あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

蓮舫節!「都合の悪いことにはお答えにならなくて」

2016-12-10 00:12:39 | 日記

民進党を指示する人達もウソつきと言われてもしかたないね。

さくらの花びらの日本人よ誇りを持とう さんより転載です。

 

イメージ 1
 

---------------------------
民進・蓮舫氏、代表就任後の初の党首討論 「蓮舫節」さく裂
代表就任後、初めての党首討論に臨んだ民進党の蓮舫代表。かみ合わない討論に、蓮舫代表の表情は険しさを増し、ついに「蓮舫節」がさく裂した。
 
蓮舫代表は「総理のその答えない力、そして逃げる力、ごまかす力、まさに『神って』ます」と、2016年の流行語大賞「神ってる」を使い、首相を批判した。
 
党首討論を終えた蓮舫代表は「答えなくて、逃げて、そらして、そして開き直られて。都合の悪いことにはお答えにならなくて、自分が見えてるものに対しては、丁寧に答えるというのは、いつものことだと思います」と述べた。
2016.12.8 フジテレビ)
--------------------------
 
「蓮舫節」、別名「ブーメラン節」。
自分は都合の悪いことには答えないのに、他人には「答えになっていません」と責め立てることを言うらしい。
 

違法なことをして、国民もみんな知っているというのに、よく偉そうに言えるものだ。シナ人というのはうらやましいほど無神経で恥知らずだ。

 
日本人であれば、とても恥ずかしくてこんなことは出来ない。日本人ならばみっともなくて、代表どころか国会議員も辞めるはずだ。
 

二重国籍を知っていながら大臣をやり、国益を損じる事業仕訳もやって来たのだ。二重国籍会見では何度も嘘を言って言い逃れもしてきた。

 
さらにこのシナ人は安倍総理に「息をするようにウソをつく」と言ったのだ。まさか党首討論で笑いをとろうと思ったのではあるまい、蓮舫。
 
早速これに反応したのが橋下徹前大阪市長です。
 
イメージ 2

「これが事実なら民進党蓮舫さん、人格攻撃はよくないよ。人を嘘つき呼ばわりしたら、蓮舫さんなんか二重国籍問題ではバリバリの嘘つきだ。国民はしっかり見ている。詐欺罪で有罪判決を受けながら僕を詐欺師呼ばわりした辻本清美とやはり同類か!政策論争に徹すべき」
 
辻元だけじゃない。山尾志桜里も同類だ。

しばらくは蓮舫に代表やらせておきましょう。
民進党に崩壊してもらうためにも・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮の核兵器「発射可能も... | トップ | トランプ氏の安保アドバイザ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。