あずまクラブ(越前の守)です。正しい心の探究をします。

”人間は夢とロマンを持つから動物とは決定的に違う”から始めます。正しい心の探究です。

新たな霊言「ドゥテルテ大統領守護霊霊言」驚くべき過去世が明らかに! 暴言封印を命じた"神のお告げ"の真相とは?

2016-10-31 00:20:58 | 日記

危機に立つ日本 さんより転載です。


第一印象が、レプタリアン系で力があり、行動力もありそうですので
どちらかというと、力で実現していくような印象がありましたが、どうなのでしょうか。

世界が混沌とするなか、新たに出てくるリーダーは、やはりリーダーシップを発揮できる
ような人ですね。

英語霊言ですが、なんと途中から日本語になる、とのこと!!!

はたして、驚くべき過去世とは。

大きな神の計画の中に予定されている人のような感じですね。

それにしても、各国で政治のリーダーに様々なことがおきて、国際情勢一変してきましたね。

やはり、神々の計画において、革命の年なのでしょうか。



ドゥテルテ大統領
反米、親中、親日!?"暴言"大統領の衝撃の本心!!
◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇
幸福の科学グループ創始者兼総裁
大川隆法先生
「ドゥテルテ フィリピン大統領守護霊霊言」
◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇

この度、主より新たな英語霊言「ドゥテルテ フィリピン大統領守護霊霊言」(英語部分は日本語字幕付き)を賜りました。
主の大いなる御慈悲に心より感謝申し上げます。

【開示日】
≪本編[88分]≫
(英語部分69分、日本語部分19分)
11月2日(水)

【開催場所】
幸福の科学 全国の支部・拠点・精舎・布教所



☆-☆-☆-☆-☆

【ロドリゴ・ドゥテルテ(1945~)】

1972年、サンベーダ法科大学院を卒業、司法試験に合格。
1977年ダバオ市検察局に就職、第2副検事(1983~1986年)まで昇進。
1988年ダバオ市長に当選。
2001年には再びダバオ市長を3期9年歴任。
2010年、連続3選以上が禁じられているため、娘のサラを市長に当選させ、自らはダバオ副市長に転身。
2013年ダバオ市長に就任。2016年フィリピン大統領に就任。

☆-☆-☆-☆-☆

◇まさかの大スクープ!神か悪魔か?その本心と正体が明らかに!

・この度、先日日本を訪問し、"フィリピンのトランプ"と呼ばれ、反米親中、過激な発言で話題になっているドゥテルテ大統領の守護霊霊言を賜りました。

・ミステリアスで、なかなか本音がわからない、大統領の本心と、予想もしなかった過去世が明らかになった本霊言は、信者をはじめ、幸福実現党支持者、国際政治に関心のある方、フィリピンと縁のある方、政治家、マスコミ関係者、ビジネスパーソンなどにお勧めです。

【Point】
◆暴言封印を命じた"神のお告げ"の真相とは?

◆死者数千人!?過激な麻薬撲滅作戦を行う理由は?

◆アメリカ離れの思想は、どこから来ているのか?

◆習近平から経済援助を引き出した真の狙いは?

◆誰も予想もできなかった、驚くべき過去世とは?

◆天上界の計画とアジアミッション、大東亜共栄圏の関係とは?

【拝聴者の声】

・天上界は、いろいろなところに手を打たれているのだと感じました。(60代男性)

・周りからでは絶対に図れないドゥテルテ大統領の本心が分かり驚きました。(20代男性)

☆-☆-☆-☆-☆

○下記にアクセスすると、最新御法話・霊言の公開情報一覧を閲覧することができます!
http://info.happy-science.jp/lecture/#

○Youtube幸福の科学公式チャンネルに御法話・霊言のCM動画を一般公開しています!

【幸福の科学公式チャンネル】
https://www.youtube.com/user/HappyScienceChannel
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ポールシフトで20年以内に... | トップ | 当選か収監か?ヒラリーは米... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。