 
少女像設置めぐり緊張高まる 地元商人ら反対=韓国・大邱 聯合ニュース
2/11(土) 13:04配信

【大邱聯合ニュース】韓国・大邱の繁華街、中区・東城路に市民団体が旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」の設置を推進していることについて、行政当局に続き、地元の商人らも設置に反対する姿勢を示し、緊張が高まっている。

 団体は3月1日に東城路にある大邱百貨店前への少女像設置を強行する意向を示しており、衝突が起きる可能性もある。

 団体と中区庁は昨年末から最近まで、2回にわたり協議を行った。団体は流動人口が多く、日本による植民地時代に起きた「3・1独立運動」が行われた場所の一つなどとして、同地への設置を求めている。だが、中区は道路法上、不可能との立場を表明し、周辺の公園など別の場所を代案として示した。

 団体関係者は「慰安婦問題の解決は国家課題だ」として、「少女像を公園に設置することは何の意味もない。中区が建立の意味をしっかり認識していない」と主張した。その上で、「市民が自然に歴史の意味を振り返られるよう、流動人口が多い場所に少女像を設けることが設置の目的に合致する」と述べた。

 こうした中、地元の商人らが少女像の設置に反対する意見を示した。毎年行われる各種イベントの開催に支障をきたす懸念があるほか、ごみ捨てなどで少女像が破損する可能性もあるなどと主張している。

 団体と中区は追加協議を行う計画だ。中区関係者は「団体が独断で設置する場合、手続きに従って撤去する」との方針を示した。

 団体は昨年1~12月、少女像設置に向けた募金活動を行った。市民ら約2000人が参加し、7200万ウォン(約710万円)が集まった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紛争を乗り越える神々の教え ... | トップ | 【沖縄】「お願い静かにして... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。